学生生活実態調査から見るSDGs

例年実施している「学生生活実態調査」では、第54回(2018年実施分)からSDGsへの関心についての項目を設けています。今回は、第54回・第55回のデータを基に、SDGsの広がりを分析してみました。

第54回・第55回のデータ比較

関心の多いテーマ・少ないテーマ

関心の多いGoals
~質の高い教育をみんなに~

関心が多いテーマとして、④質の高い教育をみんなに(40.4%)③すべての人に健康と福祉を(34.6%)①貧困をなくそう(33.8%)が挙げられます

学ぶことを本分とする大学生にとっては、教育への関心が高いことは必然と言えるでしょう。

関心の少ないGoals

比較的関心の少ないテーマとして、⑰パートナーシップで目標を実現しよう(9.0%)⑫つくる責任つかう責任(14.3%)⑨産業と技術革新の基盤をつくろう(14.8%)が挙げられます。

ただし、本当に関心が低い、というわけではなく、文言だけではイメージの湧きにくいGoalsの数値が低くなっている印象です。SDGsの学習を進め、それぞれのGoalsについて理解を深めることが重要です。

増加の大きいGoals
~気候変動に具体的な対策を~

前年からの増加が大きいテーマとして,⑬気候変動に具体的な対策を(5.4ポイント増)④質の高い教育をみんなに(4.0ポイント増)⑤ジェンダー平等を実現しよう(3.8ポイント増)が挙げられます。

⑬気候変動に具体的な対策をの増加要因として,2019年8月の九州北部豪雨,2019年9月の台風15号・19号などの影響により,自然災害への危機感が高まっていることが考えられます。

概要報告のwebページには,[男性/女性/文系/理系/医歯薬系]の分類別でのデータも掲載されています。 是非ご覧ください。(2次元バーコードからもアクセスできます。)

SDGsを深く学ぶ

北海道大学生協 × 水産大学校生協
SDGsスペシャル座談会

大学生協の取り組みを通じて、持続可能な社会を作る取り組みを実践した2大学生協の学生理事・教職員理事・生協職員にお集まりいただき、SDGsを意識した取り組みを実現するためのヒントを探りました。

法政大弓削ゼミ座談会

今回は、法政大学法学部国際政治学科の弓削ゼミナールと座談会を行いました。弓削ゼミナールでは、国連など最前線で働かれていた弓削先生による授業と、学生主体で作り考える実践ワークショップを通じて、国際開発・平和構築のテーマからSDGsを理論と実践で深めています。その経緯や想いについて聞いてきました。

落合陽一さんインタビュー

「現代の魔法使い」とも称されるメディアアーティストの落合陽一さん。筑波大学で教鞭を執りながら、メディアアーティストや、社会問題へ一石を投じるビジョナリーとしてもご活躍されています。また、これからの社会を取り巻くグローバリゼーションやテクノロジーなどをテーマにした著作も数多く出版されています。今回のインタビューでは、急速に進む技術革新や新型コロナウイルス感染症の拡大など、予測不能な社会の中で、大学生・若者がどう生きるべきか・学ぶべきか、教えていただきました。