東北地区保護者座談会(2017年開催)


写真左から 石田 千代子さん(長女が山形大学2年生のお母様)、伊藤 有希さん・かおりさん(三男が東北学院大学1年生)

大学受験勉強について

司会:勉強はどこでされていましたか。(部屋で、リビングで・・・・)

伊藤 かおりさん(以下、伊藤さん母):うちは野球をやっていて帰ってくるのも遅かったものですから、勉強が出来る日は大体図書館に行っていました。街の図書館で、野球の練習とか授業が早く終わったりすると、まっすぐ行ってそっちの方が落ち着くみたいで、家だと自分の部屋でやっていたはずです。

石田 千代子さん(以下、石田さん):うちは1年浪人していまして、現役の高校の時には、自分の部屋だったりリビングだったり学校の実習室みたいなところだったりその時の自分の気分だったり、気分転換にリビングの方に降りてきたり色々でしたね。浪人時代は予備校に通っていたので、やっぱりそこでも朝の9時ぐらいから夜の8時、9時ぐらいまでそこで勉強というかんじで、家ではあまりしていなかったイメージですね。

司会:特に苦手の教科ってありましたか。

伊藤さん母:国語ですかね。

石田さん:国語ですね。
本をあまり読まない方だったので、それが大きいと思いますね。でも、文系なんですけどね。(笑)

司会:ご子息が受験勉強中、大学入学にあたってご心配ご不安な点はございましたか。

伊藤さん母:すぐ指定校推薦だったので、他の人よりも試験が早い感じだったので、1年生からの成績が大事だってずっと学校の先生から言われていたんですけども、本人はそれを分かって勉強をしているようには見えなかったんですね。でも後から聞くと、1年生からきちっと評点を上げるように頑張っていたということだったので、そんな本人にまかせていたので、あんまり心配はなかったです。

石田さん:受験勉強中はとにかく本人の健康とか、そういうことが一番心配だったんですけど、浪人になって今年1年だけ浪人は許すというかたちだったので、とにかくどこかには次は合格はしてほしいということで。現役の時は私立を受けなかったんですよね。それでもう浪人しようってことにはなったんですけど、さすがに2年目の時は、とにかくどこかに引っかかってほしいと。私立に行くのか、国公立に行くのか、県外に行くのか、自宅から通うのか、その4つを色々組み合わせることによって、経済面的にも費用的にも、予備校もけっこう1年大学に通わせるぐらいのお金がかかったので、子供には言わなかったんですけど、費用はいくら用意したらいいんだろうという心配は正直ありましたね。私立は学院と福祉大を受けました。

司会:オープンキャンパスにはご子息に同行されましたか。またいつの時期でしたか。

伊藤さん母:8月は、2、3とか、学院大で本人がもうそこだって言っていたので、8月の始めにオープンキャンパスに行きました。
秋田大学は、野球部で連れて行かれて着いていったみたいなかんじなんですけども、それは親ではなく、生徒と学校の進学のプログラムかなんかで団体でバスで行きましたね。

石田さん:現役の高校3年生の夏に、最初岩手大学がいいみたいな話があったのでそこに私と娘と2人で行って、結局はセンターとか結果がだめで山形大にしたんですけれども、山形大のオープンキャンパスは行ってないです。

司会:進路選択で一番悩んだ点はどのようなことでしたか。

伊藤さん母:うちは多分悩んでないと思います。自分がもうこうと決めていたので、もう歴史の先生になりたいと決めてしまっていましたから、それもなんでなのか分からないんですが、それもぷっと決めてしまったものですから悩んでないと思います。

石田さん:うちは悩むほどまだ確定していなくて、将来何になりたいとかぜんぜんそういうのもあやふやなかんじだったと思うんですけども、経済学を勉強したいなとぼわ〜んと考えていたくらいです。それで経済学のある大学はどれだろうとかそれに悩んでいるかんじはありましたね。

司会:ご子息の志望校選択にあたり、どのようなアドバイスをされましたか。

伊藤有希さん(以下、伊藤さん父):仙台大学に行けって言った。体育学科じゃないですか。本人は野球もやりたいし勉強も当然したいと言っている、俺の方から見たら野球の方の比率が大きく見えるんですよね、だったら野球やればいいんじゃないか、そっちの方がいんじゃないのっていう話はしました。

伊藤さん母:私は野球では本当にプロ野球選手になれるんであればいいんだけども、将来の職業のこととかを考えたりした時に、歴史の先生になりたいという自分の目標があるのであれば、歴史学科がある大学を進めました。

伊藤さん父:だってなんで歴史なの?って(笑)俺も分かんなかったけど。(笑)

伊藤さん母:本人が急に言い出したんですけども(笑)夢を叶えてあげましょうということで、東北学院って、野球も入っているということがあったので、本人も野球野球って言っちゃいけないんですけどもそれもやりつつ、勉強もしっかりやって将来やっぱり就職するのであれば、私的には東北学院大がいいと。

石田さん:私も特にアドバイスというのはしていなかったんですけども、本人の悔いのないような大学に行かせてあげたいと思っていて。あとは浪人だったので、とにかくどこでもいいから合格してというただそれだけでした。

司会:ご子息の受験大学情報はどのようにして入手されていましたか。

伊藤さん母:私が実際にしっかり見たわけではないんですけども、1個上の先輩がこういうオープンキャンパスはこうだったとか色々アドバイスしている情報があるみたいで、うちの子供は面接は指定校推薦だったので、こういうところに気をつけた方がいいとか、すっごく詳しい情報があるようなんです。それがすごく参考になったみたいで、聞かれることとかも先輩はこういうことを失敗したんだけど、次の後輩はこういうところに気をつけたてほしいとかすごい細かいこととか書いてあるらしくて、でもそれは家には持ってこられないので、私は読んだことはありません。

石田さん:学校の先生ですとか部活の先輩とかに色々お話は聞いていたみたいですので、あと予備校に通っていた時は、さすがに先生方はやはり受験に関しては詳しいので、今年はこういう問題の傾向が出るよとか、偏差値はこれぐらいだよと、そういう情報は予備校の先生からいただいたような気がします。

司会:受験勉強中のご子息に対して、健康面・精神面で特に配慮された点はどのようなことですか。

伊藤さん母:受験の日はどんなことがあっても倒れられないと思ったので、風邪を引くなとしか言ってないです。あとは、普通にあまり何も言ってないですかね。高校はお弁当だったので、お弁当はすごいですよ。量が多いので、ドカ弁です。

石田さん:食事の面しか親としては助けることが出来ないと思うので、お弁当でしたり朝食はちゃんとヨーグルトとか摂るようにしたり、冬はインフルエンザにかからないように家族全員で予防接種を受けたりとかしていましたね。

大学合格が決まったとき(瞬間)について

全国の新入生応援サイトを見つける

ページトップへ