大学生協の「学食パス」

趣味や自分磨きのために食費を節約したいと考える大学生は多いようです。気になるのは栄養バランスの偏り。とくに一人暮らしの場合は親御さんの心配も尽きません。そんなとき心強いのが大学生協食堂(学食)の「学食パス」です。上手に利用して健康管理に役立てましょう。

Q1.「学食パス」って何?

大学生の食生活を改善しようと大学生協が始めたサービス。Suica*1、PASMO*2などの交通系ICカードを「学食パス」として登録し、必要なとき、必要な金額をチャージして学食で利用できます。手持ちのICカードを活用できるため、カードの枚数を増やさずに済むのも特長。スマートフォンなどのモバイル版にも対応しています。

Q2.「学食パス」の メリットは?

学食利用のために入金されたポイント(1円=1ポイント)は学食以外では利用できないしくみ。このため仕送りを早々に使い切ってしまった月も、食事だけはしっかり確保できます。また専用ウェブページ「マイページ」では入金申込みの他、学食の利用履歴や栄養価情報などが閲覧可能。離れて暮らす親御さんも、一人暮らしの食生活を見守れます。

Q3.「学食パス」の 使い方は?

学食のレジで専用の読み取り機にカードをかざすだけ。財布から小銭を取り出す学生を横目にスムーズに会計を済ますことができます。万が一入金したICカードを落としたら、組合員センター等に申し出て利用停止に。別のICカードに引き継ぐことができます。

大学生協の食堂では、ミールカード・ミールクーポンなどさまざまなサービスを提供しています。
※但し、各大学生協においてサービス内容は異なります。

Q4.「学食パス」の メリットは?

関東甲信越(東京・埼玉・神奈川・千葉・茨城・栃木・群馬・山梨・長野・新潟)にある大学生協食堂。ただし上記のエリアすべての大学生協食堂で利用できるわけではないので、個別に確認する必要があります。

Q5.「学食パス」を 使うには?

インターネットの専用サイトで利用登録をしたら、コンビニなどで初回入金。各大学の生協窓口に手持ちの交通系ICカードを持参して「学食パス」として登録すれば申込みは完了です。

※大学合格後、大学生協の組合員加入手続きをされてからお申し込みください。

詳しい「学食パス」についてはこちら http://gakupass.univ.coop

*1

※JR 東日本 Suica 利用承認第64号(JR 東日本メカトロニクス株式会社)

※「Suica」は東日本旅客鉄道株式会社の登録商標です。 ※当該承認は、東日本旅客鉄道株式会社が本商品・サービスの内容・品質を保証するものではありません。

※東日本旅客鉄道株式会社の都合により、予告なくSuica カードが交換されることがあります。

*2

※株式会社パスモ商標利用許諾済 第36号(JR 東日本メカトロニクス株式会社)

※「PASMO」は株式会社パスモの登録商標です。

※当該承認は、株式会社パスモが本商品・サービスの内容・品質を保証するものではありません。 ※株式会社パスモの都合により、予告なくPASMO カードが交換されることがあります。

ミールカードと学食パスについてへ戻る