未来と向き合い平和について考える~大学生協の戦後70年特別企画~

PeaceNow!Nagasaki実行委員インタビュー

―実行委員 笠原綾乃

◎実行員になろうと思った理由

私の出身が広島県で、広島と長崎の共通点が原爆が落とされたことという点が大きいです。せっかく長崎に来たのだから、自分が勉強してきたことをもっと勉強したいなと思って参加しようと思いました。

実行委員 笠原綾乃

◎実行委員として参加者に伝えたいこと

70年という節目の年なのですが、どうしても70年も経ったら、過去のことと忘れてしまいがちになると思います。また、被爆者の世代がどんどん居なくなってきて本当のことを知っている人がいなくなっていると思います。そういったことを少しでもたくさんの人が知って、後世に伝えていけるようになって欲しいと思います。

◎あなたにとって平和とは、
そのためにできることは

私が思う平和とは些細なことが幸せと感じられることです。紛争や戦争とかがあったら当たり前のことも幸せだと思います。当たり前のことすらできないから、その当たり前のことができるっていう小さなことが幸せだと思ったので、ちょっとした人のためになることをしようとか、大学生だからこういった企画に参加するということが平和に繋がるんじゃないかな、と思います。

―実行委員 平岡純奈

◎実行員になろうと思った理由

長崎大学に来て、大学生協の学生委員になって、せっかく静岡から長崎に来て、4年間過ごすならなにか平和についてやりたい、ということをずっと考えていました。その時にちょうど去年のPeace Now!Nagasakiの報告会が行われ、学生現地実行委員を知り、やってみようと思いました。

実行委員 平岡純奈

◎実行委員として参加者に伝えたいこと

これからの日本を作っていくのは私たち大学生だと私は思っているので、平和や今その国の中で色んな考えが国の中に広がっているけど、自分の意見をちゃんと持てるようになってもらいたいなと思っています。

◎あなたにとって平和とは、
そのためにできることは

私にとっての平和は翼を広げられることです。人によっていろんな分野があると思います。それは学問であったり思想であったり、また文化とか芸術の面であったり、それぞれだと思うのですが、そういうことを国などの大きな流れに制限されることなく、どこまでも広げられる世界が私にとっての平和だと思います。
そして、それに向けてどんなことしていきたいかについては、今の社会の流れに関して常に関心を持ち続けて自分から進んで情報を集めていって、周りの人たちに伝えていくってことがまず第一歩かなって思います。

Interview TOPへ戻る

ページの先頭へ