入学までにいくらかかる?

イラスト

大学入学までにかかる費用は、進学先が国公立大か私立大か、また自宅通学か下宿かなどによって異なる。費用の中でも最も金額が大きいのは入学大学への納付金。全国大学生協連が行った「2016年度保護者に聞く新入生調査」によると、全体平均で国公立大が62万3400円、私立大が92万7500円となっている。ただし、私立大の場合は、同じ大学でも文系学部と理系学部、医・歯・薬系学部では差があるので注意しよう。

 1人暮らしをする場合は、住まい探しや生活用品購入のための費用も必要だ。住まい探しにかかる費用は、敷金(保証金)、礼金、仲介手数料、前家賃に、交通費と滞在費を加えたもの。地域によって差があり、例えば北海道では平均15万円だが、1都3県(東京・神奈川・千葉・埼玉)では25万6100円だ。また、生活用品購入にかかった費用は、下宿生の全体平均で32万400円となっている。このほか、引っ越し代や4月分の生活費なども必要になるので、余裕をもって準備しておきたい。

入学までにかかった費用(平均額)

(単位:円)

  下宿生 自宅生
国公立 私立 国公立 私立
出願までに 115,600 162,300 131,100 178,700
受験 79,300 76,800 19,100 14,700
入学大学納付金 624,900 940,900 623,300 920,500
合格発表・手続き 35,600 33,800 3,700 3,600
入学式出席 39,000 40,000 4,700 4,300
教科書・教材 211,300 180,500 163,300 130,500
住まい探し 188,000 216,500
生活財購入費用 326,700 306,300 88,300 85,300
その他 286,400 251,600 105,300 83,600
合計 2,008,000 2,222,700 1,256,300 1,492,100

出典:大学生協調べ「2016年度保護者に聞く新入生調査」

※ 平均額について

  1. 各費目の金額および合計額は、「有額平均額」で表示しています。
  2. 各費目の金額および合計額は、各々の平均額です。そのため各費目の平均額を合計したものと、合計の平均額は一致しない場合があります。

全国の新入生応援サイトを見つける

ページトップへ