私立大どうしで集合!大学生の座談会

受験勉強は苦手科目の克服が大変でした!
一人暮らしの最初のころは、朝起きれるかが心配でした〜!

受験期間について

安藤穂香さん(松山大学 経済学部 2年)
安藤穂香さん
(松山大学 経済学部 2年)

苦手な教科をどのような勉強法で伸ばしていきましたか?

安藤穂香さん(以下安藤):社会は、オレンジや赤のペンで書いて、赤シートで隠してという感じで覚えていきました。

橋本紗英さん(以下橋本):英語の長文が苦手で、読んでいくのがきつかったのですが、個別指導の塾の先生に読み方のこつを習ったので、それで積極的に頑張りました。

中尾誠一郎くん(以下中尾):学校の本で取りあえず読んで、分からないところを教えてもらって、家でそれをまた復習していたら、ちょっとずつは伸びたかなと思います。

オープンキャンパスに親御さんと行ったのはなぜですか?

安藤:私は高校1年生と2年生の時に、松山大学のオープンキャンパスに行ったのですが、1回は友達と行って、もう1回は親と行きました。自分が行くかもしれないという大学だったので、親にも一緒に見てほしいなと思って、親がいる方が安心するし、一緒に行ってもらいました。

橋本:私は地元が福岡で、オープンキャンパスは京都なので、いずれにしろ一人で行くのは危ないというのもあったので親と行きました。

中尾:入ろうと考えていた大学は親と一緒に行ったんですが、ほかの大学へは友達と一緒に行きました。

受験大学の情報は、どのようにして入手されていましたか?

安藤:同じ県内の松山大学ということもあり、松山大学に進学した同じ高校の先輩が結構いたので、その先輩に聞いたり、オープンキャンパスにも2回ほど行ったので、その資料を読んで情報を得ました。

橋本:オープンキャンパスでもらった資料とか、高校にいろんな大学の大きなパンフレットみたいなものがあったので、その中で自分の興味がある情報を見ていました。

中尾:オープンキャンパスの資料と、先輩にLINEでメリットやデメリットを聞きました。先輩が在籍していた学部が、行きたい学部でしたので。

受験勉強中に、健康面や精神面で大変だったことはどのようなことでしたか?

安藤:兄弟が3人で、一番下に小さい弟がいるんです。年も離れていて、夜も8時過ぎてもまだ起きているので、勉強したくてもうるさくてできなかったりということはありました。そこはちょっと大変だったかな。

橋本:元々部活をしていない人が多かったこともあり、部活を引退する時期が遅かった私は、その人たちに「追い付かないと」という思いがありました。すぐ勉強に切り替えなきゃとは思っていたのですが、なかなか切り替えが難しかったことを覚えています。部活の競技かるたは、小学校の先生がかるたを教えてくれて、それで興味を持って始めたのがきっかけです。中高一貫で、中学・高校にその部活があったので、中学からずっと続けて、いまも大学で続けています。

中尾:高校時代、野球部の中の成績でレギュラーが決められていて、1年生の時からずっと背番号をもらっていました。勉強で3位だっただけでも文句を言われて、常に勉強しないといけないというプレッシャーがありました。引退してからは、面接のときに緊張するタイプなので、うまく質問に答えられず先生に怒られてという感じで、面接の練習をずっとやっていました。

大学合格後、一人暮らしの準備や、不安だったこと・・・

橋本紗英さん(立命館大学 文学部 2年)
橋本紗英さん
(立命館大学 文学部 2年)

一人暮らしをするにあたって、どのような覚悟がありましたか?

安藤:1年生の初めのころは、朝8時半から授業が始まるということもあり、寝坊するのが一番心配で、起こしてくれる人が誰もいないので、最初は親に電話で起こしてもらっていました。大音量の目覚ましを二つ買って、あと自宅からの電話で助けられました。

橋本:私も同じで、「朝起きれないかも」ということもありましたが、「ちゃんと食べないと・・・」という不安もありました。どうしても栄養が偏ってしまいがちで。

住人同士のトラブルなどの話は何か聞いたことはありますか?

安藤:松山大学と愛媛大学が隣接していて、周りも学生マンションだらけなので、物音や騒音が隣のマンションから聞こえてくることがあると、友達からよく聞きます。

橋本:学生マンションだけではないですよね。社会人で住んでいらっしゃる方もいて。騒ぎ過ぎた時に、壁越しにドンドンと。うるさ過ぎた自分たちが悪いんですけど、まさかそんなことされるとは。

中尾:友達が上の階に住んでいて、ドンドンと、何か棒のようなものでやられたらしく、壁が薄いじゃないですか。みんな安いマンションに住んでいるから、声が漏れたりとか、男の子だったらふざけ回って、壁を破ることもあるので。テレビを付けただけでもうるさかったり。あとは、飲み会などで、学生でも酔っぱらった人がいて、騒ぎ過ぎて寝られないとか、聞いたことがあります。

大学での危険に対する意識について

生協の健康安全の企画などをご覧になったことはありますか?

中尾:自分は生協の委員会に入っていまして、逆に主催している側なので、参加した部分もあるし、自分が広める側としての活動はしています。特に自転車点検をやった時は、下宿生の人が来るんですが、自転車のサドルが揺れたり、曲がっていたり、タイヤも歪みかけているのに乗っている人とか、ペダルもつぶれかけているのにこいでいる人とか。お金を浮かすためだと思うんですけど、そういう人たちが結構いました。

全国大学生協が発行しています『大学生が狙われる50の危険』をご存じですか?

中尾:昨日ざっと見ました。読め読めとはずっと言われていたんです。読んで、「当たっている」と思いました。あとはSNSも、例えばTwitterだったら、鍵アカ(鍵アカウント)にしていたら分からないからいいやと思っていますけど、全然知らない人がフォローしてきた時に、誹謗中傷しているところを見られたら、たぶんばれるんだろうなとか、そういうことを最近思いつつ本を読んでいたら、これは自分に当てはまるなと思いました。

橋本:読んでいませんが、自分に身近なものが多いから、気を付けなければならないと思います。

大学生協の活用などについて

中尾誠一郎くん(近畿大学 法学部 3年)
中尾誠一郎くん
(近畿大学 法学部 3年)

パソコン講座に参加されてみてどうでしたか?

中尾:はい。受講しました。高校生の時に、そこそこパソコンの知識は教えてもらっていたのですが、受験前のことでしたので、思った以上に忘れていて、「こんな感じだったかな」とそこで気付いたこともあったので、パソコン講座に行ってよかったです。

大学に入ってから本格的にパソコンを使うようになって、どの程度扱えていますか?

安藤:エクセルは、掛け算や割り算などの計算は全部使えるようにはなりました。パワーポイントはプレゼンする時などに使っています。

橋本:高校の授業でエクセルやワードは習っていて、大学でも授業の一環でありましたので、まだ取りあえず使えるかなという感じです。

中尾:法学部ではワードを使う機会が多いです。英語の授業でプレゼンする機会があるので、その時にパワーポイントを使いました。パワーポイントはどちらかと言うと、学校で使うより委員会で使う機会の方が多いかなと思います。

購買店と食堂は利用されていますか?

安藤:購買は食べるものだけではなくて、本とか、シャーペンとか、シャーペンの芯なども置いてあるので、なくなったらすぐ買うことができて便利です。食堂も丼のコーナーや麺類のコーナーなどに分けられていて、電子マネーで払えるので、スムーズでいいなと思います。

橋本:購買はよく使っていて、いろんなものがたくさんあって利用しやすいです。食堂はキャンパス内に三つあります。待ち慣れているからいいのですが、お昼の時間帯は並ぶほど混みますが、実際本当に利用しやすくてよく使っています。

本日はお疲れ様でした。これにて保護者座談会を終わらせていただきます。

2016年8月7日(日)大阪にて開催。


ページトップへ