読書のすすめ

大学在学中の読書は、自己形成の上でとても大きな意味合いを持っています。
大学生協では読書習慣を養う「読書マラソン」を全国で170店、約3万名の組合員が参加してとりくんでいます。自分が読んだ本の感想をPOPで掲示するなど、読書を通じた学生どうしの交流が広がっています。
また、今、大学生協で旬な本(売れている本)を逐次ご紹介します。

読書推進座談会

第2回はキングコング 西野亮廣氏
『「本を読め!」と言われても、自分から進んで本を読む気にはなれない。』

著名人を迎えての読書推進座談会
第1回はピース 又吉直樹氏
彼の語る 語る「本」の素晴らしさとは・・・

生協職員からの新刊お奨め本紹介

生協職員からの新刊お奨めの本を紹介

Book Best 10

全国の大学生協で旬な本を毎月更新でご紹介しています。また、同時に書籍部担当者からのコメントも掲載しています。

読書マラソンWEB版 学生が新書の感想を続々掲載!

大学生協では、「大学4年間で本を100冊読もう!」を合言葉に読書マラソンをすすめています。生協スタッフの読書マラソンを掲載中

読書マラソンとは?

ビブリオバトル

観衆の前で、5分間でお気に入りの本を薦め合い、それを競うというスポーツ感覚の新しい知的書評合戦です。

第12回読書マラソンコメント大賞

今年も、多くの心に残るコメントをお待ちしています。ふるってご参加ください!
■応募期間
2016年6月1日(水)~2016年10月7日(金)

リーディングリストのとりくみ

全国大学生協連 全国教職員委員会内の「協同組合教育と組織づくり」プロジェクトチームで、 多くの学生さんへ、「本」との素晴らしい出合いを探求いただく思いで、リーディングリストをテーマごとに公開しています。 「本」との素敵な出会いを祈念して・・・・。

大友啓史監督インタビュー

〜大学時代の読書欲〜


全国の新入生応援サイトを見つける

ページトップへ