水産大学校生協「生協のショップに「SDGsのコーナー」を作りました!」

水産大学校生物生産学科3年 斉藤 光(学生委員会)

水産大学校生物生産学科3年
斉藤 光(学生委員会)

きっかけは、中四地区の教職員委員会に教員理事の先生より声を掛けていただいて参加した事がスタートです。大学での学びの中にこれからは取り入れていくべき課題だと思うので、学生委員会から横のつながりで活動に活かすことは出来ないだろうか?という考えで学生も一緒に参加してほしい!と学生委員へ声を掛けてくださいました。

たしかにニュースなどで耳にはしたことがあっても「SDGs」を意識したことはありませんでした。

そのため、まず委員会内での認知度向上のためにSDGsについて知るきっかけを作ろうと考えました。

教職員委員会に参加して、「SDGs」は17の項目から成り立ち、それらの項目を身近なことに結び付けて学ぶことができました。

この学びの場に参加した事で「SDGs」は生協の活動に通じているように感じました。そこで学生委員の活動を通して関連付けて組合員に発信する企画を学生委員内で共有しました。学生委員が発信を続けることで、少しでも組合員が知るきっかけを増やすことになり、まず知ってもらうきっかけの一つとして書籍コーナーを職員さんと作りました。

ショップに来店された大学の先生からも評価を高くいただきました。 SDGsは今後、社会でさらに重要になってくるので、学生には社会に出る前に認知してほしいし学びを深めてほしいけれどどのように授業と結びつけるかまでは、なかなかたどりつけていないそうです。


水産大学校ということで、水産資源の持続的可能性や保存について学んでいるため、「SDGs」では17の項目のうち「14.海の豊かさを守ろう」に注目しがちですが一つの項目を守ろうとするのではなく、つながりを意識することが大切です。

現段階として、まだ学校や授業でSDGsの話はほぼありません。水産大学校でSDGsの認知度を上げるために学生委員からの発信を続けていこうと思っています。学生委員の活動も企画を考える際には、まず「SDGs」の項目に関連付けるところから始まり、SDGsに基づいた企画を実行できるような活動を行っています。

SDGsを深く学ぶ

北海道大学生協 × 水産大学校生協
SDGsスペシャル座談会

大学生協の取り組みを通じて、持続可能な社会を作る取り組みを実践した2大学生協の学生理事・教職員理事・生協職員にお集まりいただき、SDGsを意識した取り組みを実現するためのヒントを探りました。

法政大弓削ゼミ座談会

今回は、法政大学法学部国際政治学科の弓削ゼミナールと座談会を行いました。弓削ゼミナールでは、国連など最前線で働かれていた弓削先生による授業と、学生主体で作り考える実践ワークショップを通じて、国際開発・平和構築のテーマからSDGsを理論と実践で深めています。その経緯や想いについて聞いてきました。

落合陽一さんインタビュー

「現代の魔法使い」とも称されるメディアアーティストの落合陽一さん。筑波大学で教鞭を執りながら、メディアアーティストや、社会問題へ一石を投じるビジョナリーとしてもご活躍されています。また、これからの社会を取り巻くグローバリゼーションやテクノロジーなどをテーマにした著作も数多く出版されています。今回のインタビューでは、急速に進む技術革新や新型コロナウイルス感染症の拡大など、予測不能な社会の中で、大学生・若者がどう生きるべきか・学ぶべきか、教えていただきました。

HOMEへ戻る