先輩大学生からの応援 VOICE

受験の先輩、大学生から高校生へのアドバイスです。
今後の受験や大学生活にぜひ生かしてください。


強い気持ちが大事!

僕が広島大学を志望し、受験したのは、総合科学部という学部で自分の学びたいことが学べるからでした。自分の学びたいことが学べる学部は総合科学部のように全ての大学にあるわけではなかったので、志望大学もおのずと絞られ、その結果広島大学になりました。模試で思うように結果が出なかったり、家から遠いということで不安に感じたりしたときもありましたが、「広島大学の総合科学部で学びたい」という強い意志を持ち続けたおかげで志望校を変えずに受験に臨むことができました。
また、受験ぎりぎりまで一人暮らしのことや大学周辺の環境などといったことはほとんど考えず、2次試験のことで頭がいっぱいでした。大学周辺を調べてみたり、一人暮らしのことを考えてみたりするとモチベーションにつながると思います。

さて受験生のみなさん、自分の行きたい大学の偏差値が高い、試験問題が難しい、家から遠いという理由で志望を諦めていませんか?大学選びをするなかで様々な条件があるけれど、最初から諦めていては合格をつかむことはできません。志を高く持たないと行きたい大学から離れたレベルの大学に出願することになるかもしれません。
たとえセンター試験の結果で志望している大学に出願できなくても、自分の行きたい大学へ向けて全力で勉強してきたら後悔もないと思います。本当にその大学以外には行かないというなら浪人という選択肢もあります。高校1・2年生ならまだまだ時間はあります。高校3年生も諦めるにはまだ早いです。行きたい大学に「絶対合格する!」という強い気持ちを持って、日頃の勉強に励み、第一志望合格に向かって頑張ってください!

広島大学 総合科学部3年 安田 有吾 くん
(私立大阪明星高等学校 卒業)

広島大学生協


合格して有意義な大学生活を

受験生のみなさん、こんにちは。勉強は頑張っていますか?疲れた時には少し休憩を入れてみると勉強がはかどりますよ!
大学はとても自由で、この4年間は自分がやりたいいろんなことに挑戦できる貴重なチャンスです。資格の取得や部活やサークルやバイトなど熱中できるものがいっぱいあるので、自分の可能性をどんどん広げることができます。さらにこの幅広い経験は、大学卒業後にも十分役立てられると思います。ぜひ目標の大学に合格して有意義な大学生活を送ってください!
受験まであと少しです!一年間勉強してきた分を見直しするのがオススメです。難しすぎる問題よりは、簡単そうで間違えやすい問題などを見直すと効果的だと思います。実際に何問か解いてみると、解けるようになったという感覚でモチベーションが上がります。試験直前には愛着の湧いた問題集や参考書、ノートなどを見て落ち着きましょう。私は試験が近くなって不安なった時は、家族と話したり楽しいことを思い出したりしてパニックにならないように気をつけていました。センター試験でも二次試験でも落ち着くことが一番大切だと実感しました!
家で解けたことのある問題が試験で解けるということは、落ち着いていないとなかなか難しいのでとても大事だと思いました。みなさんも落ち着いて自信をもって本番を迎えてくださいね。そうすればきっと自分の努力したことを最大限に活かすことができます。
今まで頑張ってきた分の力を出し切れるよう応援しています!

名古屋大学 工学部3年 福井 ちひろ さん
(愛知県立岡崎高等学校 卒業)

名古屋大学生協


せっかくなら受験を楽しもう

私はあまり真面目にコツコツと勉強をする高校生ではありませんでした。授業の予習復習をすることなく、ほとんど理解していない分野があってもそのままにしながら高校3年生になりました。当然ながら3年生になるまでは成績が特段良くはありませんでした。そして志望校を決めた時、これではダメだと危機感を持ち、教科書をしっかりと読み直していきました。また、志望校を定めたことで目指すことが明確に定められ、受験勉強のモチベーションも上がっていきました。大切なことは、無闇に問題を多く解くよりも、時間をかけて教科書を熟読し基本の習得を徹底することがより多くの問題に対応できるようにすることです。
受験勉強は早くから始める方が有利ではあります。しかし、本当に勝敗を決めるのは最後の1年間をどう過ごすかです。自分の高校の偏差値を気にする事はありません。あまり勉強しなかったからといって悲観的になることはありません。全ての受験生がほぼ同じ土俵で、自分の力だけで戦うことになるのです。過去を見るぐらいなら未来を眺めましょう。どうせ過去は過去なのですから。
 最後に、私が受験生としての生活を送る上で最も重要だと思うことを伝えたいと思います。それは、受験生ライフを楽しむことです。苦しんだり悩んだりしたことも、大学生になってからは良い思い出になります。受験生でいられるのは今しかないのです。楽しむからこそモチベーションが上がり、合格により近づくことができます。せっかくの受験なのですから、ぜひ楽しんで良い思い出にして下さい。そして、夢と希望あふれるキャンパスで会えることを楽しみにしています。

北海道大学 総合理系学部2年 水谷 圭佑 くん
(国立名古屋大学教育学部附属高等学校 卒業)

北海道大学生協


つらい時期を乗り越えて今がある!

受験生の皆さん、こんにちは!!大学とは本当に楽しい場所ですよ!高校と違って自分の受けたい授業を受けることができたり、自分の好きなことに仲間と一緒に没頭できるサークルに入ることができたり、毎日私服で登校できたり、素晴らしいこと尽くしです!そんな大学に入るために必ずしも通らなくてはならないものが「受験」です。そしてこの「受験」というものは間違いなく簡単なものではなく辛いものです。一問間違えてしまうだけで、志望校に合格することができないことだってあり得るシビアなものです。皆さんは今その辛いものを乗り越えなくてはなりません。実際受験勉強をしている時に、受験勉強って意味あるのかな、本当に合格することできるのかな、思うように成績が上がらないなど不安になったりすることがあると思います。僕が受験勉強をしていた時も、実際辛い時期というものが多々ありました。勉強しているのに点数は上がらないし、今までに無いほどに勉強尽くしで嫌になったりしました。でも勉強を続けているうちに、勉強していた範囲が出てきて解けるようになると成果が実感できてモチベーションが上がりました。今はあの時精一杯頑張って、今の大学には入ることができて本当によかったと思っています!勉強しても成果が出ずに嫌になってしまう時期が皆さんにもあるかもしれません。でもそんなときは諦めることなく頑張ってほしいです、必ず成果につながります。受験というものは必ず多く勉強した人が結果を残せるものだと思います。頑張り続けた人は絶対良い結果を残すことができます。「あの時もう少し頑張っておけばよかった」と皆さんに後悔だけは絶対にしてほしくないです。後悔のないように全力で精一杯頑張ってください!!!もう少しで楽しい大学生活が待っていますよ♪

法政大学 グローバル教養学部4年 田村 達朗 くん
(私立国際基督教大学高等学校 卒業)

法政大学生協


合間の時間やメリハリが大事!

はじめに、受験勉強をするうえで一番大切なのは勉強時間を自分で作り出すことと勉強のメリハリかなと思っています。私は部活でラグビーやっていたのでまとまった時間はなかなか持てませんでした。だから、合間をぬって英単語帳を読んだり、たまにまとまった時間が取れた時は、時間内でどれだけ問題を解けるかということを心がけて問題を解いていました。今思うと、その心がけがセンター試験といった時間配分の厳しい試験を攻略するのに役立ったなと思います。また、勉強のメリハリについてですが、自分は集中力があまり続かないほうだったので一時間勉強したら必ず十分休憩するというマイルールみたいなものを作っていました。これは集中力を保つことでミスを防ぎ、モチベーションを保つためです。ちなみに休憩時間のときは音楽を聴いていました。
 また、実際の試験のとき、私は緊張しすぎてお腹が痛くなってしまいました。そのときはあまり我慢しようとせず、休憩時間中にトイレに行きました。そこで頭がリフレッシュできたのも今となってはよかったなと思っています。
 そして、合格発表のときですが、自分ではあまり自信がなかったので自分の合格を知ったときはとてつもなく嬉しかったことを覚えています。
 最後に、受験勉強はとてもきついものですが自分自身を間違いなく成長させてくれます。みなさんもこの機会に思いっきり勉強に時間を割いてみてください。絶対に悔いは残らないはずです。受験勉強がんばってください!

千葉大学 法政経学部 4年 佐川 翔哉 くん
(私立東邦大学附属東邦高等学校 卒業)

千葉大学生協


継続こそが力になる!

大学受験は自分の今後の人生を左右する大きな転換点の1つです。大学に入ってもっと専門的な勉強をしたい,たくさんの友達を作りたいなど,目的は人それぞれです。当たり前ですが,毎日勉強しないと自分が志望している大学に入ることができません。大学に入って自分は何をしたいのかを見失わずに夢や将来像をもって受験勉強に励むとモチベーションを維持できます。
私も受験期は,大学に入ったらたくさんの人に会って自分の世界観変えようと思って勉強を頑張りました。多くの友達を作ることができて,いろんな人といろんな関わり合いができているので毎日充実しています。もちろん経済の勉強も興味があったので大学でより専門的な内容を学ぶというイメージも持っていました。今はより専門的な内容を勉強できて楽しいです。
また受験当日はとにかく忘れ物をしないように気をつけました。私はよく忘れ物をするタイプではないのですが,いざというときに忘れ物をすることが多かったので受験当日は特に注意しました。受験当日は受験票を朝起きてすぐ,朝食食べる前,ホテルを出る前,電車の中・・・と何回も受験票を確認していました(笑)。むしろ受験票を見ると落ち着くことができましたね。自分の顔写真が貼ってあるのにそれを見て安心するって今考えるとおかしいですね(笑)。それだけ受験当日は今までにないくらいの不安が襲い掛かります。忘れ物は絶対しないようにしましょう。あと,手にしたり見たりすると安心できる物が1つでもあると気持ちを落ち着かせることができるのでいいと思います。私は受験票でしたね(笑)
人生の1つの転換点,後悔がないように全力で挑戦してください!応援しています!

新潟大学 経済学部4年 曲田 尚貴 くん
(秋田県立大館鳳鳴高等学校 卒業)

新潟大学生協


結果が出なくてもくじけずに

僕は推薦、前期、後期と三回試験を受けました。
推薦入試時に提出する小論文の添削や面接の練習をしつつ、センター試験や二次試験の勉強をしていました。
それなりに努力はしていたつもりでした。しかし、それになかなか結果が付いてきませんでした。
まずは推薦入試で不合格になりました。周りの友達が推薦で受かってるのを見て正直つらかったけどまだ前期後期で受かれば良いと気持ちを切り替えてまたセンター試験に向けて勉強し、模試の成績も徐々に伸びていきました。
しかし、僕は割と本番に弱い人だったのかtest/センター試験で思うような点数が取れませんでした。模試では第一希望の大学のボーダーラインを普通に超えているくらいの成績だったのがセンター後の成績ではギリギリボーダーラインに行くか行かないかくらいでした。それでも第一志望の大学は変えずに前期試験に臨みましたが、不合格でした。
後期は第一志望ではない大学に変えてそれに向けて勉強していましたが三度の失敗で参ってしまっていたのか過去問のできもだんだん悪くなり後期試験前日の気分は最悪でした。
しかし、後期試験当日は前日までの状態がうそだったかのように問題もすらすら解くことができ、自信を持って試験会場を後にすることができました。
結果後期試験で合格が決まり、現在大学生活を送っています。
受験を終えて思ったことは「最後の最後には必ず努力が報われる」ということです。僕は推薦不合格、センター失敗、前期不合格と努力が報われなかった結果を体験したので「努力は必ず報われる」とは言い切ることはできません。しかし最後の最後に合格を掴み取ることができたのはそんな中でも頑張り続けられたからだと思います。だからこそ「最後の最後に報われた」のだと思います。
受験生の皆さん、頑張ってください。思うような結果が出ないときもあると思います。でもそこでくじけずに頑張り続けてください。最後には必ず報われると思います。

富山大学 経済学部3年 飯塚 瑞生 くん
(長野県立屋代高等学校 卒業)

富山大学生協


ページトップへ