展覧会に行こう

「ハリー・ポッターと魔法の歴史」展 
山梨県立文学館 企画展「ミステリーの系譜
 

「ハリー・ポッターと魔法の歴史」展

大英図書館の展示風景
©Easy Tiger Creative
現代のファンタジー文学として、20年にわたり世界的な人気を誇る「ハリー・ポッター」シリーズ。その物語の背景には、イギリスをはじめ世界各国に伝わる魔法や呪文、占いなどが数多く存在します。本展は、日本で開催される、大英図書館史上初の国際巡回展。原作に基づき、ハリーが通ったホグワーツ魔法魔術学校の科目に沿って、大英図書館の所蔵品を中心に、古くは4世紀にまで遡る貴重な資料の数々を展示。さらに、「ハリー・ポッター」シリーズの原作者J.K.ローリングによる、日本初公開の直筆原稿やスケッチなどの資料も紹介します。

展覧会公式サイト

ジム・ケイ
《 『ハリー・ポッターと賢者の石』の9と3/4番線の習作》
ブルームズベリー社蔵
©Bloomsbury Publishing Plc 2015

 

 

兵庫会場

兵庫県立美術館
神戸市中央区脇浜海岸通1-1-1(HAT神戸内)

兵庫県立美術館

会期:2021年9月11日(土)〜11月7日(日)〈日時指定制〉
開館時間:10:00〜18:00 ※入場は閉館の30分前まで

観覧料、閉館日、アクセス方法などの情報は展覧会公式サイトを確認ください。
※ご招待券を先着2組4名にプレゼント(兵庫会場のみ)

◆東京会場

東京ステーションギャラリー
東京都千代田区丸の内1-9-1

東京ステーションギャラリー

会期:2021年12月18日(土)〜2022年3月27日(日)
開館時間:10:00〜18:00(金・土曜日は20:00まで)

※入場は閉館の30分前まで
観覧料、閉館日、アクセス方法などの情報は展覧会公式サイトを確認ください。
 
招待券のプレゼントは先着順です
(ご用意した枚数に達した時点で締め切ります)。
こちらからご応募ください。
 
大学生協ホームページ
 
 
 

山梨県立文学館
企画展「ミステリーの系譜」

卓抜な着想とトリックで傑作を残した江戸川乱歩、金田一耕助シリーズで一世を風靡した横溝正史、甲府市出身の直木賞作家・木々高太郎など、日本のミステリー(推理小説)の草創期から現代までをたどり、その人気の秘密を探ります。現在活躍中のミステリー作家や、波及した映画・漫画なども紹介します。

展覧会の詳細は、公式サイトをご覧ください。企画展「ミステリーの系譜」公式サイト
 

 


江戸川乱歩「人間椅子」草稿
立教大学江戸川乱歩記念大衆文化研究センター蔵
「苦楽」1925(大正14)年10月号発表の形と大きく異なる。

山梨県立文学館

山梨県甲府市貢川1-5-35

山梨県立文学館

展示室:山梨県立文学館 展示室C
会期:2021年9月18日(土)〜11月21日(日)
開館時間:09:00〜17:00(最終入室時間 16:30まで)

※新型コロナウイルス感染症の状況に応じて、展覧会、関連イベントが変更・中止となる場合があります。
観覧料、開館日、アクセス方法などの情報は文学館公式サイトを確認ください。

※ご招待券を先着5組10名にプレゼント!
 


ご意見・ご感想はこちらから

*本サイト記事・写真・イラストの無断転載を禁じます。

ページの先頭へ