読書マラソンWEB版

『そして生活はつづく』著:星野源 出版社:文春文庫

2016年度全国学生委員会・執行役員 伊藤樹央

2016年度全国学生委員会・執行役員
伊藤樹央

そして生活はつづく

『そして生活はつづく』著:星野源 出版社:文春文庫

僕はミーハーなので有名なものだったり、話題のものだったりには弱いので、今回も「最近星野源人気だし読んでみようかな」と思い、この本を手に取りました。
本書はエッセイ集となっていて、短くエピソードが区切られているので読みやすい一冊です。読んでいると「星野源」という人間がどんな人なのか、そして何を考えて生きているのかが見えてきます。意外と共感できる部分が多く、楽しく読むことができます。基本的にはユーモラスに文章が書かれていますが、最後は哲学的になったり、ハッとさせられたりと面白いだけじゃないのもこの本の魅力の一つです。

音楽家・俳優・分筆家として、幅広く活躍する星野源の初のエッセイ集である『そして生活はつづく』では日常生活のできごとを個人的な視点で書かれています。
「つまらない生活を面白がる」を目的に書かれているこのエッセイではくすっと笑えたり、深く物事を考えさせられたりと幅広い文章が綴られている本です。

何気ない日常に飽き飽きしている人。もっと楽しく生活したいと思っている人。そんな人にぜひ読んでほしい一冊です。

一生懸命に生きなければ毎日は楽しくならない。

2016年度全国学生委員会・執行役員
伊藤樹央