コロナ禍で変化した大学生活

  • コロナ禍での友達作りは?
  • 授業はどうやって受けている?
  • コロナ禍での一人暮らしは?
  • コロナ禍で学食の利用は?

コロナ禍での一人暮らしは?コロナ禍での一人暮らしは?

profile

三宅 鈴香さん
龍谷大学 2年

龍谷大学生協

例えばまとめ買い、保存メニュー、生活スタイル

オンライン授業が中心のため、時間は比較的自由に使えます。その反面、実家や大学での講義と違い、一人なのでだらけてしまうことも多くありました。その対策として、私はできるだけ大学の時間割と同じ時間帯に受講し、生活リズムを崩さないように心がけています。また課題が多く出されるので、当たり前ですがその日のうちに終わらせることが大切だなと改めて感じました。

食事スタイルは外食を避けるため基本的には自炊を行います。私は食費削減も兼ねて、まとめ買いをして冷凍保存をしていることが多いです。友人では、毎日1日分の食材を買いに行くようにし、スーパーに行くことを気分転換に活用している人もいました。

特にコロナ禍での一人暮らしは孤立してしまいやすいと思います。私は昨年の4月から一人暮らしを始めたので、近くに大学の友人や頼れる人がおらず、気が落ち込んでしまうことがありました。そのため一人暮らしのメリットを生かし、地元の友達や家族とよく電話をして気を紛らわせることが多かったです。また一人の時間には凝った料理やお菓子作り、映画鑑賞などをして、趣味を増やすことができました。

アルバイトや帰省に関して

コロナ禍でのメリットと言えば、アルバイトに費やせる時間が増えたことです。私はオンデマンド配信の授業の時間帯をアルバイトの時間に充てています。授業が多い日でも組み方を工夫すればまとまった時間も確保できるので、周囲でもアルバイトに励む人が多かったように感じました。

私は大学生になったらいろいろな国に旅行へ行きたいと考えていました。しかし残念ながらこの状況なので、今は旅費を貯める期間だと思ってアルバイトを頑張っています。飲食店でアルバイトをしていますが、売り上げの減少で希望のシフト通りに稼げないこともあるため、家庭教師と掛け持ちをして安定した収入になるようにしました。

帰省は電車移動のため、あまりできていません。会うことはできませんが、時々届く実家からの仕送りを楽しみに過ごしています。特に祖父母にはなかなか会うことができないので、電話をすることが多くなりました。

  • コロナ禍での友達作りは?
  • 授業はどうやって受けている?
  • コロナ禍での一人暮らしは?
  • コロナ禍で学食の利用は?

PAGE TOP

プレゼント応募&アンケートフォーム

PAGE TOP