三重短期大学生協「うぇるかむパーティーでのフェアトレード商品の紹介」

三重短期大学生協では、4月10日と11日に、学生委員会「SKY」による新入生を対象とした歓迎会企画「うぇるかむパーティー」が開催されました。


お店のフェアトレード紹介棚

企画内にて、フェアトレード商品の紹介の時間がありました。
班ごとに分かれて座り、各テーブルにはフェアトレード商品のお菓子がテーブルに用意されました。参加者は、実際に試食しながら「フェアトレード商品とは何か」、「大学生協でフェアトレード商品を取り扱っていること」を聞くことができました。

企画担当の学生委員にインタビューしました!

Q.フェアトレードに関する企画を行おうと思ったきっかけは?

A.東海ブロック学生委員会で平和国際の話を聞きに行って、三重短大では何も平和国際に関する活動をしていないことに気づきました。そこで、三重短生にも広い視点を持って欲しい、三重短生の新たな興味のきっかけになりたいと思い、はじめました。

Q.フェアトレード商品のいいところは?

A.商品を手に取った瞬間から、自分の行いが誰かの役に立つのだと実感することができるところだと思っています。

Q.企画を通して組合員に伝えたいことは?

A.新しい経験をすることに「喜び」を感じてほしいです。今回の企画では、商品を買うことで、誰かの役に立つことに繋がります。役に立って嬉しい、知れて嬉しいなどたくさんの喜びを感じてください。今回のフェアトレードの企画だけでなく、世間のいろんなことに興味を持って新たな経験を楽しんでください!


ページトップへ