Reading for Pleasure No.31

“Why did you want to climb Mount Everest?"
“Because it,s there."

水野邦太郎(福岡県立大学)
水野 邦太郎Profile
今回ご紹介の本

Tim Vicary
The Everest Story
Oxford Univ. Press
本体715円+税
 

 2016年3月に阿部寛さん主演の「エヴェレスト」という映画を見ました。その感動が冷めやらず、帰りにその原作『神々の山嶺 上・下』(夢枕獏)と、漫画版全5巻セットを購入して帰宅しました。その晩、漫画5巻を一気に読んでしまい、さらに興奮冷めやらず眠れなくなってしまい、エヴェレストについてインターネットで検索して様々なことを知りました。そのときに出会った本の一冊が、今回紹介する The Everest Story です。著者の Tim Vicary さんは、これまで紹介した The Elephant ManChemical Secret の著者です。高校2年生の英語教科書で使用されている単語と文法で、エヴェレストの物語を時系列に沿って、感動的なエピソードを随所に盛り込みながら、わかりやすく書いています。全てカラー写真で、エヴェレストの物語に関係する様々な人たちや場所、登山道具を見ることができます。
 まず「エヴェレスト」という山の由来について、次のように書かれています。
… in the 1830s a British soldier called George Everest was making maps in north India. He made the first maps of the Himalayas, and measured the height of some of the mountains. But Everest finished his work in 1843, and he never saw Chomolungma (Mount Everest). The first British man to see the mountain was Everest's friend, Andrew Waugh. In 1852 Radhanath Sikdhar, who worked for Waugh, said that he had discovered the highest mountain in the world. It was measured carefully many times. Then in 1856 Waugh said that this was the highest mountain in the world. He gave it the name of his old friend, George Everest, in 1865.
 そのような名前の由来をもつエヴェレストという世界最高峰の山をめぐる物語が本書です。It is beautiful to look at, hard to reach, and terribly difficult to climb. Winds of 200 kilometres per hour or more scream across it day and night, while the temperature falls to -20℃ or lower. Every year, some who try to climb the highest mountain in the world do not return. But for a century people have been coming to climb Everest - some alone, some in groups, but all with a dream of going to the highest place in the world. This is their story.
 物語の中心は、映画でも最初から最後までふれられていた2人の登山家です。1924年に人類史上、エヴェレスト山頂に最も近づき遭難した、Geroge Mallory とAndrew Irvine です。この2人が山頂に近づくのを下から確認した最後の目撃者であるOdell の記憶を、本書では次のように描いています。
 At 12:50 p.m., the clouds cleared above him, and he could see the summit ridge of Everest. High on the ridge, he saw two tiny black dots moving on the snow. They climbed quickly, to the top of a rock step near the summit. Then, the clouds came back and they disappeared… What happened to them? Did they reach the summit before they died?
 ここで、山岳史上、最大の謎が生まれます。現時点において、人類史上、最初にエヴェレストに登頂したのは、1953年5月29日に、ニュージーランド出身のEdmund Hillary とチベット人シェルパの Tenzing Norgayとなっています。しかし、Mallory とIrvineが登頂に最初に成功したのではないか、という問いをめぐりこれまで膨大な資料が集められ、様々な研究が行われてきました。著者のTim Vicary さんは、本書の最後で、その2人の最後の様子を、And then — something happened. Perhaps something like this. They are climbing down together in the dark…. とイタリック体で、自らの「推測」を半ページを使って書いています。ここの文章は、本書の見所です。そのページには、エヴェレストの荘厳な美しい姿がカラーで見開きで掲載されています。
 Malloryは亡くなる前、エヴェレスト登頂に失敗して帰国しています。そしてThe New York Timesの記者に“Why did you want to climb Mount Everest?"と質問され、“Because it's there."と答えました。それが1923年3月18日の記事に掲載され名言となっています。しかし、私は映画の阿部寛さんが扮する羽生丈二が言う「俺がここにいるからだ。俺がいるから、山に登るんだ」というセリフのほうが好きです。皆さんは、今、どのような「エヴェレスト」を胸に秘めて生きていますか?

 
P r o f i l e

水野 邦太郎(みずの・くにたろう)
1967年生まれ。千葉県出身。福岡県立大学人間社会学部准教授。Saint Michael's College 卒業。慶應義塾大学・上智大学非常勤講師、茨城大学 大学教育センター 総合英語教育部准教授を経て、2008年より現職。専門はTESOL(英語教授法)。筆者監修の本に、『大学生になったら洋書を読もう』(アルク)がある。


ご意見・ご感想は、大学生協の個人情報保護方針にご同意の上、
下のボタンからお送りください。

*本サイト記事・写真・イラストの無断転載を禁じます。

ページの先頭へ