受験生(高校生)の保護者座談会

親からみる大学受験について

保護者の目線で、お子さまは、大学受験に対して、こう考えているのではないかと思うことを教えていただきたいと思います。

佐藤さん:
3年生の子は、もう学力で勝負するしかない、勉強で合格するしかないと勉強しています。1年生の子は、まだ夢見る夢子さんの状態で、大学ではあれをやりたい、これをやりたいと夢をふくらませて考えているような状態です。

吉田さん:
本人の中では、薬剤師を目指していきたいというのがあり、大学もそういうところに興味を持っているみたいなのですが、まだ現実が見えていない状態ではないのかな。

小坂さん:
うちはもう2年生で、学校の先生の方からは、修学旅行がある11月までには志望校を決めないと駄目だと言われているんですけど、まったく何も考えていなくて、大丈夫なのかなと心配です。今理系のクラスにいるんですが、やっぱり文系にすると言い出して、そこも心配な点です。なんで理系をやめるのか聞いたら、最初は工学部系を考えて、理系と思っていたんだけど、1年生の夏休みに私立のオープンキャンパスに2校ぐらい一緒に行ったんですね。そこで見たものだと、やりたいこと、自分の向いている方向性のものがその学校にはなくて、やりたいことと近いのが文系の学部になってしまうので、文系の方にシフトしようかなという感じですね。ただ、今はそう思っているけれども、3年生になってもその気持ちが続いていれば良いんですかど、ちょっと思い付きで言っているようなところがあるので、そこは塾の先生、学校の先生とも相談したうえで、本人の納得のいく方向に持っていきたいなとは思います。

水江さん:
男の子だからというのもあるですども、本当に話をしてくれないんですね。別にそんなにひどい反抗期というわけでもないんですけど、あまり学校であったこと、先生から言われたことを話をしてくれないので、何をどう考えているのか、正直ちょっとよく分からないんですが、ただ以前から都市開発に興味があるということを言っているんですね。今小坂さんと同じクラスなんで、理系なんですけれども、海外にもすごい興味を持っていて、とにかく海外に行きたい、いろんな所に行きたいと言っていて、漠然とそういうところはあるんですけども、どういう大学に進みたいかというのまでは、本人も決まっていないようなんですね。11月までにと先生には言われてはいるんですけれども、ここに決めて頑張るというのはまだ見えていないです。

加藤(由)さん:
高校に入ってすぐは大学って何っていうイメージがなく、学校の進路遠足では海洋大学を申し込み半日ぐらいお邪魔して、いろんなタイプの研究室を見たり、大学を案内されたりして。それがすごい楽しかったらしいです。2年生になって、オープンキャンパスにも夏休みとか部活のない、行けるときに行っていました。理数系をなんとなく希望していたので、理数系の大学をいろいろ回ってみて、イメージが少し芽生えて、だんだん自分の行きたい方向性みたいなのが定まってきました。本人が3年生になる前にやっぱり生命科学という分野の方が良いと絞られてきたようです。受験をする方向が決まって、大学のその先、職業をどうするのかというイメージは、まったくまだ何もないんだと思うんですが、たぶん一番興味があるのは、その生命科学なので、そういう方向の受験をしたいと言っています。普段、本当にしゃべらない男の子なんですが、実際に大学に行ったことですごい刺激を受けて、こういう方向に進みたいというのがちょっと強くなったみたいです。

稲場さん:
うちは一人っ子なので、スロースターターなところがあるので、高校1年生の夏休みからインターシップや体験学習、学校公開等に参加しました。2年生の秋ごろから志望校を絞り、気になった大学には何度も惜しげなく通いました。3年生の夏休みは、インターシップで調剤薬局へ行き、調剤師さんから薬科大へ進学するよう勧められました。レポート提出をしたら担任より、文系志望が理系に行くから、進路はまだ迷っているのか、それとも変更するのかと言われました。
娘としては、今だったらいろいろな職業体験、学校見学に行けるからと軽い気持ちで参加したとのことです。将来の職業については、国際関係で通訳とかガイドをして、日本に来る外国のお客様に日本の良いところをお勧めしたいそうです。日本語以外の言葉も習得しなければならないので、1年生の時にフランス語を選択しましたが、なんとなく自分と合わないとのことで、2年生はスペイン語に切り替えました。そうしたら相性が良かったのか、一生懸命勉強をして学年トップになりました。主人が冗談で、本当に習得できているなら1番をキープしないと習得したと言えないと言うので、娘は頑張って3年生になっても1番をキープしております。

ただ、スペイン語を使って大学受験を出来る学部、学科がほとんどないのが現実で残念です。
本人の得意科目は、英語、スペイン語、世界史、化学、物理なので、その科目で受験できる大学があればと先生に尋ねたところ、そんな学校は日本にはありませんと言われたそうです。文系も理系も一緒に受験するなら国立大学、それにはセンター試験をクリアしなければと。

単位制全日制の高校なので、選択科目は本人が決めるので、どうしても偏ってしまいます。
お友達が数Ⅲ、数Cを取っており、休み時間に宿題をするので、基礎はわからないが公式は覚えて、中途半端に娘が回答をする。部分的に数学を学習しているみたいです。

娘としては、選択授業のほとんどが語学系なので、センター試験対策は無理と判断し、AO入試に目標を定めたそうです。ただ、AO入試だからと言って、面接がメインではなく、学力テストや一般常識のテストもあるので、どのような対策をしたら良いのか葛藤している毎日です。

加藤(高)さん:
うちの娘は、その大学しか受けないって言っていて、高校2年の時に、選択制なので世界史を絶対に取りなさいと担任の先生に言われたんですけど、行きたい学校に世界史がないんですね。ただ、そこを落ちた場合に、やっぱり先生的にはもう1校受けなさいという意味を込めて、世界史を取りなさいと言われたんですけど、うちの娘は、行きたいところがそこしかないので、世界史を覚える時間があるなら、他の受験科目を覚えると言っています。もうそこに行くイメージしかないので、落ちたときに、次の勉強に切り替えるのが一番怖いって、本人はたぶん思っているはずです。今は一応書類が来ただけでるんるんなわけです。まあ、受かったわけではないんですが。最後の面接で落ちたときに、本当に勉強に切り替えて間に合うかなと、一番それが怖いと言っています。

清水さん:
うちの子は、高校に入ったときに警察官になりたいと思っていたんですけど、最近、自衛官になりたいと言い出して、志望校が変わり、今まで以上勉強をしなくては、ならなくなり、塾での勉強時間も、先生と相談しながら、やっています。

大学受験を控えて不安なこと、大学に望むこと

全国の新入生応援サイトを見つける