保護者版 大学進学ガイドブック

数字でナットク!大学生に必要なモノ 就職支援

就職に不安を感じていますか? (就職予定者を100とする)

受験生の親の納得

長男が千葉県立高等学校3年生 
小野 圭子さん

大学ではボランティアやインターンシップ、留学といったいろんな経験をし、その中で、自分が進みたいと思った道にできるだけ近い仕事に就いてもらえれば良いなと考えています。

大学生からのアドバイス

早稲田大学 文化構想学部卒
佐竹 一真 さん

早稲田大学生協

私は就活で多くのことを学びました。私は留学で一年休学していたので、同期の多くが既に就職をしている中での就職活動になりました。
今年の就活は売り手市場だとか、学歴が有利だとか、そう言った自分に有利な情報ばかり信じて、特に準備もせずに就活解禁の前日に日本に帰国しました。
ついにはある企業から内定を頂きましたが、それまでの私は以前の自信と比べるとあまりにも悲惨な状況に陥っていたように思います。

就活では不安との付き合い方がとても大切です。なぜなら多くの皆さんの人生は大学受験まで、何点取ればいいだとか、ここからここまでを覚えればいい。というような具体的な問題のみが用意されていて、それらはいま何をすればいいか。という答えが示されているのと同じであり、何をしたらいいのかも分からないというような「漠然とした不安」はありません。つまりは就活とは、社会人が生きている世界、「正解のない世界」の入り口とも言えます。
僕は就活でこれまで築いて来た自信を失いかけました。エントリーの段階から数えて5分の1以下の数の会社しか残っていない状況が訪れた時、このまま社会に取り残されて、悲惨な人生を送るのではないか、というボンヤリとした不安、予感のようなものが自分の視界を覆うような感覚にさせ、唯一の楽しみであったご飯も何も美味しく感じられなくしました。私は幸運にも友人や家族に恵まれ、どうにか「原因」を無理矢理見つけ出し、その改善に取り組むことで目標が生まれ、就活も続けることができました。
もし今読んでいるみなさんが、不安に押しつぶされそうになって、頼れる人がいなかった時、
やるべき問いは「上手くいかないとどうなるか」ではなく、「イマすぐ何をすればいいのか」これを見つけてみてください。それがあなたの漠然とした不安をハッキリとした問題意識へと改善させて、前向きなれると思います。

大学生協がバックアップ!

就職に不安を感じる多くの学生を、大学生協がサポートします!

各種講座やセミナーでは、就職活動を経験した先輩の学生たちが後輩にアドバイスする場を提供。また、仕事について考え、業界を知る「就活サプリ塾」などを開催し、合同企業説明会も各地で実施しています。


サプリ塾2017(北海道大学生協) 


合同企業説明会(東京事業連合)

ページトップへ