Reading for Pleasure No.37

Kadono’s “Kiki’s Delivery Service” has a message that resonates

水野邦太郎
 
水野 邦太郎Profile

今回ご紹介の本

朝日新聞論説委員室=編
<国際発信部=訳>
『天声人語 2018夏
[英文対照]朝日新聞』

原書房
本体1,800円+税
 春がまた巡ってきました。2019年4月1日(月)は、多くの人々にとって、就職や進学で、新しい人生の門出を踏み出す最初の一日となります。その日を迎えるにあたって、2018年4月1日の朝日新聞の「天声人語」に書かれた記事「角野栄子さんの『魔女の宅急便』、心に響くメッセージ」の英訳を、今回、紹介したいと思います。

The night of March 31 probably looked somewhat like the spring night of a full moon when 13-year-old witch-in-training Kiki leaves home for a strange town to develop her magical powers, according to a tradition in the world of witches.

 この記事は2018年3月31日に書かれています。その春の満月の晩に、筆者は、『魔女の宅急便』という物語を思い出します。『魔女の宅急便』は、ジブリのアニメ映画でご存じの方が多いことでしょう。主人公の魔女キキは、魔女の世界のしきたりに従って、春のある満月の晩、見知らぬ町で一人で暮らすため親元を離れます。

When he first read the fantasy, Toshio Suzuki, a film producer who was involved in the production of the anime work, thought that many of its readers were young women, Miyazaki’s long-time collaborator once said in an interview.

Suzuki had the feeling that it was an allegorical story about “women who have come to work in cities from the countryside,” according to him.

 制作に関わったジブリの鈴木敏夫さんは原作を読んだ時、読者はむしろ若い女性ではないかと感じ、「田舎から都会に出てきて働く女性たちのことを描いた本」だと思ったと取材で述べています。

“ I’m all excited, like when I’m about to open up a gift,” Kiki says cheerfully to her worried companion Jiji, a talking black cat, as she decides to open up a new chapter of life.

 キキは、旅立ちにあたって、周りの心配をよそに「贈りもののふたをあけるときみたいにワクワクしてるわ」と、相棒の黒猫ジジに元気に語ります。

As she sees people walking in great haste, Kiki becomes scared for no good reason. She feels alienated as everybody in the town looks like they are moving around pretending not to know anyone else.

Kiki feels bad about herself and thinks she has to find something she can do to earn a living. Her struggle to find her place in the new town is both painful and inspiring to see.

 ところが、新しい町で忙しそうに歩く人々を見て、理由もなくおびえてしまいます。町の誰もが知らんぷりした顔で動いているように見え、なじめません。そして、「こんなことじゃいけない。何かあたしにできるものを見つけなくちゃ」、と焦ります。そんなキキの姿を見て、筆者は、痛々しくもまぶしく見える、と感想を述べています。そして、新しい門出を迎える人々に次のようにアドバイスします。

When you go to a strange place to work or study, the first thing you need may be a small magical power. The magical power that enables you to speak to new people without fear, avoid being depressed when you feel lonely and cherish the time you spend alone. The story about Kiki’s adventure could help people through the challenging transition to a new life.

 就職や進学で新天地に赴くとき、必要なのは、小さな魔法の力かもしれません。怖がらずに話しかけられる魔法。寂しいときにもめげない魔法。ひとりの時間を大切にできる魔法……。皆さんも、ぜひキキのように、自分が授かった小さな魔法の力を信じて、しなやかにたくましく未来を切り開いていってください。

 
P r o f i l e

水野 邦太郎(みずの・くにたろう)

千葉県出身。江戸川大学メディアコミュニケーション学部教授。博士(九州大学 学位論文. (2017).「Graded Readers の読書を通して「主体的・対話的で深い学び」を実現するための理論的考察 ― H. G. Widdowson の Capacity 論を軸として ―」)。茨城大学 大学教育センター 総合英語教育部准教授・福岡県立大学人間社会学部准教授を経て、2018年4月より現職。

専門は英語教育学。特に、コンピュータを活用した認知的アプローチ(語彙・文法学習)と社会文化的アプローチ(学びの共同体創り)の理論と実践。コンピュータ利用教育学会 学会賞・論文賞(2007)。外国語教育メディア学会 学会賞・教材開発(システム)賞 (2010)。筆者監修の本に『大学生になったら洋書を読もう』(アルク)がある。

「Reading for Pleasure」記事一覧


ご意見・ご感想は、大学生協の個人情報保護方針にご同意の上、
下のボタンからお送りください。

*本サイト記事・写真・イラストの無断転載を禁じます。

ページの先頭へ