読書マラソンWEB版 5月特別号

『ハーモニー』著:伊藤計劃 出版社:早川書房

名古屋市立大学 春田綾乃

名古屋市立大学
春田綾乃

ハーモニー

『ハーモニー』
著:伊藤計劃
出版社:早川書房

怒りとか、悲しみとか、楽しさとか。数ある人間の感情の中で最も狂気を孕んでいるのは、"優しさ"かも知れない。 核さえも持ち出された大混乱の末の世界で、人間は極限まで優しく、健康であることを選んだ。 「わたし」の体は「みんな」のもの。みんなのものは、守られなければならない。 そんな世界を憎んだ女の子たちがいた。 これは、世界にとりのこされた彼女の物語。 これは、世界をかえようとした彼女の物語。

人間は社会的な生き物である。しかし同時に、人間は自己中心的な生き物である、と言われて否定できる人は少ないだろう。 「わたし」が「わたし」であること。 「社会」に「秩序」があること。 このふたつは、両立しないのだろうか。

「トァンはさ、わたしと一緒に死ぬ気ある……」

これを読んだあなたは、きっと「わたし」を生きたくなる。

名古屋市立大学
春田綾乃