留学生の生活・活動—大学生協はいつも留学生のパートナー—

大学生協とは

全国大学生協には4つの使命があります。学生・院生・留学生・教員による協同、大学の理念と目標の実現への協力、自立した組織、そして組合員の参加です。
大学でみなさんがよく利用するのは、大学生協のショップではないでしょうか。各地の大学生協では本屋、カフェテリアといった日常的に利用するサービスだけでなく、家探しや共済、チケット販売など幅広いサービスを提供し、組合員がよりよい大学生活を営むお手伝いをしています。さらには大学生協の運営には組合員が大きくかかわっており、組合員にとってよりよい大学生協を組合員自身がつくりあげていきます。さらにその中では留学生も活発に活動しており、留学生にとっても安全で安心で利便性の高いサービスが提供できます。さらに大学生協は組合員のみなさんに交流の場を提供します。その中で組合員のみなさんが豊かな経験を積むだけでなく、大学もまた豊かになっていくのです。

留学生委員会


[拡大する]

 全国大学生協連留学生委員会は、1998年から大学生協連のプロジェクト委員会として「全国留学生ネットワーク幹事会」の名称で活動をスタートしました。2009年からは、「全国留学生委員会」と名称を変え組織委員会のひとつとなりました。留学生委員会では、母国で生活するのと同じように「普通に・安心して」日本で暮らせる生活を、大学生協の事業と交流活動によって実現することで、留学生自身の成長と生協の新しい事業活動につなげています。年に一度国際交流セミナーを開催し、協同組合についての学習や留学生活動の交流を行っています。また、海外からも日本の大学生活や生協について知ることができるように、大学生協連のホームページに、日本語・英語・中国語・韓国語で翻訳し紹介する活動も行っています。留学生の中に生協の輪がもっと広がるように、今後も活動を進めていきたいと思います。

留学生報告集2011 EYES ON



ページトップへ