未来と向き合い平和について考える~大学生協の戦後70年特別企画~

おしどりマコ・ケンさんインタビュー

マコ
マコ

吉本興業東京本社所属。2003年9月コンビ『おしどり』結成。アコーディオンを使った芸を行なう。原発事故後、会見に通い、被災地の取材も重ねる。

ケン
ケン

吉本興業東京本社所属。2003年9月コンビ『おしどり』結成。針金を使った芸を行なう。原発事故後、会見に通い、被災地の取材も重ねる。

中村
中村

全国大学生協連学生委員長(奈良教育大学出身)教育学部を卒業。2015年NPT再検討会議に大学生協の代表として派遣される。2015年大学生協ボランティアセンター長を務める。

渡邉
渡邊

全国大学生協連学生委員(桜美林大学4年)リベラルアーツ学群国際協力専攻。3回生のときにおしどりマコ・ケンさんの講演を聞き刺激を受ける。

菊池
菊池

全国大学生協連学生委員(大阪教育大学4年)教育学部英語教育専攻。Peace Now!Hiroshima2015実行委員長を務める。

◎はじめに

中村
今年は戦後70年であることと、大学生協が30年ほど前から掲げる「知り、知らせ、考え、話し合う」といテーマを2015年は強化しようという目標を掲げていることがあり、「未来と向き合い平和について考える~大学生協の戦後70年特別企画~」という特設サイトを設け、多くの人に戦争や平和について考えるきっかけにしてもらおうと活動を行っています。

渡邊
サイト内では、戦争や平和に関する本のレビューを書いてもらうコンテンツや、著名人の方にインタビューをして、その内容をウェブページに掲載し、それを読んだ人たちが平和について考えるきっかけにしてもらうと考えています。今回は著名人へのインタビューということで、おしどりマコさん、ケンさんにお話をお伺いしたいと思います。

ケン
長くなりますよ~

マコ
いや、でも、面白いですね~ すごく面白いですね~

Interview TOPへ戻る

ページの先頭へ