近畿北陸地区 大学生の座談会


写真左から 阪南大学 2年生 岡 志穂美さん立命館大学 4年生 吉村 暢基さん
京都大学大学院 1年生 金澤 木綿さん

自己紹介と受験期について

自己紹介をお願いします。

岡 志穂美さん(以下岡さん):
阪南大学2年の岡志穂美です。よろしくお願いします。

吉村 暢基さん(以下吉村さん):
立命館大学の4回生になります。吉村暢基と申します。お願いします。

金澤 木綿さん(以下金澤さん):
京都大学の大学院、修士1回生の金澤木綿と申します。よろしくお願い致します。

学生の皆さんは、受験勉強は主にどこでされていましたか。


阪南大学 2年生
岡 志穂美さん

岡さん:
大学受験のときは、自分の部屋でしていました。

吉村さん:
自宅は自分の部屋でやっていまして、あとは勉強ができる環境だったので、高校の自習室等を使って勉強していました。

金澤さん:
家では勉強できないタイプの人間なもので、予備校の自習室をよく使っていました。大学院の受験の場合は、主に研究室でやっていました。

苦手な教科がありましたか。その教科をどのように克服しましたか。

金澤さん:
数学がとにかく苦手で、空間系や図形の問題が本当に苦手でした。克服できていたら、苦手とは言っていないので、まだ苦手です。克服するには、とにかく問題集をやって、分かるまで解き直すしかないかなと思いますね。

吉村さん:
数学と国語が苦手でした。数学に関しては大学受験で使わなかったのでやめていて、国語に関してはずっと苦手のまま克服できず、現在に至るような感じです。

岡さん:
理数系、数学とか化学、理科は大嫌いです。数学は高校1年で授業がなくなったのですが、高校1年の間はどうしても成績を取らないといけないので、父の知り合いの方で中学校の教師をしていらっしゃった方に家に来てもらって、なんとか成績だけは取ったけど、大学に入ってテストで補習に引っ掛かっています。結局たぶん、苦手は苦手なままなんだろうなと思います。

オープンキャンパスに行かれましたか。行かれた場合はいつの時期でしたか。


立命館大学 4年生
吉村 暢基さん

金澤さん:
京都大学のオープンキャンパスには、特に行っていないです。学校で、遠足的な感じで京大に行かされたり模擬授業を取らされたりしていたので、京都大学という場所には何度か行ったのですが、オープンキャンパスには行ったこと がないです。

吉村さん:
3年生の夏に行きました。立命館大学大阪いばらきキャンパスのオープンキャンパスに、8月ぐらいに行きました。

岡さん:
阪南大学のオープンキャンパスには行っていないです。別の大学のオープンキャンパスは、通うように行っていたのですが、阪南大学には受験まで行ったことがなかったです。

オープンキャンパスに行きましたか。行ってみてどのように感じましたか。

吉村さん:
モチベーションにつながりました。勉強している中で、その大学を実際に見て、ここに行きたいと思えたので、それがよかったです。

ご自身の進路選択にあたって、最も悩まれたのはどういったことですか。

岡さん:
第一志望の大学以外に、滑り止めで受験するかどうか迷いました。結果今は第一志望でない大学にいます。語学の勉強をするか、観光学の勉強をするか悩んで、そのとき一番興味があった観光に決めたのですが、今の大学でも勉強できると思い受験しました。

吉村さん:
僕はあんまり悩んだことがなく、関西である程度のところには行けたら良いなと思っていたので、取りあえずどこかに引っ掛かってくれという思いが強かったです。

金澤さん:
最初は法曹系に行きたかったんです。でもそのうち、私は法曹系に行って実際に何がしたいんだろうと不安になっていきました。それよりは勉強をもっと頑張りたいな、学問をやりたいなと思いました。大学は決めていたのですが、皆さんがおっしゃっているように、何々がしたいということがあんまりなかったです。むしろ、最初からしたいことや学問領域に縛られたくなくて、総合人間学部に入ったと感じです。

受験する大学の情報はどのように収集していましたか。また、どんな情報が参考になりましたか。最終的な受験校の選択については、どのようなことが決め手になりましたか。


京都大学大学院 1年生
金澤 木綿さん

金澤さん:
情報収集は、予備校や、高校で京大の先輩が何人か出ているので、京大の先輩と話す機会は多かったと思います。物心ついたときから京大という気がするので、あんまり他の高校、大学の受験を考えていなかったです。

吉村さん:
情報収集は、学校と大学のホームページですかね。決め手は、取りあえず近さと大学ができてまだ3年、2年くらいだったので、きれいでこういうところでキャンパスライフを送りたいなと思い決めました。

岡さん:
情報は、高校の先生とか、あとは大学のサイトとかを見てやっていましたね。大学の決め手はやっぱり学部です。当時、高校でやっていたことの延長線上で、今後も自分のやりたいことができる学部が見つかったので、ここにしようと思いました。

拠り所にしていたということは何かありますか。

岡さん:
高校の先生とよく話していました。分からないこと、教えて欲しいことは、塾も行っていなかったので、学校の先生に教えてもらいました。それだけでなく、しょうもない会話とかも先生として、頑張れと言ってもらえて、すごく頑張れたかなと思います。

金澤さん:
大学受験のときは、予備校の子たちも河合塾や駿台予備校みたいな大きなところじゃなくて、小さいところだったので、受験の前日くらいに、みんなでお総菜を持ち寄ってパーティーをするようなゆるい関係でした。周りを蹴り落とせみたいな、そういう話は全然なかったのが、すごく前向きに頑張れる原動力にはなっていたのかなと思います。

一人暮らしについて

全国の新入生応援サイトを見つける