大学良品

長崎大学

長崎大学生協では、既存のオリジナルグッズに加え2017年3月よりオリジナルボトル焼酎とオリジナル波佐見焼グラス&カップの扱いを始めました。

焼酎は長崎の大島酒造で作られている「磨き大島」という芋焼酎を、長崎大学の名が銀箔押しされたボトルに詰めて販売しています。このボトルに使用されている「長崎大學」の文字は長崎大学文教キャンパスの正門にのみ使用されている、大変趣のある字体となっています。

また、波佐見焼には金の丸紋デザインのフリーカップとワビカップ(金彩、銀彩)の色違いを含む計3種があります。これらの商品選定の際には大学職員の皆さまにも意見を頂いた上で決定しており、いずれも大変上品で渋みのあるデザインとなっています。

その他、長崎名物カステラをラスクにしたものや、長崎大学附属図書館に所蔵されている古写真のデザインのクリアファイルやポストカード等も多くの方にご利用頂いています。

磨き大島(芋焼酎)

(720ml 2,200円)

磨き大島 金彩・銀彩ワビカップセット
磨き大島 波佐見焼フリーカップセット

金彩・銀彩ワビカップセット (箱代込4,500円)
波佐見焼フリーカップセット (箱代込3,400円)

波佐見焼金彩・銀彩ワビカップ

(各1,100円)

金の丸紋デザインの波佐見焼フリーカップ

(1,100円)

カステララスク

(648円)

Tシャツ

(1,543円)

金の栞

(756円)

ボールペン

(150円)

長崎大学について

長崎大学は長崎市内の3地区にキャンパスを構え、9学部を擁する総合大学です。

設立は1949年(昭和24年)ですが、1857年(安政4年)11月12日、オランダ軍医ポンペ・ファン・メールデルフォールトが、幕府医官松本良順をはじめとする12名に対し、オランダ語による医学講義を開始した医学伝習所が医学部の起源であり、長崎大学の創基となっています。

大学の理念は「長崎に根づく伝統的文化を継承しつつ、豊かな心を育み、地球の平和を支える科学を創造することによって、社会の調和的発展に貢献する」です。

『Campus Life vol.52』より転載