保護者版 大学進学ガイドブック

消費生活で困ったときは188番に相談を!

小林 栞さん

消費者庁長官 岡村 和美氏

大学生になると消費生活でも、新しい経験をする場面が多くなると思います。
トラブルに遭わないためには、自ら信頼できる情報を集めることが大切です。ネット検索による情報を鵜呑みにしないことも重要です。大学生協や消費者庁、国民生活センターからの情報も活用してください。

しかし、気をつけていてもトラブルに遭ってしまったり、「これは安全だろうか」と疑問を感じることもあると思います。そんな時は一人で抱え込まず声を上げてみることです。そして、みんなで安全で安心な消費生活を築いていきましょう。健やかな大学生活を送られることを祈念いたします。

少しでも不審なことがあれば、 お近くの消費生活センターに相談しましょう!

消費者ホットライン 188 (いやや!)

多くの学生・保護者・先生方に支持された 「大学生が狙われる50の危険」がリニューアル!

50の危険
ISBN978-4-413-21079-9
定価:本体1,000円+税
全国の大学生協、書店で発売中!

“知らなかった…”で大学生活を台無しにしないために

学生と親のための安全・安心マニュアル

・スマホやネットでのSNS上のトラブル
・飲酒・アルコール中毒で、大学生活が台無しに
・自転車事故―急増する事故と莫大な賠償金
・ブラックバイト、カルト・マインドコントロール
・キャンパスハラスメントへの対処
・大地震・災害の対応
・自分でリスクを管理するための基本

受験生、学生、保護者の必読書!

学生の読後感想

  • 「いずれのケースも非常に身近で、いつ自分の身に起こってもおかしくない恐怖感を覚えた。」
  • 「驚きました。こんなにも多くのことが大学生に悪い影響を与える可能性があると改めて感じられました。」
  • 「私自身に身近で、かつ恐ろしいと感じたことは、スマホやネット、SNSに関する部分でした。」

大学生が狙われる50の危険

ページトップへ