受験生(高校生)の保護者座談会

大学受験を控えて不安なこと、大学に望むこと

大学進学を控えて、一番不安な点は何でしょうか。大学に対しての関心、大学に期待すること、大学にオープンにしてほしい情報はございますでしょうか。

佐藤さん:
私は、大学受験は本人の問題だと思っているんです。高校受験は、親と子ども半々。半分ぐらいは親も一緒に受験校選びなど、やってあげないといけないような気持ちはありますけれども、大学受験は、まったく本人の問題だと思っています。受かったって、落ちたって、本人の問題なわけだから、私の知ったことじゃないと言うか、あなた次どうするのと聞くだけなので、不安は別にないですね。本人が入ったならば、大学にこうしてほしいと本人が思うことは出てくるかもしれませんけれども、私から大学に望むことは特にありません。


吉田 有希子さん
(長男が千葉県立高等学校1年生)

吉田さん:
私もやっぱり大学受験になったら、もっと自分できちんと考えて欲しいというのがあって、そこがまだまだ足りていないなというところが、本人に対してちょっと不安に思っているところです。本人自身は、今のところ家から通える所で受けたいという希望があるので、遠くに受験に行くという心配自体はないんですけど、そうはいってももうちょっと自立して考えていって欲しいです。大学に対してオープンにして欲しい情報というと、私の頃に比べると、ホームページを見ればだいたいのことが分かってきたりするので、そういうところは情報がいっぱいあって良いなと思っています。早く知りたいなというのは、受験の科目が、どういう科目や範囲になるかって、やっぱり早く知りたいなと思います。

小坂さん:
うちは推薦とかAOとかはまったく考えていなくて、一般入試でいこうというのがあるんですけれども、まずそこで一番気になるのは日程ですよね。自分の志望する学校と滑り止めで受けるような学校と日程がかぶったらどうしようとか、そういうのがあるのでまず日程は早く知りたいです。科目については知りたいのもあるんですけど、だいたいどこも毎年同じような傾向にはあると思うので、その点に関してはそんなに心配はしていないんですが、日程ってどうしようもないので、なるべく早い時期に知りたいなというのはあります。あと大学にオープンにして欲しい情報というのは、大学を受けてもいないのにその先を考えてどうするのという気もするんですけど、うちは男の子だから余計に、就職先の情報を開示して欲しい。あとそこに何人入ったか、そこも結構大事なポイントになってくると思うので、就職先というのを一番知りたいなというのがあります。あと就職に関して、どのような指導を学校側でしてくれるのか、そこは知りたいところではありますね。

水江さん:
うちも一般受験を今のところ考えているんですけれども、本人はとにかく家を出て自立したいと言っています。それに対して、私も主人もまったく反対はしないで頑張れと、行きたいとこに行けと、海外でもどこでもいいぞと言っているんですが、そういう県外の自宅から通えない所の大学へ行くときに、生活費がどれぐらいかかるのか、そういう金銭面は不安ですね。その他のところは、やっぱり本人が、住む所とかも一番興味を持って自分で情報を集めていると思うので、親として大学に期待とか、情報というのはあまり今のところ考えてはいないです。

加藤(由)さん:
大学進学で不安な点というのは、やっぱり金銭面で、どんなときに、どんなものにお金がかかるかというのは、知りたいと思います。どういうものにどれだけお金がかかるのか、多少の不安はあります。大学への私の期待というのは、これからの就職先とか、それからいろんな企業に行って、学びながら仕事を体験できることが、大学生活の中に組み込まれていってくれればなと思います。オープンにして欲しい情報というのは、やっぱり先ほどの就職先のことも分かれば良いなという感じです。


稲場 靖恵さん
(長女が東京都立高等学校3年生)

稲場さん:
娘と何回かオープンキャンパスに参加しておりますが、2回目、3回目と同じ先生にお会いすると、お互い顔を覚え、名前も思えて下さり、学校でのキャンパスライフや試験内容などいろいろとお話しをして下さります。今後少子化の問題で、学部の統廃合が見込まれているということで、娘の希望した学部があと数年でなくなってしまうところもあります。大学を卒業する時に学部がなくなるのは悲しいと思いました。短期留学の体験から、2年間プログラムでの留学も考えましたが、世界情勢や治安等で悩んでいるところです。

大学に期待することは、5年計画、10年計画といった学部新設の話、統廃合による定員の増減、入学から卒業までの短期計画の発表や目標を公開してほしいです。
3年生の11月や12月になった時点での公表は、進路変更がしづらいので、せめて夏ごろには教えて欲しいです。

卒業後の就職先についても、ここ2〜3年の状況を教えて欲しいです。パンフレット等は概ね10年間位の内容が掲載されており、大学の就職担当者に伺っても、大学に入学しましたら進路指導でお話ししますのでは、今は説明出来ませんとの回答がほとんどでした。

大まかでもいいので、この大学のこの学部を卒業したら、どういうところに就職出来たのか、
この大学はどの分野に就職率が多いのか等、受験前に知りたいです。

加藤(高)さん:
進学を控えて不安なところは、金銭面は置いておいて、受かるかどうかですね。それが一番不安ですが、あとは大学に期待することは、自分の子どもが選んだことで、子どもが行きたいわけだから、娘に任せているので特にはないですね。

清水さん:
初めの希望は警察官だったので、それを一生懸命家族でいろいろ調べていたのですが、急に志望校を変えてしまったので、最近、自分で一生懸命調べているようなので、ちょっと子どもに任せようかと思っております。

一人暮らしについて

全国の新入生応援サイトを見つける