保護者版 大学進学ガイドブック

全国に数多くある大学生協が
快適な大学生活バックアップ!

主体性が求められる学生生活をサポートしていきます。Backup01

明治学院大学 教授
武川 正吾先生
(東京大学生協 前理事長)

東京大学生協

18歳選挙が導入されたものの、現在の日本の高等教育の制度の下では、大学に入ったからといって一気に大人になるわけではありません。大学生の多くが学費面でも生活費の面でも、保護者に頼らざるをえないというのが実情でしょう。その意味で日本の大学生はまだまだ一人前とは言えないかもしれません。

しかし大学での生活は、高等学校(あるいは予備校)までの生活とは大きく異なります。授業の取り方、自習への取り組み方、課外活動のあり方。そもそも大学はそれまでの学校と違い、自らの判断で使える時間が長くなりますから、否が応でも主体的な生活態度が要求されます。勤勉に暮らすも自由、怠惰に暮らすも自由。その意味で大学生は大人です。

大学生協は、新入生のみなさんが自立した学生生活を始めるにあたってのお手伝いをし、また、入学後は主体的な学生生活の質を高めるために様々な面からサポートをしていきます。どうか大学生協を活用して有意義な学生生活を送ってください。

と同時に、入学後は大学生協の活動に主体的に関わっていただけたら、うれしく思います。というのは、大学生協は大学構成員である学生と教職員とで協力しあって作っていく組織だからです。

とくに女子学生のみなさん、よろしく。政府は女性登用の目標を30%としていますが、国際的には40%が標準です。大学生協としては国際標準を目指したいところです。

現役の先輩が大学生活のスタートをまるごとサポートBackup02

東北大学生協新入生サポートセンター 髙橋 俊英さん高塚 雄太さん
サポートセンター長 高橋 健介

東北大学生協

大学生協のサポートセンターでは現役の大学の先輩が、新入生の大学生活の準備をスムーズに進められるように生協・共済加入、住まい斡旋、新生活用品、パソコン、電子辞書などの教材の準備のサポートをしております。サポートセンターで扱っている商品・サービスは、実際に大学の先輩が選定した商品もあり、すべてが大学生に最適なものとなっております。

また、サポートセンターでは現役の大学生と直接話ができるので、大学生活すべてが初めての新入生の不安や疑問をその場で解消することができます。高校から大学へ進学するにあたり、大学の授業の組み方・初めてのひとり暮らし・サークル・友達作りなど、新入生には様々な不安があると思います。その不安や疑問を私たち新生活サポートセンターのスタッフが責任も持って解消いたします。

さらに、大学生と個別に話ができるだけでなく、様々な説明会(ひとり暮らしをする方向け・学生寮に通われる方向け・自宅生向けなど)も開催しております。自分の大学生活に合った説明会に参加して、大学生活のイメージを膨らませることもできます。

最後に、サポートセンターは「新入生のために」を大切にしております。新入生の大学生活のスタートを安心して送れるように。また、入学してからも安全に4年間過ごせるように精一杯サポートさせて頂きます。入学が決まったらまず大学生協のサポートセンターへお越しください。サポートセンターで働く職員・学生スタッフ一同新入生のお越しを心よりお待ちしております。

安心して学生さんに食事の時間を楽しんでいただくために!Backup03

東洋大学生活協同組合 食堂部店長 松本 真一さん

東洋大学生協

すべての学生さんに安心してご利用いただけるように、衛生管理には細心の注意を払っています。「食育」を中心に、トレーサビリティの強化、「安全・安心」な食事の提供を心掛けております。学生さんはいつでも好きなものを選んでいただけるように、提供する立場から努力を重ねております。

私共のサービスとして、パソコンで自分の食事管理を見る事ができる、交通系ICカードと連携した「学食パス」があります。混雑緩和にはとても有効で、小銭を準備しなくてもワンタッチでスムーズに食事が取れるのが人気のようです!