学生生活はパソコンの活躍シーンに満ちている

大学生にとってパソコンは、なくてはならないツール。

パソコンのない学生生活は「ありえない」といっても過言ではありません。
先輩たちは、どのようなシーンでパソコンを上手に使っているのでしょうか?

4年間のパソコン利用シーン

入学から4年生まで、パソコンは常に必需品。
学年が上がると用途も多彩になっていきます。

東北大学 理学部 化学科 4年
臼井沙耶香さん

1年生

入学したらすぐにパソコンを使って履修登録をします。レポート作成も始まるし、英語の授業ではPowerPointを使って資料作成と発表をしました。夏の海外短期留学にも持って行き、現地での発表にも使いました。

2年生

パソコンを使う頻度が格段に高くなりました。実験も本格的に始まるので、データの集計やレポート作成にパソコンは欠かせません。オリエンテーリングのサークルでは、コースプラン作成などにパソコンが活躍しました。

3年生

3年の後期から研究室に配属され、調べものや論文の検索にパソコンがますます活躍します。サークルでは、オリエンテーリングの全国誌の制作・編集作業に大活躍。企業へのインターンシップでは、パソコンで資料作成をし、発表まで行いました。

4年生

4年生になると卒業研究と論文作成の日々。論文の作成はもちろん、過去の論文検索やデータの集計・解析・グラフ作成などにもパソコンが不可欠です。私は大学院進学を選択しましたが、試験の過去問題の検索などにもパソコンが活躍しています。

1日のパソコン利用シーン

授業・実験・レポート・サークル活動、
パソコンは学生生活に欠かせない相棒です。

電気通信大学 情報理工学域 Ⅲ類 2年
尾関真海さん

PowerPointでプレゼン
英語の授業では、PowerPointで発表資料を作成。パソコンを使って英語でプレゼンテーションをします。

図書館や食堂で課題の調べもの
昼休みや授業の空き時間は、図書館や食堂で、課題についての調べものやレポート作成をすることがよくあります。

実験のデータ記録にパソコンを活用
物理の実験では、パソコンに直接実験データを入力し、後で集計やグラフ化などを行います。実験レポートの作成はいつも大変です。

サークル活動でもパソコンが活躍
私のサークルは無線部。アマチュア無線の大会を目指して日々がんばっています。データの記録や解析にパソコンは欠かせません。

就寝までの時間でレポート作成など
夕食後、就寝まではパソコンで課題をかたづけたり、レポート作成をしたりします。サークル活動の書類づくりをすることもあります。

大学によってパソコンの必要度が違います!