全国大学生協連第63回・大学生協共済連第10回通常総会 行動宣言

全国大学生活協同組合連合会
全国大学生協共済生活協同組合連合会

「すべての大学生協でSDGsに関連する取り組みを進めていきましょう!」

SDGs(持続可能な開発目標)とは、2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」に記載された2030年までの国際社会全体の目標です。持続可能な世界を実現するための17のゴール・169のターゲットから構成され、地球上の誰一人として取り残さないこと(leave no one behind)を誓っています。経済・社会・環境をめぐる広範な課題に、統合的に取り組むこと、すべての国とすべてのステークホルダー(政府・企業・NGO・有権者等)の役割を重視することを特徴としています。

私たち大学生協は、「人と地球にやさしい持続可能な社会を実現する」ことをビジョンの一つとして掲げ、すべての組合員とともに様々な取り組みを進めてきました。SDGsのめざす「誰一人取り残さない」という考え方は、協同組合が平等や民主主義を大切していることと共通しており、私たちにとって共感できる目標です。すべての人を対象とする包摂性を特徴とするSDGsの考え方は、すべての組合員の「多様な参加」によってつくられる大学生協にとって、あらゆる活動に元来根付いている考え方の1つです。
  • 1. すべての大学生協の理事会において、SDGsについて学習し、学生・教職員・生協職員みんなで持続可能な開発につながる取り組みができるよう、理事会として確認しましょう。
    • すべての大学生協の理事会において、SDGsや持続可能な社会に関する学習の機会を設け、自らの大学生協の取り組みがSDGsの17の目標と関連していることを確認しましょう。
    • すべての大学生協の総会・総代会議案において、大学生協の取り組み全般をSDGsの視点での振り返り、組合員や総代とともに確認しましょう。
  • 2. SDGsの考え方について学習し、私たちの取り組みを再評価したうえで、より持続可能な社会の実現につながる具体的なアクションを起こしていきましょう。
    • 理事会や組織委員会が中心となり、より多くの組合員とともに、持続可能な社会について考える機会を作りましょう。
    • ビジョンとアクションプランなど、各大学生協の中長期的な方針・方向性を検討する中で、SDGsの視点を盛り込み、2030年を見据えた実践を積み重ねていきましょう。
    • 大学とともに、持続可能な社会の実現につながる取り組みをすすめましょう。

以上を踏まえて、大学生協として持続可能な社会を実現するために、すべての大学生協でSDGsに関連する取り組みを進めていきましょう。

SDGsを深く学ぶ

北海道大学生協 × 水産大学校生協
SDGsスペシャル座談会

大学生協の取り組みを通じて、持続可能な社会を作る取り組みを実践した2大学生協の学生理事・教職員理事・生協職員にお集まりいただき、SDGsを意識した取り組みを実現するためのヒントを探りました。

法政大弓削ゼミ座談会

今回は、法政大学法学部国際政治学科の弓削ゼミナールと座談会を行いました。弓削ゼミナールでは、国連など最前線で働かれていた弓削先生による授業と、学生主体で作り考える実践ワークショップを通じて、国際開発・平和構築のテーマからSDGsを理論と実践で深めています。その経緯や想いについて聞いてきました。

落合陽一さんインタビュー

「現代の魔法使い」とも称されるメディアアーティストの落合陽一さん。筑波大学で教鞭を執りながら、メディアアーティストや、社会問題へ一石を投じるビジョナリーとしてもご活躍されています。また、これからの社会を取り巻くグローバリゼーションやテクノロジーなどをテーマにした著作も数多く出版されています。今回のインタビューでは、急速に進む技術革新や新型コロナウイルス感染症の拡大など、予測不能な社会の中で、大学生・若者がどう生きるべきか・学ぶべきか、教えていただきました。

HOMEへ戻る