親子で要チェック!大学生活ハウマッチ

大学入学に当たっては、さまざまな費用が必要になります。ひとり暮らしを始めるのであれば、住まい探しから、家具、生活費まで考えなければなりません。そこで、現役大学生たちのデータを基に、大学入学にかかるお金をシミュレーションしてみませんか?

STEP1 入学準備・学費編

出願から教科書まで。入学後までの費用を計算

大学進学を決めたら、まず考えなければならないのが、受験・入学にかかる初期費用です。今回行った調査によると、金額こそ「自宅生」「下宿生」「寮生」と条件によって異なりますが、全体の平均金額を見ると、約150万円かかるという結果になりました。金額は学校によっても異なります。まずは、ご両親と相談して、進学を希望している学校の初期費用がどれくらいになるか、しっかり試算しておくことが大事です。試算をした場合でも、「実際にかかった費用と予算」のデータを見ると、約4割の家庭が「予算より多かった」と答えています。その理由の多くは、「必要なものがあった」というもの。上の表やオープンキャンパスでの在学生の話などを基に、余すことなくチェックしておきましょう。

受験・入学時の費用の比較

  国公立 私立 全体
出願までに 121,400 153,400 133,600
受験 48,900 35,700 44,100
入学大学納付金 611,600 968,700 754,100
合格発表・手続き 17,300 15,400 16,800
入学式出席 22,300 17,800 20,600
教科書・教材 152,300 120,700 140,000
その他 597,000 572,400 584,500
合計 1,494,400 1,654,100 1,556,300
後期納付予定額 270,200 526,700 365,400
未入学大学納付金 314,900 327,800 316,400

(単位:円)
出典:2013年度保護者に聞く新入生調査

▼ 初期費用を計算してみよう!

※平均額について

  1. 各費目の金額および合計額は、「有額平均額」で表示しています。
  2. 各費目の金額および合計額は、各々の平均額です。そのため各費目の平均額を合計したものと、合計の平均額は一致しない場合があります。

※「下宿生」・・・「寮生」を除く自宅外生のこと。アパート、マンションを初め、学生会館、貸間なども含んだ住まいの学生を「下宿生」として集計しています。


ページトップへ