読書のいずみ

『読書のいずみ』(No.132/2012年秋号)が発行されました。

『読書のいずみ』(No.132/2012年秋号)

1.「あの頃の本たち」では

132号は、2012年4月に小学館から『偏差値70の野球部』(文庫書き下ろし)を同時に全4巻刊行した松尾清貴さんにご寄稿いただきました。二十歳頃の大晦日の出来事を、その頃に読んでいたカミュの『シーシュポスの神話』と『反悲劇』(倉橋由美子)の条理不条理の解釈に重ね、読書がもたらす新たな出会いについて綴っています。

2.「座・対談」では

『うさぎパン』『左京区七夕通東入ル』などで人気急上昇中の瀧羽麻子さんにご登場いただきました。「ことば」を大切にしながら、ご自身の想いや憧れを物語にのせて物語を紡いでいる瀧羽さんの、執筆活動や素顔に迫りました。ガールズトーク、全開です。

こちらから『座・対談』一部をお読みいただけます

3.「わが大学の先生と語る」では

東京薬科大学の土橋朗先生のご登場です。薬化学をご専門にされていた先生の、現在の研究領域に至るまでの変遷から大好きな読書のお話まで、存分に語っていただきました。

4.「気になる!文楽」では

ユネスコ無形文化遺産に登録されている文楽。三浦しをんさんの『仏果を得ず』を読んで興味をもたれた方も多いのではないでしょうか。取材をしてみると、実は実は文楽って奥が深い……。今回は大阪国立文楽劇場で行われた文楽鑑賞教室の様子と将来を背負って立つ若手技芸員・豊竹咲寿大夫さんへのインタビューをお楽しみください。

5.特集「くつろぎ、癒し、リラックス」

びっしり詰まった授業、試験にレポート、就活、バイト、恋愛。毎日が大忙し……のそんなお疲れ気味に、『読書のいずみ』委員会とっておきの癒しネタをお届けします。

このほか、大好評、西村朱美さんの連載エッセイ「好きならしょうがない」、「レッツクッキング」では瀬尾まいこさんの『優しい音楽』(双葉文庫)からフルーツグラタンを再現。また、「スタッフのリレーエッセイ」、「大学生協の読書マラソン」、洋書シリーズ「Reading for Pleasure」、「イタリア便り」のレギュラーコーナーをはじめ、エッセイ「奈良を歩けば鹿に出逢う」など132号も情報満載です。ぜひお楽しみください。

CONTENTS

2…あの頃の本たち
「異邦人」松尾清貴
4…座・対談
「「すき」と「憧れ」と「想い」をことばにのせて」
瀧羽麻子  VS 青木真理(京都府立大学大学院)・門脇みなみ(新潟大学)

こちらから『座・対談』一部をお読みいただけます

16…わが大学の先生と語る
「読書の連鎖で、良き人生を」
土橋 朗(東京薬科大学)VS 水本唯・水上亜友美
24…気になる!文楽
「人形美に魅せられて」
北岸靖子(奈良女子大学大学院)
27…よみとも倶楽部①
第3回大学生の洋書POP大賞開催のお知らせ
28…Reading for Pleasure⑪
水野邦太郎
32…「天地明察」Cinema Review & 試写会レポート
福留有樹菜
34…BOOK REVIEW
『リボン』『つばさのおくりもの』 (小川糸/ポプラ社)
田口祥子(読者スタッフ・跡見学園女子大学)
34…The 著書紹介(翻訳編)
◆『ヴィットーリオ広場のエレベーターをめぐる文明の衝突』(アマーラ・ラークス)
門脇みなみ(新潟大学大学院)
35…投稿お待ちしています
38…連載エッセイ「好きならしょうがない」《29》
西村朱美
40…イタリア便り《最終回》
栗原俊秀
42…レッツクッキング《30》
★本から再現! おいしいレシピ★
『優しい音楽』(瀬尾まいこ/双葉文庫)
石橋純子・中村香奈子
44…リレーエッセイ
門脇みなみ(いずみ委員・新潟大学)
45…大学生協の読書マラソン《36》
●読書マラソン二十選! 
●いずみスタッフの読書日記
55…特集「くつろぎ、癒し、リラックス」
56…Relax①
アロマでリラックス
松山理絵
58…Relax②
心と体をリラックス
中川一郎
63…気分転換①
秋の夜長に羊毛フェルト
門脇みなみ
64…Relax③
温泉で癒されたい!
青木真理
67 & 72…読者はがきより
頑張ったあなたの、ぷちごほうび
行動編・食べ物編
68…気分転換②
寝る前の読書に・・・
70…くつろぐ
おすすめBGM
75…essay「奈良を歩けば鹿に出逢う」②
北 夏輝
76…いずみの窓
80…バックナンバー
82…掲載図書一覧
84…編集後記

本誌記事・写真・イラストの無断転載を禁じます。

『読書のいずみ』は大学生協の書籍店で無料配布しています。
品切れの際は、一冊につき80円切手4枚を同封の上、編集部にお申し込み下さい。

申し込み先
〒166-8532 東京都杉並区和田3-30-22
全国大学生活協同組合連合会『読書のいずみ』編集部

ページトップへ