未来と向き合い平和について考える~大学生協の戦後70年特別企画~

PeaceNow!Nagasaki実行委員インタビュー

―実行委員 林田菜那

◎実行員になろうと思った理由

実行委員になろうと思った理由は私が長崎県出身であることと、長崎の大学にいるので、その長崎の原爆のこととか戦争のこととかについて自分も深く知りたかったし、それを人に伝えられるようになりたかったからです。

実行委員 林田菜那

◎実行委員として参加者に伝えたいこと

まず自分がいろんなことを知りたいっていうこともありますが、参加者の人にもいろんなことを知ってもらって、現在のいろんな問題を、いろんな目線から見られるようになってほしいと今は思っています。

◎あなたにとって平和とは、
そのためにできることは

私にとっての平和は大好きな友達や家族と笑い合って一緒に居られる事だと思います。
あとは自分の周りにいる人が、やっぱり私の世界というか自分の世界を形成していると思うので、みんなが笑顔だったらそれが私の平和だし、みんなの平和なのだと思います。
大学生はやっぱり勉強が本分なので、その平和を実現するためにいろんなことを大学生として学ぶべきだと思います。

―実行委員 吉田樹

◎実行員になろうと思った理由

大学生協の先輩方の取組でPeace Now!の説明会があったのですが、その説明会を受けて、「あー楽しそうだな」と思って参加させて頂きました。

実行委員 吉田樹

◎実行委員として参加者に伝えたいこと

自分は今年、来年が歴史の大きな転換点になると思っているので、今自分たちがその歴史の重大な中にいるってことに気づいて、より意識した毎日を送っていただけたらなと思っています。

◎あなたにとって平和とは、
そのためにできることは

自分は国籍とか人種とか関係なく誰とでも上手いご飯が食べられることだと思います。そのために、大学に入ると自分の周りに留学生とか結構増えるので今年の夏はその大学生の実家に行こう、中国に行こうと思っています。春休みもまた他の留学生のところに遊びに行けたらなあと思っています。

Interview TOPへ戻る

ページの先頭へ