保護者版 大学進学ガイドブック

全国に数多くある大学生協が
快適な大学生活バックアップ!

主体性が求められる学生生活をサポートしていきます。Backup

東京大学 文学部 
教授 武川 正吾先生(東京大学生協理事長)

東京大学生協

18歳選挙が導入されたものの、現在の日本の高等教育の制度の下では、大学に入ったからといって一気に大人になるわけではありません。大学生の多くが学費面でも生活費の面でも、保護者に頼らざるをえないというのが実情でしょう。その意味で日本の大学生はまだまだ一人前とは言えないかもしれません。

しかし大学での生活は、高等学校(あるいは予備校)までの生活とは大きく異なります。授業の取り方、自習への取り組み方、課外活動のあり方。そもそも大学はそれまでの学校と違い、自らの判断で使える時間が長くなりますから、否が応でも主体的な生活態度が要求されます。勤勉に暮らすも自由、怠惰に暮らすも自由。その意味で大学生は大人です。

大学生協は、新入生のみなさんが自立した学生生活を始めるにあたってのお手伝いをし、また、入学後は主体的な学生生活の質を高めるために様々な面からサポートをしていきます。どうか大学生協を活用して有意義な学生生活を送ってください。

と同時に、入学後は大学生協の活動に主体的に関わっていただけたら、うれしく思います。というのは、大学生協は大学構成員である学生と教職員とで協力しあって作っていく組織だからです。

とくに女子学生のみなさん、よろしく。政府は女性登用の目標を30%としていますが、国際的には40%が標準です。大学生協としては国際標準を目指したいところです。

卒業までの大学生活を先輩の「生の声」を通してサポートします!Backup

右から、
岩手大学生活協同組合 専務理事 宍戸 研
新入生サポートセンター 教育学部 4年藤原 修也さん 人文社会科学部 3年佐藤 由佳さん

岩手大学生協

 大学生活が始まるにあたって、頑張ってみたいことや新しくやってみたいことなど、さまざまなことで期待があふれている新入生の方がたくさんいると思います。一方で、家族の皆さんは、疑問や不安に思うことが多いのではないでしょうか?大学生になると勉強や部活、サークル、自炊など、一人暮らしを始める方はもちろん、自宅から通われる方でも、高校までの生活とは大きく変わってきます。まさに疑問や不安は、さまざまかと思います。

 新入生サポートセンターでは、住まいや共済・保険、パソコンなどといった大学生活に必要な準備について、先輩の学生アドバイザーが大学生活の実体験を交えてお話しします。また新入生一人一人の疑問や不安に直接「生の声」でお応えしながら、一緒に大学生活の準備をお手伝いします。おすすめの講義や一人暮らしの実態、アルバイトなどといったパンフレットだけではお伝えすることのできない大学生活のリアルな話を、入学前に直接聞くことができる場所です。サポートセンター会場ではそういった大学生の実態をお話だけでなく、ポスターや展示物などを学生自ら作成して、お伝えできるようにしています。学生アドバイザーは新入生家族の皆さんにさまざまな話をお伝えすることを通して、大学生活は充実し、楽しいものだと思っていただけるよう、全力でサポートします。サポートセンタースタッフ一同、皆様のご来場を心よりお待ちしております。ぜひ、新入生サポートセンターへお越しください。

学食で「1日の栄養」を満たしてください!Backup

大阪大学生活協同組合 食堂パート職員 中塚 亜矢子

大阪大学生協

学食では、学生さんへお待たせしないでご提供できるように、商品が切れないように、また温かいものは温かいうちに、冷たいものは冷たいうちにお出しすることに、組合員に満足いただけるように、日々頑張っています!
1日の栄養補給を充分行っていただく為に、品数豊富な小鉢などのご提供も欠かせません。「ミールカード」を使うとICで簡単にお会計できますので、お昼時間のピーク時でもスムーズなご提供に努力しています。

※大学生協によって「ミールカード」や「ミールプラン」などの名称がございます。

笑って騒いでのとんでもない50日間!Backup

愛媛大学 教育学部卒 藤田 智子さん

愛媛大学生協

大学生のうちにできるだけ色んな国に行ってみたいと思っていた私にとって、この旅はまさに「最高」と思えるものでした。世界中から集まった仲間とともにバスでヨーロッパ22か国を50日間でまわるというコンチキツアー。日本では見ることのできない数々の絶景や世界遺産、そして来なければ分からなかったその土地のよさや文化、人々の様子を目にし、驚きと感動の連続でした。そして、改めて日本のよさにも気づかされました。最初は留学経験のあった私でも、色んな国の英語を聞き取ることは難しく、アジア人は私一人だけだったので日本語が恋しくなることもありました。しかし、自ら積極的にコミュニケーションをとっていった結果、最終日には本当に離れがたい仲間になっていました。この旅の中で最も大きかったのは、世界中の若者たちと出会い、共に生活し、感動を共有し、時には協力し、時にはふざけたりして、思い出を作ってきたことです。今でも連絡を取っており、来年会う約束もしています。普通の旅行という形でなく、このコンチキツアーで人との出会いもありながらヨーロッパまわることができて本当に良かったと思います。生協の方には、出発前から本当にお世話になり、安心していくことができました。いろんな出会いに感謝し、私自身のこれからの成長にもこの経験を生かしていきたいと思います。

本屋さんから始める大学ライフBackup

立命館大学 政策科学部3年 大藪 雄介さん

立命館生協

大学にある本屋さんは周りの本屋さんとは一味違います!まず、講義で使う教科書は専門的なものも普通の本屋さんには置いていないものが多いです。そして1冊の価格が高いこともあります。大学生協では本を定価の10%オフで買うことができます。その10%オフは教科書以外のマンガや小説など、店舗にある全ての本に適用されます。定価より安く買えることは僕も含めて貧乏な大学生にはとてもありがたいです。僕なんかはマンガもよく買うのでとても重宝しています(笑)。また、店舗に置いていない本でも取り寄せができるので売り切れや入荷していないってときにも安心です。教科書以外にも取り寄せはできるので店舗に欲しい小説やマンガが置かれていないときも買うことができます。当然ですが取り寄せた本も10%オフで買えます。ちなみに僕はマイナーなマンガが好きなのでよく取り寄せたりしています。なんだかマンガの話ばかりで申し訳ないですね。

 また書籍の販売以外にもパソコンや電子辞書、USBメモリなどの大学生には必要なものからルーズリーフやシャーペンなどの文房具なども取り扱っているので、テストの日に筆箱を忘れたなんてときも大丈夫。ちなみに僕は受験の時に消しゴム忘れた友達を知っています。みなさんも気を付けてね。その他にも留学や旅行の案内や自動車教習所の手続きなどもしているので長期休暇も楽しめます。ぜんぶ使って素敵なキャンパスライフを送ってみませんか??

ページトップへ