東京地区保護者座談会(2019年開催)

写真左から
森田 美雪さん(長男が東洋大学情報連携学部3年生)
竹内 きぬ代さん(次女が東洋大学社会学部3年生)
松井 真由美さん(三男が東洋大学機械工学部3年生)
牧 伸子さん(長女が東洋大学ライフデザイン学部2年生)

大学受験について

最初に簡単に自己紹介をお願いします。

竹内 きぬ代さん(以下竹内さん):
次女が東洋大学社会学部3年の竹内日奈子の母です。娘に誘われ参加しました。

牧 伸子さん(以下牧さん):
牧と申します。娘が東洋大学ライフデザイン学部健康スポーツ学科で、2年に在籍しております。一人っ子なので、いろいろな保護者様とのつながりが薄いというのもあるので、いい機会にして、皆さんのお話が聞けたらなと思い参加しました。

松井 真由美さん(以下松井さん):
息子は東洋大学川越キャンパスの、機械工学部3年です。男の子3人の三男です。上二人は、もう、それぞれ社会人になっております。何かお話の中で、私の子育て経験からお伝えできることがございましたらと思い、このたび参加させていただきました。よろしくお願いいたします。

森田 美雪さん(以下森田さん):
長男が東洋大学の情報連携学部に通っています。よろしくお願いします。

まず受験勉強について、いつもお子さんはどこで勉強されていましたか。


竹内 きぬ代さん
(次女が東洋大学社会学部3年生)

竹内さん:
高1の夏ぐらいから、学校で塾のように、自習ルーム兼苦手な部分を教えてくれる講座を取ることができたりして、自習ルームも自由に夜の8時ぐらいまで使えたので、そこで勉強していたのが一番多かったと思います。

牧さん:
基本的に家では、自分の部屋です。ただ、家にいると落ち着かないからと言って、やっぱり塾での学習が多かったと思います。

松井さん:
私の家庭では、三男ということで塾には行かせておりませんでした。自宅では自分の部屋で勉強していたかと思いますが、あとカフェも利用していたかなと思います。本人から後から聞いた話ですけれども、やはり学校の放課後に、図書館だったり、そういった場所も利用していたそうです。

森田さん:
うちも塾には行っていませんでしたので、自分の部屋と、あと学校の自習室が8時ぐらいまでやっていたので、そこで。あと休みの日は図書館ですかね、ちょうど学校から家まで帰る途中に、きれいな大きい図書館があったので、そこに時々行って勉強していたようです。

お母さん方は、必ず家にいらっしゃる感じですか。自宅で勉強されないというのは、他の方がいて、自分一人の空間を作りたくて外に出ているんですかね。

森田さん:
私は、ほぼ昼間は家にいないんですが、妹がいますので、必ず家には誰かがいる状態です。

松井さん:
私もそうですね。終日勤務しておりますので、帰宅時間が早くても18時ごろになります。私が帰宅してから子も帰ってくる状態でしたので、それまでは、やっぱり図書館、学校を利用していました。兄弟もおりますので、一人の空間というのが、なかなか作りだせない。ですから、自宅ではなくて、外でしていたかとは思いますね。

竹内さん:
私は、パートをしていたので、昼間は割といなかったんですが、娘が帰ってくる、だいたい夕方6時過ぎぐらいであれば家にいました。姉も、あのころはまだ大学生で、自宅は、なんだかがちゃがちゃするときもありました。

牧さん:
私は帰りが9時、10時とかになってしまって家にいないのですが、おばあちゃんがお家にいて、いろいろと口を出されるのが嫌ということもあるのかなと思いました。本人に聞いたことはないですけれど。でも、落ち着かないからということもありますし、学校から塾に行ったら、そのまま塾で10時ころまで勉強していました。

親御さんからご覧になって、お子さまの苦手な教科でお気づきの点があれば教えてください。

竹内さん:
苦手な科目があったから国公立は除外して、私大文系になったのだと思います。行きたい学部がやっぱり文系の学部だったので、高校生になったぐらいにそれは決めていましたね。


牧 伸子さん
(長女が東洋大学ライフデザイン学部2年生)

牧さん:
たぶん、みんな苦手だったと思うんですけれど、英語は、あんまり点数がよくなかったなと思っています。今の時代、英語は必須だろうと思って、歩いて行ける距離に隣のお姉ちゃんが通っていた英語の塾があったので、小学校から通わせていたはずなのに、全然英語が伸びなかったです。オープンキャンパスに行くと、ここはこんな留学の制度があってというのが、私は興味があったんですけど、本人は、まったく興味がなかったみたいなので、たぶん英語が苦手でした。

松井さん:
文系か理系で、とても悩んだ時期がありまして、その判断には、我が家は兄の助言がとても大きかったと思います。高校での英語は、結構上位にはいたんですけれども、とにかく全国レベルで英語の勉強をしろということを兄からは言われていたと思います。受験に関して私大を選んだのも、もちろん苦手科目が多かったということもあるんですけれども、とにかく英語教科は頭には入れていました。

森田さん:
うちは、おそらく理系が苦手だったから文系に行ったと思います。高校2年生で文理に分かれるときに、点数を本人が上げられないと思ったのか、文系以外に考えられなくて、そこからずっと文系の勉強をしていたみたいです。

お子さまが受験勉強中、大学入学にあたって心配だったことはありましたか。

竹内さん:
本人がやるしかないと思っていたので、黒子に徹して、ご飯はちゃんと作っておく、お弁当は持たせるということをしていました。また、主人が40歳のときに生まれた子で、20歳のときに60歳で定年になるので、とにかく大学4年分の学費は、今のうちに確保しておかなくてはいけないというのはありました。ただ、4年でちゃんと卒業してねという条件付きですけれど。

牧さん:
ちゃんと大学に入れるかという心配はありました。できれば国公立に入って欲しいという気持ちがあったんですけれども、どこに行きたいのとか、どうしたいの、将来何になりたいのというのは、あまり言わないで、そっとしておきました。心配は、いっぱいあったんですけれど、私自身仕事も遅くまで働いていて自分のことで精いっぱいだったこともあり、私が一生懸命働いている姿を見せることで、子どもがどんな風に感じてくれるのか、何を目指したいのか、子どもを信じて、あまりくよくよ考えないようにしていたなと思います。

松井さん:
家庭の環境もあり、本人は費用面では、とても心配しておりました。就職の道の方が良いのかと、家族会議でも話し合いました。上の兄弟二人を私学に出していたのですが、兄二人のからも、大学に入ってから自分のやりたいことが見つかると助言がありました。とにかく子どもには、費用面は心配しなくていいからと言いましたが、4年間行かせることができるのかなという、私自身もとても心配でした。東洋大学は奨学金も充実しているので、昨年から奨学金を得て、何とか後期も免除の対象になるのかなと、そういう大学側の配慮には、とても感謝しています。

森田さん:
とにかく大学に受かるのかどうかを一番心配はしていたかと思います。塾には高校1年生の春休みぐらいまでしか行っていなかったので、予備校へ行かせた方がいいのかと考えていたのですが、本人が行きたいと言うこともなかったので、こちらからも言わず、自力で頑張っていました。ただ、とにかく健康面には気を付けて、朝食、お弁当、帰ってきてからの夕飯、あと家族みんなが病気にならないというのを心掛けていました。

お子さまとオープンキャンパスには行かれましたか。

竹内さん:
4学年上の姉がいるんですが、そのときから私は行っていません。本人たちが行きたいところなんだから自分の目で見てきなさいというのと、学校側からもオープンキャンパスに行くことが夏休みの課題の一つのとして出されていたこともあり、本人たちだけで行っていました。

牧さん:
高3の秋口に、一緒に行ったのが1大学、あとは友達と行ったのが1、2大学あると思います。また、甥っ子に電話をして「通っている大学を案内してよ」と言って、行かせたケースもありました。


松井 真由美さん
(三男が東洋大学機械工学部3年生)

松井さん:
オープンキャンパスは、とても遅い時期だったと思います。悩んでいた時期だった高3の夏だったと思います。友達に誘われたからと、学校からの夏休みの課題のもありました。とにかく兄二人の大学には行きたくないとそこは選んでいませんでした。法政大学、成蹊大学、あと早稲田大学といった3校ほど回っていましたね。私は同行しておりません。本人に任せていました。

森田さん:
うちも一緒には一度も行かなかったです。高校1年生の夏休みに、オープンキャンパスに行って課題でレポートを書いていました。夏休みの宿題だから仕方なくなのか、行きたい大学だからなのか、分からないんですけれど、行っていた記憶があります。その後早稲田だったかな、1校ぐらいかな、本人だけで行ったような気がします。

親御さんが進路選択で一番悩んだことがあれば教えてください。

竹内さん:
本人が一番悩んでいるだろうし、希望のところに行ければいいなというように思っていました。

牧さん:
国公立がまず一番と思ったのですが。でも国公立だけでしぼるのは、難かったので、まずは、入れそうなところを受験しましょうという感じでした。受験のスケジュールを見ながら親としてはあんまり口出しをしなかったです。

松井さん:
大学の特色を、本人はとても調べていました。かなり自分で調べて資料等も自宅に残っています。あと兄たちのアドバイスはもらっていたような気がします。

森田さん:
私が悩むということはなかったです。大学も学部もすごく種類があって、ここは何を勉強しているのかが、保護者にとってはまったく未知の世界で、こちらから何かしたということはなかったです。

お子さまの進路選択にあたって、どのようなアドバイスをされましたか。

竹内さん:
特にしていません。

牧さん:
していないかもしれません。教職の先生になるつもりはないのとか、何となくにおわせたりはしましたけれども、これが向いているわよということもなかったですね。

松井さん:
志望校の選択にあたっては、自分が何をやりたいのかというのが、本人も絞り込めていなかったと思います、高3ではなかなか難しいのかなと思いました。本人は、ネットで現役の大学生の声とかいろいろと調べていましたし、今はネットでいろいろ調べられる時代なのかなと思います。


森田 美雪さん
(長男が東洋大学情報連携学部3年生)

森田さん:
本人から教育学部に行きたいと言われたときに、主人は、これから子どもの数が少なくなるから先生の需要どうなのか、教育学部を卒業しても違う職に就いてしまうのではもったいないとか、話していたみたいです。私からは、アドバイスはほとんどできなかったのですが、ただ、遠くに行かせて一人暮らしをさせるのではなく、家から通わせたいというのもあったので、そこは言った記憶があります。

お子さまの受験大学の情報は、どのように入手されたか、どのような情報が役立ったかを教えてください。

竹内さん:
保護者会のときに、小冊子をもらってきたぐらいですね。ただ、学部名とか全然統一されていないし、ここの学部は社会学部だけれど、他の大学だと何とか学部で、自分も情報の中で迷ってしまったような感じがあります。

牧さん:
本人は、塾の先生や高校の先生と話をする中で情報を得ていたようです。うちの娘は、健康が取り柄なんです。だから、スポーツ学科とか、健康何とかとか、そういうところを探して、自分の取り柄を生かせる大学を自分なりに選んでいたと思います。私も教育職に就いているということもあるので、学部学科のアドバイスはしたかと思います。また、部活の先輩が高校に訪ねてきて、大学の情報は、いろいろ話をしてくれることがあったようです。その先輩がインスタなどやっていますよね。そういうのでもその大学の雰囲気を知ることができたようです。もういまどきの人達にはついていけないと思いました(笑)。

松井さん:
子どもは、結構交友関係が広くて、先輩もとても多かったんですね。オープンキャンパスには訪れていないんですけれども、大学の学園祭の方に行っていました。そこで聞いた教授のお話とかも、とても参考になったかと思います、あとその大学の雰囲気ですね。それは本人も、参考になったと最後には言っていました。

森田さん:
私自身が大学の情報を何かで仕入れたということはなかったです。保護者会のときに、冊子をもらうくらいでした。全然ネットで調べたることもなかったですし、ほぼほぼ本人に任せ切りでした。

受験勉強中のお子さまに対して健康面、精神面で、特に配慮された点があれば教えてください。

竹内さん:
ご飯はしっかり用意しておくことと、精神面は、飼っているイヌにお任せみたいなところはありました。

牧さん:
健康面は、やはり食事ですね。私自身、あまり料理が得意なわけでもなかったですけれども、気は遣っていました。精神面は、比較的精神面は強い子だったと思うので、本人の意志を尊重しそっとしておくようにしていたと思います。

松井さん:
お風呂場に体重計があるんですが、必ず乗って報告をしてきていました。受験の間は、やっぱり辛かったのか、痩せたよ、痩せたよと言ってくるんです。その度に、ご飯はもっと作らなければと思っていました。でも本人も自覚して、気をつけていたようです。その期間だけゲームをやらせないとか、そういったことも聞きますが、特には言いませんでした。もう好きなだけやりなさいと。ふっと気がつくと、画面を見ながらコントロールを触っていたような気がします。でも、本人も我に返って、自分の部屋に戻って勉強もしていました。そういうオンとオフのようなことは自分でしていたので、そっとしておいたと思います。

森田さん:
うちも食事は、なるべく朝昼晩、きちんと食べさせるようにしていましたね。時々、何か食べたいものはあるか聞いたりをするんですけれど、だいたい何でも良いと。精神面に関しては、うちは、小さいときから、ゲームをしなかったんですね。DSとか、そういうのもあまり欲しがらなかったんですが、一応みんな持っているので主人が買ってしまっていました。カセットに関してもいろいろなものが欲しいということもなく、行き詰まってストレス解消とか、そういうのはどうしていたのかな不思議に思っています。

大学合格が決まったときについて

全国の新入生応援サイトを見つける