大学良品

奈良女子大学

奈良女子大学(奈良女)生協では、今年の3月にオリジナルグッズカタログ「奈良女のいいもの」を作成しました。折りたたんで正方形になるおしゃれなカタログで、片面は奈良女らしく食品類を、裏面は文具や雑貨などを掲載しています。

食品グッズは、地元奈良の老舗と提携して作製しました。よしのやさん製造の「吉野の葛餅」は、奈良女への思いを込めた女将の手書き掛け紙付きでお土産に最適。豊臣秀吉に献上していた歴史を持つ本家菊屋さんと大学の協力で出来上がった「学章入り干菓子」と「学章入りもなか」。そして理学部の学生がプロジェクトに加わり、奈良の八重桜から清酒酵母を分離培養して製造した春鹿さんの純米酒「奈良の八重桜」などです。

学生に人気は、奈良女らしく鹿をあしらった「マスキングテープ」と「一筆箋」です。「ポストカード」はプロと見まごうばかりの腕前の奈良女の先生が撮影した写真を、「絵はがき」も奈良女の元フランス語の先生の描いた絵を使っています。

多くの方々のご協力で「奈良女のいいもの」が作られています。

吉野の葛餅

(5個入 1,200円)

学章入り干菓子

(7個入り 500円)

学章入りもなか

(5個入り 1,100円)

春鹿 純米酒 「奈良の八重桜」

(300ml 756円)

マスキングテープ

(全4色 各425円)

一筆箋

(全6種類 各320円)

ポストカード

(5種5枚組 270円)

手書きオリジナル絵葉書

(3枚入り 180円)

※商品の価格は税込です。

奈良女子大学について

奈良女子大学は、1909年開校の奈良女子高等師範学校を前身として、2019年に創立110周年を迎えます。現在は、文学部、理学部、生活環境学部の3学部、人間文化研究科の大学院1専攻、附属幼稚園・小学校・中高一貫の中等教育学校があります。

明治からの歴史と伝統と、また現代の時代的な要請に基づき、「女性リーダーの育成」を基本的な使命としており、女性人材を育成する「世界一の女子大学」を目指しています。

歴史ある古都に位置し、自然にも恵まれている奈良に、全国から学生が集まり、奈良で学び、奈良を満喫して全国に帰っていきます。

『Campus Life vol.59』より転載