先輩に聞く!パソコン編

先輩に聞く!パソコン編

現役東京理科大生に聞く学生の目線で選んでいるから
生協のパソコンは大学生活の強い味方に!!

文系・理系を問わず、いまやノートパソコンは大学生活に必須のアイテム。大学の勉強はもちろん、サークル活動や就職活動でも多くの学生たちが活用している。東京理科大学生協の学生委員を務める7人の先輩に、パソコンを選ぶときのポイントや、どのような場面で使っているのかを聞いた。

写真

手書きではNGの場合も

――大学の勉強ではパソコンをどのように使っていますか?

鈴木
レポートを作成したり、プログラミングのコードを書いたりするのに使っています。
近田
1年次のレポートは手書きでもよかったのですが、2年次以降はパソコンで作成するように指示されることが増えました。
松井
授業によっては、ノートパソコンを持参するように指示があり、先生が指定するアプリなどをダウンロードして使うこともあります。
前川
英語の授業のプレゼンでは、パワーポイントを使って発表しました。
馬塚
ワードはレポート作成で日常的に使いますし、実験などで数値の推移をまとめる際はエクセルが役に立っています。
山口
機械工学科では、3年次に各自のパソコンに作図用のCADのライセンスが配られます。授業でもCADを使う機会が増えました。
天野
卒論を書くときは、家でもプログラミングソフトを活用したシミュレーションを行いました。研究室では週に1~2回、進捗状況の報告会があるので、その発表のためにパワーポイントもよく使っています。
山口
僕は生協で取り扱っているSurface(ペンも使え、タブレットにもなるPC)を使ったことがあるのですが、授業のノートを取るのにとても便利でした。ワンノート(マイクロソフトのアプリケーションのひとつで、何でもクリップして保存できるデジタルノート)を使えば、PDFで配布された資料にペンで書き込みをして友達とすぐに共有できますし、その場で拡大した資料を見せながら説明できるので、複数のメンバーで学び合うときに役立つツールだと感じました。

サークルでもフル活用

――勉強以外でパソコンを使う機会はありますか?

鈴木
デザインソフトを使って、学生委員会のポスターや冊子などのデザインをするのに使っています。
近田
会議のときに、ワードで議事録をまとめることもありますね。
馬塚
サークルでは3年次になると役職に就くことが多く、僕は会計を担当したので、活動費用の収支をエクセルでまとめ、報告書はワードで作成しました。大学の学生支援課に出すための書類もパソコンで作成してスムーズに提出できました。
山口
上級生になると、サークルの全体会議でパワーポイントを使ってプレゼンをする機会や、後輩への引継ぎ文書をワードで作成する機会が増えます。また、僕はブルーレイ対応の外付けドライブを購入したので、友達を家に呼んで一緒にパソコンで映画を見ることも多いです。

早めに慣れておくと安心

――パソコンはどのタイミングで購入しましたか?

鈴木
タイピングを早めに練習しておきたかったので、入学式の約1週間後に購入しました。学科によっては、すぐにパソコンを使い始めるところもあるようなので、早めに慣れておくと安心だと思います。
前川
入学式の2週間ほど前に、生協でパソコンを購入しました。生協で購入したのは、2年間の保証がついていて、キャンパス内にサポート窓口があったから。いざというときにすぐ相談できる環境があるのは心強いですね。

もしものときの保証も確認

――パソコンを購入する際は、どんな点に注意するとよいでしょうか?

松井
持ち運ぶ機会が意外と多いので、あまり重すぎないものを選ぶことが大切だと思います。
鈴木
東京理科大ではマイクロソフトオフィスのソフトは無料提供されるのですが、僕はそれを知らずに家電量販店でソフト付きのパソコンを購入してしまい、少し後悔しました。
天野
4年次の秋に家族が私のパソコンにお茶をこぼしてしまって、パソコンを買い替えなければならなくなりました。生協で購入すると4年間の保証がついているので、こういうケースでも安心です。
山口
大学生にとって、パソコンが使えなくなるのはとても困ることなので、万が一のときの保証についてよく調べてから購入することが大事だと思います。生協でパソコンを購入した先輩は、故障したときにすぐに代替機が支給されて助かったと言っていました。

機種選びは先輩の話を参考に

――高校生と保護者の方にむけて、メッセージをお願いします。

鈴木
生協では僕たち学生委員がパソコンを製造しているメーカーを訪問して製品の特色などを伺い、「自信をもって新入生におすすめできる」と思った機種を推奨モデルとして選んでいます。生協で扱っているパソコンは学生目線で選んだものばかりなので、使いやすさという点では間違いないはずです。
近田
「USBを差したままでもCDの出し入れがしやすくなるように、USBポートの位置を変更してほしい」といった学生の意見が実際に反映された機種もあります。
山口
学科によっては、WindowsとMacのどちらかが推奨される場合もあるので、生協主催の新入生むけの講習会()などに参加して、購入前に自分の学科の先輩の話を聞いてから選ぶと安心だと思います。

大学生協では、新入生のためのPC 講習会として、電源の入れ方などの基礎的な操作からサポートする「セットアップ講座(生協でパソコンを購入された方が対象)」、マイクロソフトオフィスの使い方を解説する「スキルアップ講座」などを開催しています(詳細は大学により異なります)。講習会は日時が決まっていますので、早めに生協へご相談ください。


全国の新入生応援サイトを見つける