大学良品

弘前大学生協


このnamacoのキャラたちは青森産なまこをアピールするために誕生しました。監修は弘前大学農学生命科学部「ナマコ研究センター」です。現在は「青森ブランド化協議会」で一緒に販売していますが、大学生からの発信・提案をナマコたちと一緒にしていけるといいなと考えています。価格には東日本大震災支援金が含まれます。 昨年の夏は暑かったので「うちわ」が一番人気でした。 うちわ(シール付き)100円(内10円支援金)、タンブラー980円(内100円支援金)、Tシャツ(シール付き)黒・白・紺・ピンク各1580円(内100円支援金)、セッケンDeep・Mild・Moisture各1580円(内100円支援金)

弘前大学のオリジナルグッズは30年ほど前からありましたが、利用者が少なく、一時オリジナル商品を作っていなかった時期もありました。  その後、農学生命科学部のりんごの地方発送受付けから始まり、大学の独立法人化のころよりオリジナルグッズの見直しを始めました。ボールペンやクリアホルダーなどの定番品のほか、四季を通じてりんごを味わってもらえるように、りんごを使用したアップルスナック、アップルデザート、アップルケーキの開発をしてきました。

日本酒は、大学と一緒に毎年新酒のお披露目会を行い、今年の出来栄えを交流したり、毎年の定例協議会で新商品の紹介を行ったりしています。新商品のパッケージデザインの選考を行ったこともありました。海外へのお土産にいいもの、りんごを使ったグッズなどについてご要望を頂いています。

今後も弘前・津軽・青森ならではのものを提案できればと考えています。

 

弘前といえば…

弘前大学生協でのオリジナル商品の取扱いは、弘前大学の農場のりんごの地方発送からスタートしました。以来りんごを使用したグッズは大人気。限定生産「ひろだいビーフジャーキー」「ひろだいカレー」も大人気でした。組合員の皆さんから募ったイラストや写真で作ったポストカードも人気です。海外のお土産には、弘前大学の元職員の方の手作り「藍染のハンカチ」が好評です。

今後は、「牡丹の花びら」を型どった弘前大学の徽章と公募で決まったロゴマークを大学生活にあふれさせたいと考えています。そして弘前といえば何といっても「りんご」です。姿もかわいく、とてもおいしいりんごをもっと親しんでもらえる商品を作っていきたいです。

農学生命科学部の附属農場で収穫された「りんご」「米」「牛肉」などを広く知ってもらうためにも積極的に新商品を開発していきたいと思います。

namaco総選挙

6匹のnamacoキャラで人気投票を実施しました。題して「ANC16総選挙(ANCはAomori NamaCoの略です)」たくさんの学生が投票してくれました。 1位になった「ナマフィー」をセンターにして、新商品を作成中です。乞うご期待!

りんごキューピー

(弘前大学生からの公募から選ばれたデザインをもとに作成した「弘大60周年記念商品 弘大オリジナルキューピー」です。 かわいいりんごのかぶり物と白衣にめがね。研究者をイメージした実習用の長靴がポイント♪500円

 

ひろだいアップルケーキ

弘前大学附属藤崎農場産のりんごを使って、しっとりとおいしく焼き上げたカップケーキです。中にりんごの果肉がぎっしり詰まっており、オリジナル商品の中でも人気の高い1品です。
1個180円、箱入り(6個)1100円

ひろだいアップルデザート

こちらも藤崎農場産のりんご(ふじ)を使用したゼリーです。やわらかいゼリーにシャキシャキのりんごが入ったデザートです。
1個210円、箱入り(6個)1365円

 

オリジナル日本酒「弘前大学」

農場のお米を使用し、JALのファーストクラスでも採用された「豊杯」で有名な、三浦酒造さんの蔵で醸造されたオリジナル日本酒です。リピーターの方がとても多く、皆様に愛されている逸品です。 2000円、学章入りグラス2個セット2800円

『Campus Life vol.30』より転載