九州地区保護者座談会(2019年開催)


写真左から
山口 由美子さん(長女が西南学院大学4年生、次女が西南学院大学1年生)
古川 博子さん(長女が佐賀大学4年生、次女が佐賀大学1年生)
尾崎 紀子さん(長男が九州大学3年生)

自己紹介と受験勉強について

では自己紹介をお願いします。


尾崎紀子さん
長男が九州大学3年生

尾崎紀子さん(以下 尾崎さん):
尾崎紀子と申します。子どもは九州大学の工学部で、今は3年生になります。息子は二つ上に姉がいるので、下の子です。
 

古川博子さん(以下 古川さん):
古川博子です。子どもは、佐賀大学の4年生と1年生に女の子が二人おります。家も佐賀市内です。
 

山口由美子さん(以下 山口さん):
山口由美子と申します。娘二人が、西南学院大学に通っています。長女が人間科学部児童教育学科の4年生。次女が法学部法律学科の1年生で、今年入学しました。
 

お子さんは勉強をどこでやっていましたか。

尾崎さん:
小さいころから、食卓とかリビングでずっとやっていました。一応中学生に上がったときには部屋をつくりましたが、そこではまったく勉強しませんでした。一人になるとサボってしまうのではないかという気持ちになるらしく、常に緊張感を持ちながら、リビングでやっていたみたいです。


古川 博子さん
(長女が佐賀大学4年生、次女が佐賀大学1年生)

古川さん:
家では比較的自分の部屋で、ずっとしているような感じでした。でも、朝も放課後も学校に長時間いることが多かったので、家でというよりはほぼ学校でしていました。

山口さん:
長女も次女も、家に帰ったら寝てしまって、集中できないと、学校や塾の自習室だったり、市民センターの自習室で勉強していました。家でするときは、リビングが多かったです。

親御さんからご覧になって、特に苦手な教科が何でしたか。

尾崎さん:
国語が苦手で、進んだ方面も工学部でした。理系科目はすごく好きなのですが、国語には苦労していました。取りあえず覚えてできるもの、漢字や文法を一生懸命やっていたのですが、長文読解など何十字以内に書きなさいというような問題になると苦しんでいました。

古川さん:
うちは英語が少し苦手だったみたいです。やっぱり英語の点数が取れなくて、最後までなかなか伸びませんでした。大学に入ってからも、やっぱり英語は苦手ですね。克服できていないような感じです。


山口 由美子さん
(長女が西南学院大学4年生、次女が西南学院大学1年生)

山口さん:
我が家は尾崎さんのところとは逆で文系で、数学と英語、その二つが苦手で苦労しているようでした。

お子さまが受験勉強中、大学入学にあたって親御さんたちがご心配だったこと、もしくは不安だったことを教えてください。

尾崎さん:
国立志望だったので、長期間ある試験までのモチベーションをどう持っていくかが心配でしたね。やる気が起きればいいのですが、他の人は推薦で12月ぐらいに決まり、2月に入ると私大もさらに決まり、国立の人はそれからさらに2月末に前期試験を受けて、後期試験は3月になります。その間をどう乗り切ってくれるのかが心配でした。

古川さん:
うちもやっぱり、とにかく長かった。通っていた高校が国立重視の学校で、ほとんどの生徒が国立を受験する高校だったので、とにかく受験までが長い。あまり体が強くない子だったので、なかなか体調管理が難しくて、勉強でストレスがどんどん掛かってくると、やっぱり体の方にも出ます。それをどういうふうにするかがなかなか大変でした。

山口さん:
お二人と一緒で、やっぱり期間が長い。最終的には私大に進んだのですが、クラスは国公立のクラスだったので、本人の悩みの浮き沈みも大きくて、そこをどうフォローしていくかというのは心配ではありました。

オープンキャンパスには、お子さまと同行されましたか。

尾崎さん:
中3の夏休みに、理系志望だった高2の姉と私と3人でオープンキャンパスに行ったのが最初でした。
中高一貫校でしたので、高校受験もなく中だるみするようなこの時期に、大学を見てきてもいいのかなと思って連れていきました。その時見に行ったのは、金沢工業大学と日本大学 理工学部でした。

古川さん:
子どもたちが自分たちで行っていました。学校から引率があったので。私はそのオープンキャンパスに行かず、もう本当に子ども任せであまり私はタッチしていなかったです。

山口さん:
基本的に二人とも、地元だったので友達といろんな大学を回っていました。長女のときに一回だけ、少し遠い国公立に、高校1年生のときに連れていったことがありました。

進路選択で、親御さん自身が一番悩まれたことは何ですか。

尾崎さん:
一口に工学部といっても学校によっていろいろな特色があるというのに気付いたのが、高1のときでした。それからいろいろ調べて、本人は機械をつくる方、設計をやりたいということだったので、ものづくりができる学部を一生懸命息子と二人で調べました。主人もオープンキャンパスに一緒に行って、学校や研究室を見てきて、家族とわいわいやっていました。親として自宅から遠く離れた大学に行くのは心配で悩みましたがそう思わせないような感じで、楽しむ事を心がけました。

古川さん:
上の子が、もともと理系のクラスで高校3年生の1学期、2学期ぐらいまで、理系志望でしたが大学は文系の学部に進学しました。部活で美術をやっていて、本格的に先生からご指導をいただいて、高校の総文祭で県代表に選ばれていたので、やっぱりそこが捨てきれなかったのだと思うんです。結局今行っているのは、芸術地域デザイン学部という、新しく創設された学部です。先生とも何度も話して、理系のクラスにいたのですが、やっぱり美術が捨てきれなかったのでしょうね。最後の最後になって、地元にそういう学部ができるというのもあったと思うんですが、そちらに決めました。

山口さん:
長女は小学生の頃から子供と関わる仕事に憧れて一直線で、児童教育学科に入っているので、迷いはなかったです。次女は姉の姿を見て、お姉ちゃんは進むべき道があるのに私にはないと悩んでいました。法学部でこんな勉強がしたいというのはあるけれども、じゃあ法学部に行ったらどうなるのと、卒業した後、どう進むのか悩んでいました。高校1年生のころに、法学部出身の社会の先生のところに行って相談していたので、基本的には本人たちに任せていました。受験の時期になると、本人が目指したいと思っている大学と、先生方が勧められる大学が異なり、親としてはどう言うかは悩んだのですが、最終的には本人の意思を尊重しました。

志望大学を選択されるときに、どういうアドバイスを親としてされましたか。

尾崎さん:
高1の頃から目指すところは九州大学工学部でハードルが高かったのですが、まず妥協しないで、自分の好きな勉強ができるところに行きましょうという話をしていました。

古川さん:
基本的に子どもに任せて、何も言わないスタンスでした。

山口さん:
基本的には、子どもに任せるという感じでした。二人とも大学生になったら学生生活でやりたいことがたくさんあって、先生から勧められる少し遠い大学に行くと、通学時間に時間がかかり、学生生活でやりたいことを狭めてしまうかもしれないとだけ伝えました。最終的には存分に学生生活を楽しんでいるので、近い大学に決まって良かったなと思っているところです。

お子さまの受験情報は、どのようにして入手されていましたか。

尾崎さん:
学校のパンフレットや、入学案内もいろいろな大学から取り寄せました。あとはホームページを見たりという感じです。

古川さん:
私もホームページを見たり、資料請求を申し込んだりというのは一応したのですが、やっぱり高校からの資料がかなりきていたので、主にそれを見ていました。

山口さん:
私は任せっきりでした。私が情報を手に入れたというのは、一切ないです。子どもたちが自分たちだけでやっていたので、一緒に見てと言われたときに見るぐらいでした。学校からの情報が多かったような気がしますが、サイトは、ベネッセとかをよく見ていたようでした。

受験勉強中のお子さまに対して、健康面や精神面でどういったことを配慮されていましたか。

尾崎さん:
うちはサッカー部に入っていたので、体力面ではそんなに心配することもなかったのですが、やっぱり部活を引退してから、過敏性腸炎みたいな感じでずっとお腹を壊したりとストレスが掛かっていたようです。模試をやっている途中でトイレに行きたくなって、模試を中断することもあったようでした。いつも楽しくをモットーに食事とメンタル面では気を遣いました。

古川さん:
上の子も下の子も少し体が弱くて、特に学校も休みがちだったので、かなり気を遣いました。特に下の子は持病があり大変でした。

山口さん:
二人ともよく悩む子なので、精神面をすごく気を遣いましたね。ただ若い頃はとにかく悩みなさいと伝えて、学校を休んででも考える時間を大事にさせていました。あとは話をよく聞いていました。仕事をしていて忙しいのですが、子どもと話をする時間は優先してつくっていました。

合格が決まったときについて

全国の新入生応援サイトを見つける