目指せ合格! 先輩大学生からの応援 VOICE

受験の先輩、大学生から高校生へのアドバイスです。今後の受験や大学生活にぜひ生かしてください。

東京大学 教養学部文科一類
楠本 めぐさん
(埼玉県立大宮高等学校卒業)

  受験は人生選択の第一歩!

現役で、既卒で

私は現役時代に東大を受験し1回挫折、高卒として再受験して合格しました。しかし浪人したことは決して恥ずかしいとは思っていません。むしろ自分と向きあう(勉強に限らず、考え方や生活面でも)時間が持ててよかったと思っています。現役時代は、勉強しなければ、という気持ちに追われてそういう大事なことを考えるのを後回しにしていました。何が大事だったのか、受験を控えている皆さんに少しでも役に立てば嬉しい限りです。

合格に必要なこと

私が高卒の1年間で大事だと思ったこと、それは『計画性』、そして『協力者の存在』です。もちろん他にも『粘り強さ』、『意志の強さ』など人によっていろいろなものがあると思いますが、私は特にこの2つが大事だと思いました。計画性とは具体的には“いつ何をやるかを決めてそれまでに自分はどのレベルまで達しているのか"を考えて勉強することだと思っています。今日はあれをやって、明日はこれをやる…、勉強していることに満足している、がむしゃらに勉強するよりも、計画的に勉強する方が心に余裕もうまれます。 協力者の存在についてですが、これは一人で乗り越えようと思うな、ということです。辛くなったとき支えになってくれる人がいれば、一人で耐える必要もありません。周囲の人間に頼るのも大切だと思います。 受験は辛いですが、やれることはやったんだという気持ちになれるまで頑張ってください。

東京大学生協

大阪市立大学 商学部
清水 進矢くん
(岐阜県立加茂高等学校卒業)

  今までの努力が力になる!

僕は、高校生の頃、3年生になってようやく気も引き締まりようやく勉強に身が入るようになりました。でも、身が入ってくるにつれて模試で悪い点数を取ってしまったショックや、わからない問題が多いことに対する焦りが大きくなってきました。そして、勉強を投げ出したいとたまに思うようになってしまいました。 そんな時に力になったのが「努力しても報われるとは限らない、だが努力しなければ報われない。」という言葉と、今までのしたことを思い返してみたり、大学に入ってからのこと考えたりしたことです。

「努力しても~」は中学生の頃に担任の先生に言われた言葉です。この言葉の意味は個人的には、 ①努力をしても実力不足などで落ちてしまうことはあるが努力をせずに運だけで成功する人間はいない。 ②努力しても方法が間違っていれば成果につながらない。 だととらえています。

受験生は、限られた時間の中で、質と量を両立させて勉強しなければいけないということを考えれば、この言葉はかなり受験生にとって大事だと僕は思います。 今までしたことを思い返せば、これまでの努力を無駄にして勉強を投げ出すなんてできないし、大学に入ってからのことを考えてみれば、勉強へのモチベーションも上がると思います。 先の見えない中で勉強をするのは非常につらいと思います。もし投げだしそうになったら一度立ち止まって、先を見ること、後ろを振り返ることをお勧めします。

大阪市立大学生協

千葉大学 法政経学部
佐川 翔哉くん
(東邦大学付属東邦高等学校卒業)

  強い気持ちで道は開ける!!

3年生の夏、所属していたラグビー部の最後の大会、全国高校ラグビー大会の千葉県予選3回戦に敗北し、高校3年間打ち込んでいたものが終わりを告げた。
高校3年間を部活に費やしていた僕は、その突然の終わりに戸惑ってしまい、まわりの友達が受験へと切り替えていく中、ひとり「燃え尽き現象」に苦しんでいた。 そんな中、僕のラグビー部の先輩であった人に偶然出会い、その悩みを打ち明けた。

そのとき、先輩に言われたのが、「おまえは千葉大に行きたいんじゃなかったのか?あきらめたのか??」という言葉。
当時の僕は部活にすべてをささげていたため、勉強は全く手がついておらず、千葉大はもう無理だなと半ばあきらめていた。
しかし、その先輩の言葉を聞いて、もう1度頑張ろうという気持ちになった。

それから僕は部活と同じぐらい勉強に打ち込み、その結果合格をつかみとった。
このとき僕が強く心に感じたのは、あきらめてはいけないということ。
あのときもう手遅れだとあきらめていたら、千葉大合格はなかった。
いつスタートしても手遅れなんてことはない。人より遅くても、あきらめない気持ちを持って努力すれば、必ず夢をかなえることができる。
君も夢をあきらめずに、合格をつかみ取ろう!

千葉大学生協

津田塾大学 学芸学部
金子 仁美さん
(埼玉県立伊奈学園総合高等学校卒業)

  AOでも全力で

私はAO入試で受験しました。クラスの友人の多くは一般入試で受験しようとしている環境であったため、最初は受験することに躊躇しました。担任の先生や親の勧めで受験することを決意したものの、あまりやる気は起こらず、だらだらと夏休みを過ごしているうちに1次試験の提出期限が1週間後に迫っていました。それでもまだ小論文の半分も書いていない自分をみて、母が「せっかく受けるチャンスがあるのなら、無駄にしたら意味がない、一般試験もAO試験もやらなかったら同じことだ」とピシャリ。

その言葉でハッとしました。今までの自分はAO試験に対してなんだか自分はズルをしているような気分になり、否定的にとらえていました。しかし、たとえAO試験や推薦入試という周りとは違う方法だけれども立派な試験。当たり前のことだけれども自分は見落としていました。母親の言葉がなければ今この学校には通っていないと思います。

「チャンスがあるのなら、無駄にしないで、全力で受けなさい」どんな試験の形態であっても全力で向かわなければきっと後悔すると思います。まだ時間があるのなら間に合うはず。今からでも遅くはないと思います。「AOだから」という気持ちではなく、「AOであるからこそ」しっかり対策して、全力で取り組みましょう。

津田塾大学生協

他にもいろいろなプレゼントがあります! 
豪華賞品を総勢
1,000名様にプレゼント!

※応募受付は終了いたしました。

クイズに答えて応募していただいた正解者の中から、抽選で1,000名様に大学生協オリジナルパソコンや大学受験合格お守りグッズなどの豪華賞品をプレゼント!「大学生活ガイド2017」をよく読んで、クイズの正解を見つけ出してください!

賞品内容
大学生協オリジナルモデルパソコン
(TOSHIBA dynabook RX73) 1名様
iPod nano 5名様
※iPod nano は、Apple Inc.の商標です。
応募期間
2016年5月2日(月)〜10月31日(月)
応募方法

応募受付は終了いたしました。

※プレゼント当選発表は、発送をもってかえさせていただきます。

※プレゼント発送は、全国大学生協生活協同組合連合会より発送致します。2016年12月上旬の予定です。


ページトップへ