全国区組合員保護者座談会

その他、大学生協に関して

大学指定や大学推薦のパソコンがあったか、また、購入された場合、どちらで購入されたかというところについてお聞きしたいと思います。

土橋さん:
大学生協でパソコンは買いました。Windowsかアップルかで迷いましたけれども、大学はWindowsだったんですけれども、アップルを買いました。故障があったときも、その場で対応してくださるというところと、パソコン講座があったので、今後困らないだろうということで生協にしました。その時に、付属の物も付いていたんですけれども、ちょっと迷って、アップルにもパソコンのパンフレットを持って、Mac Proかどっちにしようかと聞きに行ったんですね。そしたら、それを見られたMacの方が、「こういう属品が付いてこの値段であれば、やはり、保証のことも考えて、こちらで買われる方がいいんじゃないですか」ということも後押ししてくださって、そのまま買いました。

上村さん:
私は前年の入学説明会のときに大学指定のものを見ていたので、同じ型番を勧めました。合格祝いに上野の電気店で買ってもらっていました。

白さん:
いろんな一人暮らしの物をそろえる段階で、自分で気に入ったパソコンを一緒に買っていたので、大学指定とか推奨のパソコンは買っていないです。

平柴さん:
うちは中学3年生のときにパソコンを買っていたのを、そのまま持って行きました。

中島さん:
大学生協のパソコンを購入しました。メリットは4年間在学中の保証があることです。何かあったらすぐに見ていただけたり、わからないことを聞きにいったり、助かっているようです。

もともと大学に入るときに、パソコンが必要なんだということを認識されていましたか。

土橋さん:
私は長女の入学のときに知りましたけど、次女とは6年差があるんですが、今、高校の間にパソコンを使う授業があるんですね。高校でも使うので、大学でももしかしたらやっぱり初めからいるのかなという気はしてたんですが、高校から大学になってもパソコンは使うので、ノートパソコンは要りますよっていうのが、高校1年生の夏ぐらいから説明がありました。授業でも使うし、必須になっていますという説明は受けたので、どの保護者の方も迷いなく、もう量販店で買うのか、それとも大学生協で買うのかというぐらいの差で、全員が購入したと思います。

上村さん:
うちは、家族全員個人のパソコンを持っています。息子は高校入学のときに、高いスペックのものを祖父に買ってもらっていたので、それでいいんじゃないかと思っていたんです。前年の入学説明会時、パソコンの説明に来ていた方に相談するとやはり大学の推奨するパソコンを新しく買った方がいいという回答でしたので、覚悟はしていました。

白さん:
うちは、もともと自分用のを持っていて、それが、高校生のときにだいぶ調子が悪かったんです。家でも家族みんなパソコンを扱ったりするので、1家に1台はいるだろうという考えで、一人暮らしをするなら、やっぱりパソコンは絶対いるだろうなとは思っていたので、最初からもう用意するつもりではいました。

平柴さん:
うちは使っているのがまだ使えるので、そのまま使えばみたいな感じでしたね。

中島さん:
パソコンが必須だということは知っていました。本人はまだ自分用のものをもっていなかったので、新しく購入する準備はしていました。

先ほど言われたように、国立大学の方が、今パソコンが必携化というか、自分のパソコンを大学に持って来て、そのパソコンで授業をしますという所が増えてます。

平柴さん:
出欠もそれで取るんですよね。

以前はパソコン教室とかが必ず大学校舎の中にあったんですが、やはり、予算の関係と買い替えなきゃいけないというので、維持管理ができないということで学生さんに持って来てもらう形になっています。逆に地方の私立にいくと、パソコン教室がしっかりと整備している所があって、特に持って来なくてもいいですよという所もあったりします。

電子辞書ですとか、教科書の教材の購入。ここの2点を購入されたのかと、購入された場合、どちらで購入されたかということもお聞かせいただければと思います。

土橋さん:
大学生用の物がいるというふうに書いてあったと思うので、電子辞書を買わせていただきました。教科書、教材も、もちろん購入しております。

上村さん:
電子辞書は、高校まで家用のを使っていたのですが、大学生用のものが必要だというので買っています。教科書と教材も買っています。

白さん:
電子辞書は高校のころに使っていたのを、そのまま使っていると思います。教科書や教材は買ってます。

平柴さん:
電子辞書は語彙数が違うらしく、新しく買って使っています。4月と10月に生協さんのポイントがもらえるという時期らしくて、その時にちょっと多めにチャージするようにしました。多分それを教科書とかに使っているんだろうなって思っています。

中島さん:
電子辞書は、高校のときには古典、国語、英語で必要だったので、その時に学校の取次書店から一括で指定の物を購入しました。大学に入ったときには、その電子辞書で使える第二外国語のSDカードを、大学生協で追加して購入しました。教材は本人に任せています。

大学生活全般ということで、大学の授業、購買、食堂についての利用があるかどうかということをお聞かせ願いただければと思います。

土橋さん:
授業については地頭が良くて勉強しなくてもいい方がいらっしゃるというのを本人が分かったみたいで、できる方は本当にできると言っていました。だから、自分も努力しなければいけないと。大学生協は、いろいろな面で利用させていただいています。大学の中にコンビニとか入っていますけれども、それとはまた別のメリットもあるので、購買に行っています。食堂については、学食パスを利用していて、メールで今月はこんな物を取り組んでいますとかいうメールが飛んできたり。あと、100円朝食というのがあって、1週間100円で、和と洋のメニューが食べられるんです。すごいボリュームがあるんですけど、それを食べに行っているようです。そのメールを取らないと見落とすらしく、みんなそのメールには感謝していると聞いています。

上村さん:
授業については面白いものもあるといういい方をしていました。購買や食堂については、大変お世話になっていると思われます。

白さん:
授業は私は細かくあまり聞いていないんですけど、山中先生とか、山極総長の授業はやっぱり面白くて、すごく人気もあるらしいです。購買店は、「Kyoto」って書いてあるスウェットを買ったり、いろいろお世話になってます。食堂はお魚メニューがちょっと充実していないらしくて、それは親としてももうちょっとお魚を食べて欲しいなと思います。

平柴さん:
うちは授業の話は全く聞かないです。あと、購買店は、本人がよく利用しているようです。

中島さん:
1年生のときは基幹教育で本人はきつかったり苦手な授業もあったみたいです。2年になりメインキャンパスに移ってからは特に面白くなり、一所懸命よくやっているのではないかと思います。購買店と食堂については、1年次のキャンパスの方が充実していました。

親御さまのインターネット利用について、普段からインターネットを使ったお買い物をされているかとか、主に利用されているサイトなどがあればお聞かせいただければと思います。

土橋さん:
手に入らない物とか、デパートとかそういう所にないものは、インターネットを使って買い物をしたりします。特に忙しいときに本が必要なときは、Amazonで本を購入します。

上村さん:
ペット関連のものや本などはほぼAmazonで購入しています。 靴や化粧品などもメーカーが決まっているのでお店のサイトから買います。

白さん:
私もよく買います。服とか靴も買っちゃいます。結構何でも買って、お布団も買って、ぺっちゃんこで返品したこともあります。家まで届くしやっぱり楽なので。

平柴さん:
インターネットは私は使ってないです。

中島さん:
利用しています。やはり書籍や電気製品など、Amazonで取ることが多いですね。他にはAmazonと楽天を比較してという感じで、あまりたくさん見ると疲れるのでそれで選んでいます。

卒業後の進路について、ご子息とお話しすることがあるかどうか、お聞かせいただければと思います。

土橋さん:
まだ詳しくはないですけど、卒業したらこうありたいというような希望というようなのはあります。話します。

上村さん:
まだ1年生ということもあり、卒業後のことについて話すことはありません。でもつい先日、「大学院に行きたい」と言われました。後は在学中に1年位旅をしたいと。

白さん:
うちは理系だし大学院まで行くんだろうなと漠然とした考えもありますけど、今の段階では、どういったことに興味があるのとか、それぐらいしかまだ話はしてないです。将来について、心配なことも別にないです。

平柴さん:
本人もいろいろころころと言うことが変わっているので、とにかく自分が楽しく生きていけるように、仕事が見つかればいいなとは思います。取りあえず自立というか、独立してもらえればいいなと思っています。

中島さん:
最近よく話しますね。特に3年生になって、インターンシップをどうしようかと。工学部はほとんど大学院に進学するようですが芸術工学部は半々で、就職される方も多いようです。本人も研究より社会に出て仕事をする方が向いているかなという話をしていて、そこでさらに公務員か民間かということも考えるところです。落ち着いてしっかり信頼できる情報を収集して考えれば大丈夫だからという話をしています。

2018年8月4日(土)大学生協杉並会館にて

全国の新入生応援サイトを見つける