読書マラソンWEB版

森見登美彦著『森見登美彦の京都ぐるぐる案内』新潮文庫

全国大学生協連
常勤学生委員
田中健太郎

 

著者:森見登美彦
出版社:新潮文庫

 森見登美彦氏による京都ガイドとなっている本です。

 森見登美彦氏の作品は京都を舞台に繰り広げられています。そんな各作品の場面を文章抜粋し、実際の写真もあるため京都に行ったことがない方も、森見登美彦氏の作品を読んだことがない方も、「あっ、京都に行きたい」と思わせてくれるような内容になっています。私自身、森見登美彦氏の作品を読んだことがありませんが、各作品には実際にある町や建物が出てくるということなので、この本を読んだことで作品を読んでみたい・行ったことない京都の各地を回ってみたいと思いました。

 具体的に紹介されている場所になりますが、左京区・四条・伏見区が中心です。森見登美彦氏は京都大学出身ということもあり、自身が足繁く通っていたうどん屋やレストラン・喫茶店・散策スポット(神社、寺)なども豊富に紹介されています。意外と知らない散策スポットや聞いたことがない地名もいくつかありました。また、数ページに渡る随筆も2回書かれていて、ファンとってはたまらないものなのかもしれません。

 私は普段小説をあまり読みませんが、ガイドなのにどこか小説を読んでいる気もする不思議な感覚を味わいました。この本を読んでみて、一人の小説家の縁の地に関するガイドをその小説家が書いていることが趣き深いと感じました。個人的には京都に行ったことがない方も、森見登美彦氏の作品を読んだことがない方に是非とも読んでいただきたく思います。きっと京都にも行きたくなるであろうし、森見登美彦氏の作品を読んでみたいとも思わせてくれるかと。

全国大学生協連 常勤学生委員
田中健太郎