未来と向き合い平和について考える~大学生協の戦後70年特別企画~

『安全保障関連法案』の撤回・廃案を求める特別決議

 私たちは、以下の理由でこの法案に反対しています。

 第一に、多くの法律家、憲法学者が参加している「安全保障関連法案に反対する学者の会」のアピール文に代表されるように、今回の法案が憲法第9条に対し“違憲”である可能性が濃厚であるからです。

 第二に、集団的自衛権行使の代表例である後方支援は、国際法上の“武力行使”にあたることから、「自国に攻撃が及ぶ可能性」以外の条件で戦争に巻き込まれる可能性が高いからです。

 第三に、国民の中で反対意見や不安の声が高まっている中で、十分な議論を尽くさずに採決しようとすることは、今後の日本の民主主義の根幹を揺るがすことになるからです。

 これらのことから、私たちは大学等の学生・教員・大学職員等で作る大学生協として、この法案の撤回・廃案を求めます。

2015年7月11日
全国大学生協連理事会

HOMEへ戻る

ページの先頭へ