大学良品

北海道大学水産学部

北海道大学水産学部のキャンパスは函館にあります。水産学部の学生は、入学後1年半は札幌キャンパスに通い、年次の後期より、函館に移ります。キャンパスには大学院と研究室もあり、学部生およそ500人と院生・教職員、約1000人弱のキャンパス人口です。

北海道大学水産学部は、明治(1907)年、札幌農学校の水産学科として誕生。その2年後に初代練習船「忍路丸」が建造されました。「忍路」を〝おしょろ〞と読む人は少なく、二代目からは 船名を「おしょろ丸」と平仮名に変え、現在四代目。昨年就航100周年を迎えました。

北海道大学水産学部では、これを記念して、各地で「おしょろ丸」写真パネル展示や式典・レセプションなど各種の記念事業を開催しました。この事業の一環として、大学の水産学部と北海道大学生協水産支部がタイアップし、記念グッズの制作・販売が実現しました。水産学部独自の商品開発は生協でも初めて。これらのグッズは、北海道大学生協水産支部売店のみで販売され、卒業生からの問い合せも来ています。

おしょろ丸Ⅳ世

現在の「おしょろ丸」Ⅳ世は,1983年12月に建造。1300トン級で、ハイブリッド航法装置等、各種最新の装置を施した練習船です。しかし、現在まで200次を超える練習航海を行い、船齢も27年。そろそろ次代船の建造が望まれています。

オリジナルTシャツ

各M・Lサイズ 1050円

卓上カレンダー

(非売品)

黒板消しストラップ

(660円)

マグカップ

(825円)

Tシャツ白とネイビー(紺)

各M・Lサイズ 1050円 記念として残るものであるとともに、現在の世相を意識した、エコな視点も取り入れたグッズ 上:マイ箸(400円)、巻き紐付き箸袋(260円)箸キャップ(100円) 下:エコバッグ(700円)

おしょろ丸就航100周年記念ロゴマーク

大学と生協で「図案の使用権に関する覚書」を取り交わしています


『Campus Life vol.24』より転載