受験生(高校生)の保護者座談会

写真前列左より

  • 水江 敦子さん(長男が千葉県立高等学校2年生)
  • 小坂 直子さん(長男が千葉県立高等学校2年生)
  • 佐藤 仙生さん
    (長女が千葉県立高等学校3年生、次女が千葉県立高等学校1年生)
  • 吉田 有希子さん(長男が千葉県立高等学校1年生)

写真後列左より

  • 清水 寿美子さん(長男が東京都立高等学校2年生)
  • 加藤 高子さん(長女が東京都立高等学校3年生)
  • 稲場 靖恵さん(長女が東京都立高等学校3年生)
  • 加藤 由美さん(長男が東京都立高等学校3年生)

高校生の日常生活について

お子さんの日常生活、一日のスケジュールについて、それぞれの方にお伺いしたいと思います。

佐藤 仙生さん(以下佐藤さん):
高校3年生の娘は、朝、本当に遅く、7時半ぐらいに起きて、8時10分ぐらいに出発して8時半には間に合わせるというような生活をしています。部活は3年生なのでもうないので、4時ぐらい学校を終えて、また自転車で15分ぐらいかけて塾に行って、おにぎりを間で1個食べて、10時半まで塾で勉強して、うちに帰ってくるのは、11時近いですね。それからご飯を食べて、お風呂に入って、寝るという生活です。11時に夕ご飯を毎日食べるので、そこまで起きて待っているのが大変です。

吉田 有希子さん(以下吉田さん):
うちは朝、だいたい6時半ぐらいまでには起きて、マイペースで、ご飯はすごいのんびり食べるので、7時過ぎぐらいにようやく終わって、着替えたりして家を出ていきます。学校には早めに着くようにしているようで、たぶん8時10分ぐらいまでには着いて、本を読んだりしていると言っています。部活は、文科系なのでそんなに遅くまでということはなく、夕方6時とか7時ぐらいには家に帰って、ご飯を食べて、一応次の日の予習をのんびりして、11時から12時の間に寝ています。

小坂 直子さん(以下小坂さん):
うちは電車通学なんですけれども、まず駅まで家が遠いものですから、だいたい5時半ちょっと過ぎに起き出して、ご飯を食べて、6時半ぐらいのバスに乗ります。だいたい25分ぐらいバスに乗って駅に着くんですけど、そこから電車で15分ぐらいの所で降りて、歩いて学校まで行きます。だいたい7時半ぐらいには学校に着いて、部活の朝練をこなして、8時半過ぎには授業が始まって、あとは夕方6時半ぐらいまでだいたい毎日部活があって、そこから帰ってきます。うちの場合はちょっと特殊で、主人の母が、通っている高校のすぐ近くで仕事をしていまして、時間が合えば車で一緒に帰ってきてくれるんですね。時間が合えば7時ぐらいに学校で待ち合わせをして、車に乗せてもらって40分ぐらいで帰ってきます。合わなければ電車に乗って、またバスに乗って、そうすると、だいたい帰ってくるのは8時過ぎですね。帰ってきて、ご飯を食べて、お風呂に入って、勉強する暇はないというか、もうすぐ寝てしまう感じですね。たぶん、10時半ぐらいには寝てしまいます。


水江 敦子さん
(長男が千葉県立高等学校2年生)

水江 敦子さん(以下水江さん):
小坂さんと同じ高校なんですが、今高校2年生です。部活はバレーボール部に入っているんですけども、やっぱり朝練があり、加えて自宅から学校まで1時間半かかるんですね。なので朝起きるのが5時15分ぐらいで、家を出るのが5時40分ぐらいです。でも、本人はそこの学校を選んだ一番の理由は、その学校のその部活に入ってその先生に教わりたいからなんです。なので、ここだけは譲れないと言って頑張っています。部活が終わって、自主練もやって終わるのがだいたい夜の7時ごろで、それから帰ってくると、もう9時半を過ぎるんですね。帰ってきて、そこからご飯を食べて、勉強する時間は今のところないようで、そのままばたんきゅうと。それでも寝るのが、結局12時ちょっと前とかになりますね。

加藤 由美さん(以下加藤(由)さん):
うちの息子は朝6時20分に起きて、朝ご飯を食べて、7時には家を出ます。7時に家を出て、電車で学校に向かうんですが、駅から学校が遠いので、最寄りの学校の駅から、10分、15分ぐらいかけて自転車で学校に向かう毎日です。学校に着くのがたぶん8時10分とか、そのぐらいですね。部活をもう引退しているので、朝練もなく、授業が始まるまで自習しているみたいです。うちの高校は選択制なので、理数系と文系で、選択科目が決まっていて、3年生の選択科目によってばらばらなので、人によっては朝行っても授業がないようです。うちの息子の場合は、一応理系なので、ほとんどフルに取って、朝からきっちり授業があります。朝から授業が無い日でも、毎日行く時間は同じにして、空いた時間は自習するという感じみたいです。授業が3時か4時ぐらいに終わった後、学校を出るのは6時半ぐらいです。それまでは学校にいて勉強して良いといわれているので、自習室を使って受験勉強に向けて、自分で勉強をしているみたいです。それから帰るので、7時半から8時ぐらいに、うちに着くような形です。塾には行っていないので、ほんとに学校と空いた時間で勉強をしています。帰ってきてもすぐにはご飯もお風呂も入らなくて、20分ぐらい休憩してから、軽食を軽く取って。本来は夕食を先に食べさせたいんですけれども、ちゃんと取ると頭が働かないと言うので、軽食を軽く取った後、1時間だけ勉強をして、そこから夕食とお風呂という形です。寝る前にちょっと勉強をしてから寝るので、睡眠を取るのは11時半ぐらいかなと思います。それが日常です。

稲場 靖恵さん(以下 稲場さん):
女の子で高校3年生です。部活の方は文化部で、ESSと華道部と有志でダンスをしております。学校外では、板橋区の熊野地区ジュニアリーダー会長を中学2年生からさせて頂いております。また、今年もヤングアメリカンズ・ジャパンツアーに参加させて頂いております。
娘の学校は、単位制全日制普通高校なので、1年次は30単位、2年時は20単位以上、3年時は10単位以上の基本単位があり、79単位以上の単位を修得すれば卒業が出来ます。
また、学校外における学修の単位認定があり、主な単位として、日本語漢字能力検定準1級は3単位で国語総合、実用英語技能検定準1級は4単位でコミュニケーション英語に認定されます。
3年生になると履修科目の他は選択科目で2年生迄に取得した単位次第で1日4時間ないし2時間のみの生徒もいます。娘も週に何日かは1、2時間目が空コマだったり5、6時間目が空コマの日があります。1、2時間目がある日は6時に起床してご飯を食べて、7時前に家を出て8時に学校へ着くと言う形で、1、2時間目が空コマの日は、ご飯を食べてから自宅で予習や復習をして9時位に家を出て、学校に着いたらコモンホールや図書室で授業開始時間まで自習をしています。
部活は文化部なので、活動がある日は18時ごろまで学校にいて、部活がない日は16時半ごろ帰宅します。地域活動がある日は、21時ごろまで外出しています。
塾は小学校入学してから一度も通っておらず、主人と私が教えています。ただ、英会話だけは将来留学や海外での生活をしたいと言うので、週に1回通っています。教えてくださっている先生が大使館勤務の為、21時半から23時までレッスンをしてくださり、時には終電ギリギリになることもあります。土日は、学校ボランティアや地域のジュニアリーダーでのボランティア活動や東京都外国人おもてなし語学ボランティアに参加しており、家にいないことがほとんどです。

学校の授業は、文系(現代文、英語、世界史、スペイン語)が中心なので、センター試験を考えた時に理数系が足りなので、担任の先生からは塾に通いなさいと言われています。本人は、塾へ行っても大勢で一歩通行の講義は身につかないから、自分の好きな科目をじっくり勉強したいと言うので、夏期講習などの短期講習のみ受講しました。

加藤 高子さん(以下加藤(高)さん):
うちは高校3年の女の子なのですが、受験生なのにずっと行っていた塾を2カ月ぐらい前にやめたんですよ。先生とちょっと合わなくなったみたいで。高校受験のときから通っていたところで、小さい塾なので1対1みたいな感じで教えてはくれるんですが、今は高校受験の子にかかりっきりになってしまったみたいで。うちの子は、6時か6時半に起きて、朝シャワーを浴びて、食事して、ちょっと休憩してから学校に行っています。帰ってきてからは、家ではどうしてもテレビを付けちゃって勉強ができないから「勉強カフェ」に行って勉強しています。ただ、AO受験をしていて、取りあえず書類選考は通ったんです。次の選考のワークショップが学園祭のときなんですけど、それに通っていたとしたら、今度が面接なんですね。勉強をしなければいけないんですけど、どうもそっちの方に重きがいっていて、面接で落ちたときに、急に切り替えても無理だから、ちょっとずつ勉強をしなくてはいけないんですけど。今はワークショップでどのようなことをするかという方に頭が行ってしまっていて、「勉強カフェ」で何の勉強をしているのかもよく分からないです。うちの子は、1校しか受けないんですよ。1校のみで、そこがもう駄目だったら諦めるという人なので、AOと推薦と、駄目なら普通受験に切り替える形で。だから、面接に落ちない限り勉強に力がたぶん入らないと思います。取りあえず、急に焦っても無理なので、「勉強カフェ」には10時まで行って、帰ってきて、11時ぐらいに一応寝ているという感じです。

「勉強カフェ」って初めて聞きましたが、どういった所なんですか。

加藤(高)さん:
会員制で、月幾らみたいな形で、パソコンなどを貸し出ししていて、そこに行くと、パソコンも自由に使えて、1杯のお茶で何時間いても良いという所があったんですよ。もう図書館だとしゃべれないし、勉強カフェだとそこまで静かにしなくても良いので、そこに申し込んで勉強しているという感じです。会員には大人の方もいらっしゃって、仕事をするのに使っているみたいです。


清水 寿美子さん
(長男が東京都立高等学校2年生)

清水 寿美子さん(以下清水さん):
うちの子は、男の子で高校2年生です。7時ぐらいに起きて、8時に学校に向かって、自転車で30分ぐらいで着きます。学校で授業を受けて、4時ぐらいには家に帰ってきて、家にずっといると勉強をしないので、塾に行って、帰ってくるのが11時ぐらいに帰ってきます。それから、食事をして、寝て、朝起きて、また同じことの繰り返しです。

ありがとうございました。では、お子さまの授業や補習について教えてください。

佐藤さん:
高3の娘は、夏休みに学校の補習はあったんですけれども、塾の方で重点的に勉強していました。補習は、この先生の授業を受けておかなかったら、この学校を卒業したとはいえないよね、というような学校の名物先生の授業を記念に受けるという感じでした。だから3科目ぐらいしか取らないで、あとはずっと塾でした。うちの学校は、単位制高校ですが、都立の学校のようにそこまでの自由度はなくて、毎日1時間目から6時間目まで入っています。なので学校は、8時半から3時半過ぎまで、しっかりあります。

吉田さん:
同じ学校なのですが、1年生でも結構補習もあって、教科によっても内容がだいぶ違っています。入試に近い問題をどんどんやっていくコースとかがあって、さすがにそっちは無理だよねと話をしながら、選択して行っていました。授業はどうしても予習していかないと、付いていくのが厳しいと感じているみたいなので、ちょっと教科書を読むだけでも予習はしないとなと言いながら授業は受けているみたいですね。


小坂 直子さん
(長男が千葉県立高等学校2年生)

小坂さん:
うちは先のお二方と同じ千葉県立の高校なんですけれども。まず、月火水は授業が7限まであって、午前中4時間、午後3時間で、授業は1年生から3年生まで、もうみっちり入っているような感じなんですね。補習というのは、たぶん3年生になればあるとは思うんですけれども、1、2年生の夏休みの補習は、最初の1週間ぐらいしかなくて、それも選択制で、うちは部活があったんでほとんど受けていなかったです。あと、月金で塾に行っているので、そこで足りない部分は補うという感じになります。

水江さん:
うちの子も同じですね。2年生なので、まったく同じです。部活を優先しています。

加藤(由)さん:
高校での授業や補習について、息子はあまり言わないんですが、授業は選択したものを取っていて、夏休みの補習は、自分の弱いところの科目を取って、夏休みの間も学校にほとんど毎日行って、補習のない時間にも勉強して、補習が終わったら帰ってくるという形でした。

稲場さん:
うちも3年生に限っては、底上げの補習クラスと国立理系コースと私大文系コースがあったんですけど、娘の好きな先生は底上げコースだったんですね。なので底上げのクラスに行って、自分も教えてと先生に言ったら、人数が決まっていて、本当に上げないといけない子を教えたいから自分で勉強しなさいと言われたみたいで、それならとお友達と「勉強カフェ」へと行っていました。何人か大学生の人ともお友達になって、分かんないところがあると、ちょっと聞けるらしいんですよ。そんなにおしゃべりはですけど。周りを見ていると、似たような高校生が固まったり一般の人もいたりで。何回か行くと、顔見知りの人ができて、問題を教えてもらったりしているみたいです。週4、5回ほど行っていました。暑くなって、そこも予約がいっぱいになってしまうと、家で友達にラインを送って、この問題を解いてとかとやっていましたね。

加藤(高)さん:
うちの子も補習のこととか、あんまり詳しく言わないのですが、2年生まではダンス部だったんで、部活動を優先してあんまり補習は受けなかったです。今は前から通っていた塾をやめてしまって、学校に行くよりも、その大学に行く専門の塾に行って、AOの書類の書き方とかを習って、書類が通ったら今度はワークショップのやり方を習っています。高校での補習というのは、あんまりやっている感じはしないですね。

清水さん:
うちの学校は、毎週ではないんですけど、土曜授業がありまして、卒業生とか、地域の方、大学生の方が来て勉強を教えてくれます。うちの子は、まだ数えるほどしか参加していないですけど、皆さんやっているようです。

部活動と勉強の両立について

全国の新入生応援サイトを見つける

ページトップへ