奨学金とは?

イラスト

奨学金は主に、高3時に在籍高校を通して申し込む「予約採用」と、進学後、大学などを通して申し込む「在学採用」がある。また、多くの大学でも独自の奨学金制度を設けており、最近は返済義務のない給付型のものや、入試の成績優秀者の学費を減免する特待生制度が充実している。このほか、自治体の奨学金制度や、企業などが設立した育英団体の奨学金制度もある。

 なかでも一般的なのが「独立行政法人日本学生支援機構」の奨学金。大学、短大、専門学校など、進学先を問わずに利用できる。卒業後に返済義務のある貸与型で、無利子の「第一種」と有利子の「第二種」がある。申し込みに際しては学力や世帯収入に一定の基準があるが、第二種のほうがより条件が緩やかだ。近年、奨学金受給者は減りつつあり、その理由として、返済に関する不安が挙げられる。就職難や卒業後3 年以内の離職率が騒がれる昨今、借りた奨学金をきちんと返済できるか不安に感じる家庭が多いことがうかがえる。

 奨学金を利用する際は、しっかりと情報収集をし、返済のことも視野に入れ、自分にあった奨学金を見つけることがポイントとなる。

日本学生支援機構の奨学金 貸与月額(2018年度大学入学者の場合)

  国公立 私立
第一種奨学金
(無利息)
自宅通学 自宅外通学 自宅通学 自宅外通学
4万5000円 5万1000円 5万4000円 6万4000円
金額は最高月額。いずれも2万円〜複数の金額が設定されており、選択が可能
第二種奨学金
(利息付)
月額2万円〜12万円(1万円刻み)
※1 私立大学の医・歯学の課程の場合、120,000円に40,000円の増額が可能
※2 私立大学の薬・獣医学の課程の場合、120,000円に20,000円の増額が可能

全国の新入生応援サイトを見つける