コロナ禍で変化した大学生活

  • コロナ禍での友達作りは?
  • 授業はどうやって受けている?
  • コロナ禍での一人暮らしは?
  • コロナ禍で学食の利用は?

授業はどうやって受けている?授業はどうやって受けている?

profile

田中 陽菜さん
龍谷大学 2年

龍谷大学生協

授業はどうやって受けている?(パソコンやタブレットの使用について)

授業は基本的にオンラインで受けています。オンライン授業はパソコンで受けています。ZOOMやSkypeなどを利用することが多いので、ネット環境やマイク・カメラなどは整えています。

だいたいの授業がオンラインであることから、レポート作成や課題の提出などはオンラインでの提出となるため、パソコンに触れる機会は多いです。また、授業中でのメモなどはパソコンで取り、タイピング練習を意識しています。

授業ではPowerPointを用いた発表などの行うため、パソコンは大学生にとっては必須だと思います。

profile

和田 明日香さん
同志社女子大学 2年

同志社生協

@D_GI_imade
imadegawa_gi
授業(パソコンやタブレットの使用について)

入学前に、同志社生協でパソコンを購入。生協でパソコンを購入すると4年間の保証付きですし、オプションでパソコン講座も受講できます。パソコンの操作事態に不安はなかったものの、折角機会があるのなら受けてみようと思い、講座を受講しました。PowerPointのデザインアイデア、Wordで画像を挿入したときのグループ化など、高校の「社会と情報」の授業では扱われなかったテクニックも学べました。当初の想像以上に得られたことが多く、今でも資料作成で駆使しています。そして、2021年度からはパソコン講座のスタッフとして、受講生のサポートもしています。講座で学んだことを授業で実践し、教授からお褒めの言葉をいただいた、と嬉しそうに話してくれる受講生もいました。

パソコンがあれば今のところ事足りているので、タブレット端末は購入していません。授業も課題も、全てパソコンを使っています。

ラーニングコモンズや図書館など、学校内でパソコンを使える場所もあります。ただ、自分のパソコンを持っているほうが、家でも課題ができる点で便利です。周りの友だちでも自分のパソコンを持参している人が圧倒的に多いです。

コロナ禍でオンラインが広まったことにより、オンライン開催でのセミナーに参加する機会も増えました。通信環境さえ整っていれば気軽に参加できるのが最大のメリット。遠方への交通費や移動時間が省かれたので、セミナー参加へのハードルは圧倒的に下がりました。コロナが収束した後でも、オンラインは手段として残ると言われています。パソコンが授業手段だけではないのも、コロナ禍ならではの気付きですね。

他の大学生協での取り組み事例
  • コロナ禍での友達作りは?
  • 授業はどうやって受けている?
  • コロナ禍での一人暮らしは?
  • コロナ禍で学食の利用は?

PAGE TOP

プレゼント応募&アンケートフォーム

PAGE TOP