親子で要チェック!大学生活ハウマッチ

STEP4 アルバイト

大学生活に支障のないアルバイト選びとは

前述のように収入をみていると、やはりアルバイトは欠かせないもののように感じます。先輩たちも、平均して月収3万円近くのアルバイトをしていることが多いようです。1日の勤務時間では、4〜5時間程度、1週間の勤務日数では2〜3日程度行うことが多いようです。これを目安にアルバイトスケジュールをたてれば、学生生活に支障のないレベルと言えるでしょう。また、自分に合った職種を選ぶことも大事です。
先輩たちの約4分の1は「接客・サービス」で働いているようです。その他にも「塾講師」「家庭教師」といった、学生であることを活かした職業も多く見られます。社会勉強として、さまざまな職業を経験するのもいいかもしれませんね。

現在アルバイトをしている

グラフ

出典:第51回学生の消費生活に関する実態調査(2015年)

1ヶ月のアルバイト収入

グラフ

出典:第51回学生の消費生活に関する実態調査(2015年)

半年間の収入分布(アルバイトしたを100として)

グラフ

出典:第51回学生の消費生活に関する実態調査(2015年)

半年間アルバイト収入の用途(男女別)

グラフ

出典:第51回学生の消費生活に関する実態調査(2015年)

半年間のアルバイト収入の用途(住まい別)

グラフ

出典:第51回学生の消費生活に関する実態調査(2015年)

※「下宿生」・・・「寮生」を除く自宅外生のこと。アパート、マンションを初め、学生会館、貸間なども含んだ住まいの学生を「下宿生」として集計しています。



ページトップへ