未来と向き合い平和について考える~大学生協の戦後70年特別企画~

朝日新聞社「戦後70年企画」取材クルーとの座談会

◎日本の将来をどう思うか〜戦後は戦争が始まった途端に戦後ではなくなる。ひょっとしたら戦前じゃないかなという人もいる〜

朝日新聞社「戦後70年企画」取材クルーとの座談会

三浦
戦後という時代について考える必要がある。戦後は戦争が始まった途端に戦後ではなくなる。ひょっとしたら戦前じゃないかなという人もいる。今の学生さんは今の日本がどこに向かっているか、日本の将来についてどう感じていますか?

渡邊
今は戦争に加わる方向に日本は進んでいるとは思う。けれど、今の若者は昔みたいに声を張り上げてやめろやめろと言わないけれど、心の中では戦ってはだめだと思っている人は多いと思う。それは、いざとなったときの抑止力に繋がると思う。そう考えると、今とそう大きく変わらない社会が続いていくのではないかと思う。

三浦
政権に違和感を感じたときに、昔のような規模で大衆運動が起こったり労働組合が集ったりすることは少なくなりました。 個人的な考えだが、第2次世界大戦のときのような戦争は起きないと思う。もっと違う形の紛争や緊張が続くのではないだろうか。平和への想いが抑止力になると思うが、新たな危機の歯止めとなっているかはわからないよね。

朝日新聞社「戦後70年企画」取材クルーとの座談会

加藤
今のままの平和を維持できるのかと疑問に思っている人も少なくないと思う。戦後70年までの間はアメリカが守ってくれる中で平和が維持できていたのではないだろうか。でもアメリカも民主主義の国。日本のために若者を殺したくないという民意になった瞬間、日本は止められない。そうなったときに日本は本当に平和のままでいられるのか、今の形を維持しようとするべきなのかで悩んでいる人がいるのだと思う。

三浦
そうだと思う。だから、今の流れを積極的に止める動きは目に見える形に表れにくいのかもしれない。


学生さん同士でこのような話をよくされるのですか?

加藤
私たちはPeace Now!などの平和活動を行なう中で参加者にどういうことを伝えるのかという中で、自分はどう考えるのかということを議論する機会はたくさんあります。

三浦
私たちの頃は改憲と護憲でくっきり意見が分かれていた。今は両方の意見がぼやけて見える。何が変わったのだろうか。

加藤
「このままじゃいけないんじゃないか」という情報が、ネットやテレビを通じて私たちの耳に入ってくるようになったからじゃないだろうか。

渡邊
実家に帰り、両親と社会の動きについて話したときに両親で意見が分かれていて、混乱した経験がある。しかしその意見を聞く中で、自分の意見を強く持つことができた。

Interview TOPへ戻る

ページの先頭へ