大学生協の4つの使命

出資する

生協は、組合員になって利用する組織です。各大学生協ごとに出資金が定められており、出資することで生協に加入できます。

この出資金によって各大学生協が運営されています。 出資金は生協脱退時には全額返還されます。


運営する

運営フロー図


利用する

勉学研究生活用品のご提供をしています。

文具コーナー-岩手大生協
文具コーナー 勉学・研究に必要なファイル、ノート類も豊富に品揃え (岩手大生協)

早稲田大生協理工店
改装して豊富な品揃えと選びすい店舗が実現(早稲田大生協理工店)

日常社会生活用品のご提供をしています。

生協店舗は、食品(パン・お弁当・お菓子)・飲料などの日常生活に必要なものを揃えている便利なキャンパスコンビニでもあります。多くの生協で営業時間をキャンパス特性に合わせています。

店舗面積が5倍に改装-岩手大生協
店舗面積が5倍に改装され、食品・文具などの品揃えが豊富に(岩手大生協)

チロルチョコ-東京学芸大生協
学芸大の学生がアイディアを出したチロルチョコが人気商品に(東京学芸大生協)

自己開発体験の提案を行っています。

海外でもキャリアアップ

テーマのある旅

国内旅行・海外旅行などを取り扱っています。海外語学研修・ホームステイ体験や環境・福祉・歴史・平和などを研修目的とした「テーマのある旅」は、“学び”や“体験”を提供し、好評を得ています。

語学研修は多様な文化に触れ、各国の学生たちと交流

語学研修パンフ
語学研修パンフ(全国大学生協連発行)

海外での言葉の違い、日本とはまったく違った文化や風習、暮らし方を実体験することは、これからの人生の大きな財産になることでしょう。

健康な食生活提案と、安心安全な生活提案を行っています。

法政大生協の食堂
工学部の新建物の食堂運営を生協が受託
(法政大生協)

カフェテリアPieris
大学から委託された食堂をカフェテリアPierisに改装してオープン。きれいなホールとサラダバーが学生に人気(宮城学院生協)

みちのくフェアのポスター
地域の名物料理を企画して全国各地の生協食堂で提供
(みちのくフェアのポスター)


学びと成長

仲間づくりと新生活応援…新生活アドバイザーと新入生歓迎パーティー

新入生をあたたかく迎えるとりくみ

新入生が友だちづくりを進める「新入生の集い」が各生協で活発に行われています。大学と協力している生協もあります。上級生から大学生活のアドバイスをいろいろ聞くこともでき、学年を越えたつながりも生まれます。

生協学生委員会/AliceClub
一人ぐらしを始める新入生を対象とした新入生歓迎活動をする生協学生委員会/AliceClub
(尚絅学院大生協)

新入生のつどい
新入生の友だちづくりの場をつくる新入生のつどい(福井大生協)

入学時の新生活用品や住まいのアドバイス

一人暮らしを始める新入生のために、住まいの紹介や新生活用品の提供をアドバイスしながら行っています。先輩学生たちが自分たちの体験にもとづき、新入生のよきアドバイザーとして、責任を持って対応しています。

160人もの先輩学生が新入生とその保護者に新生活をアドバイス (愛媛大生協)
160人もの先輩学生が新入生とその保護者に新生活をアドバイス (愛媛大生協)

学生と生協職員が一緒に新たに始まる新入生の大学生活をサポート(兵庫県立大生協)
学生と生協職員が一緒に新たに始まる新入生の大学生活をサポート(兵庫県立大生協)

具体的に使ってみよう…先輩によるパソコン講習会

PC講座に参加する学生(日本女子大生協)
PC講座に参加する学生(日本女子大生協)

先輩学生が講師になって新入生にパソコン講座(弘前大生協)
先輩学生が講師になって新入生にパソコン講座(弘前大生協)

「本」との出会い…読書マラソン、コメント大賞

大学4年間で本を100冊読もう!(神戸大生協)
大学4年間で本を100冊読もう!(神戸大生協)

カフェテリアPieris
読書マラソンは『読書のいずみ』ブックフェアと一緒に展開(琉球大生協)

読書マラソン・コメント大賞学内賞 授賞式で賞状を手にする学生(横浜国立大生協)読書マラソン・コメント大賞学内賞 授賞式で賞状を手にする学生(横浜国立大生協)
読書マラソン・コメント大賞学内賞 授賞式で賞状を手にする学生(横浜国立大生協)

大学の協力を得た「読書マラソン」で「コメント大賞 学長賞」の受賞式(電気通信大生協)
大学の協力を得た「読書マラソン」で「コメント大賞 学長賞」の受賞式(電気通信大生協)

キャリア形成と就職活動の支援

外国語コミュニケーション能力を高めあう

大学時代に使える英語力を身につけたいと願う学生をサポートするために外国語コミュニケーション活動を推進しています。毎日英語に接している時間を記録するEnglish Marathonの展開、英語学習サークルづくりの呼びかけと活動交流などをすすめています。各大学生協が大学と協力して開催するカレッジTOEIC(TOEIC-IP)、TOEFL-ITP実施も広がっています。

http://tanoshii.univcoop.or.jp/

学生がお互いに学びあう「TOEIC・コミュニケーション講座」 (大阪市立大生協)

学生がお互いに学びあう「TOEIC・コミュニケーション講座」
(大阪市立大生協)

使える英語ガイドブック
使える英語ガイドブック
(全国大学生協連発行)

就職活動を支援

就職活動を経験し内定した先輩学生たちが、後輩のために自らの体験を語りアドバイスする場を提供しています。また、「就活サプリ塾」など、仕事について考え、業界を知るセミナーなどを開催しています。学生自らが企画し、運営する就職活動支援のとりくみが広がっています。

http://supple.univcoop.or.jp/

先輩も入って業界研究のグループディスカッション (岡山大生協)

先輩も入って業界研究のグループディスカッション
(岡山大生協)

就活サプリ
学生が編集する就活サプリ2009
(全国大学生協連発行)

広がる国際交流活動

広がる国際活動・学生交流

日韓大学生協学生交流セミナー2008
2008年のテーマは「相互理解から協同へ」。
日韓両国を毎年交互に会場としており08年は東京で開催。
(日韓大学生協学生交流セミナー2008)

大学生協はシンガポール、フィリピン、韓国、タイ、北米などの外国にもあります。全国大学生協連では、協同組合間の交流や学生どうしのつながりを大切にした国際交流を進めています。

主な活動は

  1. アジアの大学生協を中心に世界の大学生協と交流
  2. 国内外での学生間交流セミナーや訪日研修の受入等の活動
  3. 国際交流を通じた平和や助け合いの活動
  4. 世界の協同組合、学生支援団体との交流
などです。

ICAアジア太平洋地域総会に出席

ICAアジア太平洋地域総会でプレゼンテーションする全国大学生協連の庄司会長理事
12月にベトナムで開催されたICAアジア太平洋地域総会でプレゼンテーションする全国大学生協連の庄司会長理事

2008年の総会で大学学園生協委員会が承認され、今後、アジア諸国の大学学園生協の交流と発展に寄与する環境が充実しました。

フィールドワークをつうじて平和を考える

「被爆アオギリ二世」を贈る活動

08年はインドのマハジャナ・ファースト・グレード・カレッジに被爆アオギリ二世を寄贈
08年はインドのマハジャナ・ファースト・グレード・カレッジに被爆アオギリ二世を寄贈

平和への想い、命の大切さ、被爆の実相、そして平和の尊さを世界に伝え、平和を願う人々との相互理解と連帯を広げることを目的に「被爆アオギリ二世」の寄贈が進みました。英国ヨーク市にあるヨーク・セント・ジョン大学への寄贈をきっかけに、デンマークの国際市民カレッジ、インドネシアのシャー・クアラ大学、インドのマハジャナ・ファースト・グレード・カレッジに広がっています。

ユニセフ活動も活発に

おしるこを1杯100円〜で販売して売り上げの全額を日本ユニセフ協会を通じてバングラデシュのサイクロン被害緊急募金に寄付 (神戸市外国語大生協)
おしるこを1杯100円〜で販売して売り上げの全額を日本ユニセフ協会を通じてバングラデシュのサイクロン被害緊急募金に寄付 (神戸市外国語大生協)

発展途上国の経済的に厳しい状況に置かれている子供と女性に対して、ユニセフの活動に参加し、支援や救援活動に取り組んでいます。

戦跡でのフィールドワークをつうじて平和を考える

毎年学生たちが「Peace Now! Hiroshima/Nagasaki」「Peace Now! Okinawa」などの企画を実施し、戦争を追体験するなかで、同年代の学生たちと考え、語り合い、平和の大切さをあらためて感じています。

平和のフィールドワークで広島原爆ドームを視察
平和のフィールドワークで広島原爆ドームを視察

カフェテリあ地下壕に入り、戦争の悲惨さの追体験をする学生(沖縄)アPieris
地下壕に入り、戦争の悲惨さの追体験をする学生(沖縄)


ページトップへ