一般入試合格者組合員保護者座談会

~「一般入試」で合格された大学生協組合員の親御さんへお話を伺いました。~

鈴木 宜國さん
(長男が弘前大学3年生)

矢原 綾子さん
(長男が九州大学1年生)

釜崎 摩里さん
(長男が琉球大学2年生)

受験勉強について

司会 お子さんは、どこで勉強をされていましたか?

鈴木 宜國さん(以下鈴木さん) 2年生のときは、ゆっくりしたところで勉強をしたいということで、自宅を離れて近くのアパートで勉強していました。

矢原 綾子さん(以下矢原さん)うちの子は1年浪人しているんですが、高校3年生のときは学校が中心で、放課後も学校に残って、図書室などを利用していました。または、塾に行っておりました。浪人していた1年間は、授業のある・なしに関わらず、毎日、休館日でない限りは塾に行って、自習室とかを利用して勉強していたようで、ほぼ昼間はいない状況です。

釜崎 摩里さん(以下釜崎さん) うちの子も学校が中心です。あと、ベネッセの教材を利用しながら、自分のペースでしていましたね。1日何時間していたとかは、よく分からないんですけど。結構、部活も夏までがっちりやっていたので、そこから勉強にシフトしてやっていたのかなという感じです。

 

司会 お子さんの苦手な教科はありましたか?

鈴木さん 数学はあまり得意ではなかったですね。ですから、文系にしたのでしょう。あと、高校3年生のときかな、英語を「ちょっと見て」と言うので見たら、私はまだ現役で教員をやっているものですから、うちの学校の高校1年生、といっても、うちの学校は先取りしていますので、高校2年生相当ぐらいになるんですけど。うちの学校でいえば、1年以上遅れているなと思って、正直に言って、ちょっと厳しいなと思っていました。
クラブをずっとやっていましたので、これは大丈夫だろうかと思って心配もしていました。ですが、引退した後、思いの外、伸びたんじゃないかと思っています。おかげさまで、大学に現役で届きましたので。文系に行くのに英語が大事だったと思うんですが、そこは本当に最後のところで帳尻を合わせられたのかなと思っています。

矢原さん うちは国語と英語が苦手で、最初から理系と言っていおりました。それでも国語や英語はついて回るので、余計なお世話だったかもしれないんですけど、時々、興味のありそうな新聞記事をちらっと置いてみたりとかはして、やっぱり小論文とかもありますので、何かの足しになればなと。

釜崎さん テストの成績で判断するくらいしかできなかったんですけど、逆にどれが得意というのがなかったくらいで、ある意味、どっちもやばいなというイメージだったんです。
ただ、文理を2年次に決めないといけないので、数学自体は本当に厳しかったので、もうはなから文系の方をしていました。でも、じゃあ、英語の方とか国語がというと、なかなか厳しいものがあるなと思ったので、さっきの鈴木さんじゃないですけど、最後は帳尻を合わせたなというところがあります。

司会 大学受験や入学までに心配したことがあればお教えください。

鈴木さん 実は、国立大は前期・後期が駄目で、息子は「地元の私大でいいや」と半分やけになっていたんです。センター試験の結果を見て、ひょっとしたら補欠が来るんではないかと思っていたので、補欠が来たときは行けということだったんですけど、もう本人は地元の私大で、アルバイトも決めてしまっていました。それでも、絶対に総合大学の方がいいから行けということで、すぐに手続きを取りにいってということですね。
あとは、途中で心配、現役で入れないんじゃないかというのが一番心配でした。それくらいかな。

矢原さん うちの子が中高一貫に行っていたので、高校受験というものがなく、受験の手順が分からなくて。願書を取り寄せるのに、中学受験はすごく早くから願書を取り寄せるんですが、大学受験はすごく遅いんですね。だから、私の方が、まだいいの?まだいいの?と。
あと、ここを受けるという決定もすごく遅いので、私の方が心配になって、もう少し焦点を絞ってというか、もう少し早めに動いた方がいいんじゃないかなと思ったりもしましたけど、それが大学受験なのかなと、私が勉強不足でした。

釜崎さん 同じような感じなんですけど、大学の入試制度が私たちのころとは全然違っていたので、実際、どっちの方向にという部分がなかなか固まらなかったのもあって。結局、最終的な懇談のところ、それこそセンターの前くらいのときに出して、そこでも子どもが中心で動くので、やきもきどころか、もう訳が分からなかったりもしていたので、全てが不安でしたね。どうやって受験をするのかというところからですし。
先生が丁寧に教えてくださったので、先生がうまく進めてくれることに乗っかっていたら安心なのかなというかたちで、前期が終わって、それから何個も私立を前に受けたりもしていたんですけど、結局、結果もうまくあれになっているんですよね。スケジュール的に。だから、一つひとつの結果が来るまでが本当に分からないので不安でしたね。
学校で入試に関する説明はしてくださるんですけど、自分がまだ一回もそれに乗っていないので、正直、理解ができない環境ですね。やっと乗って、ああ、そういうことだったんだなと。

司会 オープンキャンパスに同行されましたか?

鈴木さん いや、私は行っていないです。子どもが一人で行っています。

矢原さん 行きました。

釜崎さん 基本は全部子ども一人で。入試自体も遠方なので、一回もついていったことはないです。

司会 矢原さんは、オープンキャンパスに行ってみてどうでしたか?

矢原さん その大学に対する私のイメージと、オープンキャンパスでのイメージとでギャップがあり、伺って良かったと思いました。大学は研究機関なのでもう少しドライで、個人で行動する(研究する)と思っておりましたが、そうではないということもわかりました。大学案内など、先生が書いておられますが、実際にその先の話をうかがうと楽しそうに研究のお話しをしていらして、息子もそんなふうに楽しく学んでいけたらいいなと思いました。

司会 進路選択で一番悩まれたことがあればお教えください。

鈴木さん 正直に言って、まったく分かりません。たぶん本人が考えて、不都合があれば聞いてきたんだろうと思うんですけど、聞かれたのは、1回か2回、成績で聞かれたような気もするんですけど、覚えていないんですね。一応、それなりのことは答えられたんじゃないかと思うんですけど、息子に聞いたら、「いや、何も全然アドバイスになっていないよ」と言うかもしれないです。

矢原さん うちは高校1年生のときから志望校も決まっていて、進む方向も決まっていたので、そのことについては、まったく私は何も言いませんでした。

釜崎さん どこに行くんだろうかというのは、夏までは言わないので。懇談のときに、あっ、そうだったのというレベルなので、彼なりにはいろんな情報を先輩とか先生からいただいていたのかなと。こちらに対しては、特に不安という言葉はほとんど聞こえなかったです。

司会 では、同席していただいているお子さんたちに伺います。進路選択で迷ったけど、ここだと思った瞬間があれば教えてください。

鈴木さんの息子さん 大学を決めるときの進路選択は、最初は北海道内の大学に行くと決めていて、特に迷っていませんでした。ただ、私大に行くか国立大に行くかで、僕は友達とかいろんなつてとかもあったので、私大でいいかなと思っていたんです。でも、父が総合大学の良さとを伝えてくれて、国立大に受かったことをすごく喜んでくれていて、それを見て、そちらの方がいいかなと思うようになったので、僕はそこですね。一番の岐路は。

釜崎さんの息子さん 基本的に、自分も迷っているというのはありませんでした。ただ、最後に国立と私立で、どっちに行くかと思ったときに、私立の福岡とかもよかったので、そっちに行くか、自分がもとから行きたかった琉球に行くかというので、悩んだときがあったくらいです。

司会 ご両親からお子さんにアドバイスをされたことありますか?

鈴木さん 特にないですね。絶対に総合大学の方がいいからと言ったのが唯一かもしれないです。

矢原さん 特にないです。行きたいところに行きなさいと、それだけです。

釜崎さん 大学というのは、勉強もありますけど、社会性という部分でいろんな視野を広げる中で学校の方は決めてほしいなと思っていました。その日常生活の中で、べつに学校というのではないですけど、ある意味、どっちにという方向が分かっていなかったので、いろんなことに興味を持ってもらうという話くらいですね。

司会 どのように受験に関する情報を得られていましたか?

鈴木さん 特に意識的に情報を集めたということはないです。役に立つというか、学校にもネットにもいろんな情報があって、何かあったらそれを使えるので、全然気にしたことはないですね。

矢原さん 特にないですけど、うちの子は現役のときから河合塾に行っていたので、河合塾の先生から色々な情報をいただいておりました。
ただ、息子は私が受験というものを分かっていないと思っていたので、「理解できないでしょう?ほっといて、自分がやるから」という感じでした。正直言って、本当に分かっていなかったかもしれないし、今も分かっていないかもしれません。

釜崎さん どこで情報を取ったのか分からないですけど、いまは子どもが少ないので、情報っていくらでも勝手に飛んでくるんですね。自分に本当に必要な情報を見つけられたのか、それとも、はなからそういうところは気にせずにしていたのかというのも、全然分からないんです。
ですけど、何らかの方法で学校は見つけてきたりはしていたので、学校とかネットとかで見ていたのかなと思っていますけど、私自身は全然情報収集はしていないので。送られてきたものは、ちらっと見るくらいでしたね。

司会 受験勉強のとき、お子さんの精神面、健康面のケアはどのようにされていましたか?

鈴木さん すみません。まったく分からないです。微々たりも分からないですね。

矢原さん 現役のとき、センターの後に一回だけだったんですけど、「もう勉強したくない」とすごく切れたときがあって。どうしてあげていいか分からなくて、おろおろしたことがあります。翌日、何か吹っ切れたのか、また勉強が始まりました。親は無力です。
釜崎さん 高校のときはスマホも持っていなかったので、たぶん夜、生活リズムは大きく変化してなかったと思うんですけど、そういうところを気にはしていました。夜、ちゃんと寝ているかなとか。自分より遅く寝ることも多かったので。
ただ、逆に、日常生活はあまり変えなかったですね。家族での楽しみという部分は、受験生だから減らしたくなかったかな、逆に。その前、2年生のときにしていたことをやめたとかはしなかったですね。

司会 食事面ではいかがでしたか?

矢原さん うちは基本的にお弁当を持たせていました。塾の日はお弁当ではなかったのですが、お昼時になると、塾の前に結構充実したお弁当を売りにくる業者さんがいて。たぶん塾は関わっていないんだと思うんですけど、中身を見たら結構お野菜も入っているし、充実していてお安かったので、それを買っていたみたいです。

釜崎さん うちは塾には行っていないですね。そしてあまりご飯を食べないんです。お弁当以外の食事は家族みんなで食べているかなというくらい。夜食をつくったりもしていないですし。

大学合格が決まってからについて

 

全国の新入生応援サイトを見つける

ページトップへ