サークルガイド・クラブレポート

サークルガイド

大学生といえば「サークル」を思い浮かべる人も多いのでは?
サークルは自由に活動ができ、いくつか掛け持ちもできる、といった特徴もあります。
入学後のサークル選びの参考にしてみてください。

文化系サークル

服飾団体 neuf

活動の中心はファッションショーで、3ヶ月前から服のデザイン、製作、企画運営など全てを行います。そのため、終わった後の達成感は大きいです。

同志社大学 文学部 寺村 夏美さん
(同志社香里高等学校 卒業)

アカペラサークル Crescent Party

自分でバランスを考えて活動量を調節しています。真剣に取り組む時もあれば思いっきり遊ぶこともあり、友達もたくさんできました。

関西学院大学 経済学部 造田 啓介くん
(香川県立高松高等学校 卒業)

運動系サークル

ゴルフサークル PALMERS

来年で49期になるので、OBの方も多く、OBコンペでは幅広い年代の方と交流ができます。その縦とのつながりはゴルフの良いところだと思います。

慶應義塾大学 経済学部 阪本 理紗さん
(慶應義塾女子高等学校 卒業)

男子チアリーディング SHOCKERS

世界的にも珍しい男子だけのチアリーディングチームです。日本を元気に世界を笑顔にをモットーに、現在は大会に向けて頑張っています!

早稲田大学 文化構想学部 亥川 颯人くん
(愛知県私立南山高等学校 卒業)

レギュレーションテニスクラブ

初心者から全国大会出場者まで様々な人がおり、上下男女共に仲が良いです。初めは興味本位で入りましたが、今では一番居心地の良い場所です。

私たち慶應レギュレーションテニスクラブは1年生から4年生まで約150人、男女比約1:1で活動しています。

高校までずっと野球をやっていましたが、もともと自分は大学に入ってゴルフをやるつもりで、テニスサークルは当初興味本位、友達作りくらいの感覚で入っていてそのうち辞めようかなと思っていました。

しかし、サークルの居心地の良さ、テニスの面白さに惹かれていまではどっぷり今のサークルに浸かっています。

練習はサークルとしては週5、自分はそのうち週2〜3でやっています。部活動と違って経験者から初心者まで幅広い人たちがいるので、初心者として大学からテニスを始めた自分にとっても、非常にやりやすい環境です。

大学生活は、高校生活と違って自由に使える時間が非常に多いです。それなりに楽しみたいと思っている人も多いと思います。自分の所属するテニスサークルは、普段の練習や慶應内の大会、サークル内の大会といったようにテニスはもちろんのこと、年に3回の合宿を始め、みんなで海に遊びに行ったり、BBQをしたり、旅行をしたりとイベントが盛りだくさんです。

また、サークルの大きな醍醐味の一つとしては、色々なタイプの人がいるということです。同じサークルの友人はとにかく一緒に共有する時間が多いです。そんな中で自分と馬が合う友人を見つけられるという意味でも、どんなサークルであれそれなりに参加するべきであると思います。

テニスサークルというのは、慶應は特にですが、どの大学であれそれなりの数があるので、対抗戦なども色々と組むことでき他サークルの友人を多くつくることができます。

クラブレポート

毎日のように練習を行う部活動。サークルではなく、なぜ部活動として取り組むのか。そこにある彼ら、彼女らの真剣な思いを聞きました。

馬術部

男女差がない競技
馬術は生き物を相手にし、男女差がない唯一の競技です。経験、未経験や学年を問わず、誰にでも試合で活躍できるチャンスがあります!現在の部員も、約半数は大学から馬術を始めました。大学生活は、是非馬と共に。

早稲田大学 国際教養学部 野中 友貴さん
(International School of London, Qatar 卒業)

軽音楽部

理想のカタチの実現へ
音楽を真剣にやっている仲間と出会いたいという思いから軽音楽部に入りました。バンド組みからコンサートの宣伝活動、ステージ構築まで一から部員で作り上げます。理想の音楽のカタチを実現させるために自分から行動を起こす積極性が身につきました。

同志社大学 政策学部 伊藤 未峰さん
(富山県立富山東高等学校 卒業)

體育會庭球部

目標に向かい進む信念
男子30人、女子12人が活動しています。正直部活は苦しいことの方が多いですが、乗り越えた時のうれしさや負けた時の悔しさが忘れられなくて続けています。一つの目標に向かっていくという信念や自信が部活で一番得られるものですかね。

慶應義塾大学 法学部 大橋 燎くん
(慶應義塾高等学校 卒業)

ESS部

英語に対する熱い思い
自分のやりたいことに本気で打ち込みたかったため、あえてサークルではなく部活動を選択しました。同じことに対して様々な熱い思いを持った仲間に出会えることが部活の最大の魅力だと思います。

関西学院大学 社会学部 増井 奎介くん
(私立平山学園清林館高等学校 卒業)

もしものときのために、「学生総合共済」に加入しましょう!

共済金は1年間で約33億6,237万円、43,036件の支払がありました。

共済金の支払件数 43,036

共済金の支払金額 33億6,237万円

事故による入院・通院・固定具・手術での共済金の支払件数(28,319件)

2015年度 事故による入院・通院・固定具・手術事由上位件数

事故による後遺障害での共済金の支払件数(109件)

※出典:学生総合共済生命共済支払実績(2014年10月〜2015年9月)

詳しくはこちらから ▼

全国大学生協共済生活協同組合連合会

プレゼントクイズ3

Q 高○とは違って、大学のサークルやクラブは本格的なんだね〜!

他にもいろいろなプレゼントがあります! 
豪華賞品を総勢
1,000名様にプレゼント!

※応募受付は終了いたしました。

クイズに答えて応募していただいた正解者の中から、抽選で1,000名様に大学生協オリジナルパソコンや大学受験合格お守りグッズなどの豪華賞品をプレゼント!「大学生活ガイド2017」をよく読んで、クイズの正解を見つけ出してください!

賞品内容
大学生協オリジナルモデルパソコン
(TOSHIBA dynabook RX73) 1名様
iPod nano 5名様
※iPod nano は、Apple Inc.の商標です。
応募期間
2016年5月2日(月)〜10月31日(月)
応募方法

応募受付は終了いたしました。

※プレゼント当選発表は、発送をもってかえさせていただきます。

※プレゼント発送は、全国大学生協生活協同組合連合会より発送致します。2016年12月上旬の予定です。


ページトップへ