大学生がパソコンを選ぶ、3つの基準

基準1
長く快適に使えるものを
基準2
勉強がはかどる道具として
基準3
4年間安心して使い続けられること

イラスト

リスト

リスト

イラスト

大学生協では、卒業まで使えるように
先輩の知恵と経験を元に独自開発したパソコンを提案

卒業まで充分に使えるよう、大学生協職員と学生スタッフがメーカーの協力のもと、最新の機種や搭載機能を厳選。多くの学生が愛用しての意見や要望が製品に反映されています。
 また忙しい大学生が「長く快適に」「勉強がはかどる」ことを重視し、持ち運びしやすいPCを選択しています。

  • なぜ入学直後 から自分専用のPCが必要なの?

    入学後すぐに履修登録をパソコンで行う大学が多く、授業でのレポート作成もすぐに始まります。入学時から自分専用のパソコンが必要です。

  • 4年間必要なのはOfficeとセキュリティソフト

    レポート・表計算・プレゼンなどに必要なOffice(Word/Excel/Power
    Pointなど)、ウイルスから守るセキュリティソフトは4年間不可欠です。

  • 安心できる4年間のメーカー保証と動産保証

    通常1年間のメーカー保証が4年間に延長されていて、事故による故障や破損をカバーできる動産保証も4年間。大学生にはいつも安心して使えることが第一です。

  • 講習会や学内での点検会があることもポイント

    パソコンが得意じゃなくても、生協主催の講習会があるので大丈夫。調子が悪くなり困る前にチェックしてくれる学内点検会もあります。

  • すぐ相談できる場所がある安心

    サポート窓口がキャンパス内にあるから、授業の合間に行けるのも生協のメリット。修理受付だけでなく、操作や設定の疑問にも答えます。

全国の新入生応援サイトを見つける

ページトップへ