未来と向き合い平和について考える~大学生協の戦後70年特別企画~

PeaceNow!Nagasaki実行委員インタビュー

―実行委員 足立元樹

◎実行員になろうと思った理由

始めは「なんとなく」で立候補しました。
今は、平和について考える機会というのを自分の中で持ててなかったので、こうして平和を考えることができて楽しく活動しています。

実行委員 足立元樹

◎実行委員として参加者に伝えたいこと

戦争を体験した人から話を聞けるのは僕たちの世代から段々最後になってくると思うので、やっぱりその聞いたことを、どうやってうまく後に伝えるかっていうことを、参加者の人にもわかってもらいたいです。

◎あなたにとって平和とは、
そのためにできることは

僕にとっては自由です。自分の好きなことを自由にできることが平和だと思うし、その大学生活でも自分の好きなことをやって自分の好きなことを学んで楽しく過ごしていきたいと思います。

―実行委員 白岡翠

◎実行員になろうと思った理由

実行委員は2年目なのですが、1年目は、高校時代から家に平和系の本があって、それを読んでいたので興味を持っていたこともあり、長崎県立大学に進学して生協でPeace Now!を実施しているということで、この機会をものにしないとなあと思って始めました。
1年目に自分が興味を持ったことが深められたので、2年目も続けていこうと思いました。

実行委員 白岡翠

◎実行委員として参加者に伝えたいこと

戦後70年っていうのもあるし、安保法制とか、集団的自衛権とか色々騒がれている年だと思うので、参加者の方も例年に比べて色々興味を持って来られると思います。それに見合ったその知識を与えたり、平和について感じられたりできればと思っています。

◎あなたにとって平和とは、
そのためにできることは

私にとって平和とは築き上げるものです。Peace Now!で活動していたり、色んな方から平和観について聞く事があるんですけど、私の中であんまりしっくり来るものがなくて、インターネットで「平和、名言」で検索したら、平和とは築き上げるもの、というのが出てました。平和になるために何もしなかったら、何もしなくて争いごとが起こったり、平和にするために逆に争いごとが起こったりしている中で、みんなが笑顔になるとか、衣食住がちゃんとあるとかっていうのは誰かが何かしないとうまれないと思うので、これをあげました。
それに向けて大学生としてできることは、今は自分の大学でも平和活動をしているのですが、そこで大学生にちょっとでも平和に対する興味とか持ってもらうような活動をしていきたいと思っています。

Interview TOPへ戻る

ページの先頭へ